元カレのせい? 一度でも浮気されると男運が悪くなる理由【描き子のモヤモヤ解剖ノート】

Loading

描き子のモヤモヤ解剖ノート

Twitterで人気の描き子さん(@kaqico)の連載コラム「描き子のモヤモヤ解剖ノート」では、恋愛に悩む女性たちのモヤモヤの理由をじっくり分析! モヤモヤで重たくなった頭の中を整理していきます。

元カレのせい?男性を信じられない…

描き子のモヤモヤ解剖ノート

◎今日のモヤモヤ
嘘をついて浮気した元カレの影響で、男性を信じられなくなりました…。
気になる人ができても、実は彼女がいるんじゃないか、既婚者なんじゃないかと、つい疑ってしまい、なかなか関係が進展しません。
付き合えたとしても、ちょっとしたことで相手を疑ってしまうので、精神的に不安定になりやすいです。そういった考え方が恋人との関係に悪影響を与えているのかもしれません…。

異性へのトラウマは理屈じゃない

男性にひどく裏切られた経験をした人が、男性全体に対して不信感を持ってしまうのは普通のことだと思います。
人間というのはそれほど理論的な生き物ではありません。冷静に考えれば、過去に付き合った人がどれほど浮気性だったとしても次に出会う人も浮気性であると言う根拠には全くならないわけです。しかし、頭ではなく心が「男は信用ならない」と学習してしまっていたら、どうしても男性に対して疑いの眼差しを向けてしまうものでしょう。

頭ではわかっていても、心が納得していない。こういう場合は、どれほど意識して直そうとしても難しいものがあります。

トラウマは消えづらく、強化されていく

すごく誠実な男性に出会えれば心の傷が癒されるのでは? と考える人は多いのですが、そう簡単ではありません。

というのも、男性に裏切られたトラウマを持つ人は、どうしても男性を試す行動を取ってしまいがちです(これが人によっては、精神的な不安定にも繋がります)。
何の保証もなしに男性を信じることができないのだから、当然といえば当然ですよね。相手を試して、それを乗り越えてくれた、という経験を集めて「この人は誠実だ」と安心したいわけです。

これ自体は決して責められるようなことではなく全く仕方のないことではあります。しかしこれもやはり当然の成り行きとして、試し行動を取られた男性のほうは「信用されてないな」と感じてしまうものでしょう。

そして人は、自分を信用してくれない人に対して「じゃあ、信用してもらえるように頑張ろう」とはなかなか思えないのです。いや、関係が始まった当初はそのように思えたとしても、いつまでもいつまでも疑われていたら、「もう俺がどれほど誠実に振舞っても無駄なんだな、じゃあもうどうでもいいや」になっていくでしょう。

男運が悪い=たった1回男選びを間違えただけ

つまり浮気のトラウマを持つ人は男性に対して不信感を持ちすぎるゆえに、男性の不誠実さを引き出してしまう…ということが起こるわけです。そうしてますますトラウマは深まり、一層男性に対して疑い深くなっていきます。

こういうわけで
「男性に浮気された経験がある人は、新たな恋愛においても浮気されがち」
「男性に浮気された経験がない人は、新たな恋愛においても浮気されない」
という二極化が発生しているように思います。

前者は「自分は男運が悪い」という風に自分を責めてしまいがちですが、実際は「たまたま浮気されてしまった経験から異性に対してのトラウマを引きずり、それ以降の異性との関係を悪化させている」ということではないでしょうか。

逆に後者も、別に人を見る目があるとか愛されるタイプとかそういうわけではなく、単に「たまたま浮気しないタイプと付き合った経験から異性を無防備に信じるクセがついており、異性との関係を悪化させずに済んでいる」し、なおかつ「浮気を疑っていないゆえに、実際されても気づかない」ということが起こっているだけなのかもしれません。

いかにしてトラウマを脱却する?

では、たまたま異性を信じられなくなってしまったアンラッキーな人たちはどのようにこの「トラウマスパイラル」を抜け出せばいいのでしょうか?

なかなか難しいところではあるのですが、「浮気を過大評価しない」ことも一つの手だと思います。
一般的に浮気する人は不誠実で浮気しない人が誠実であると言われていますが、人はどんなに「誠実であろう」としても、パートナーを愛していても、誘惑に負けそうになるタイミングはあります。

浮気する人としない人の差を作るのはむしろ「精神的な潔癖さ加減」ではないでしょうか。
どんな場面でも決して浮気しない人は、浮気しようとしてもできないのです。「誘惑に負ける自分」「約束を破る自分」「浮気した自分」をどうしても許せない潔癖さ、生真面目さ、融通のきかなさによって踏みとどまる。これはパートナーへの気持ちというよりは、その人自身の人生観、アイデンティティの問題です。

つまり、浮気するかしないかは、パートナーに対する誠実さと単純にイコールではありません。
「パートナーに対して愛もなく不誠実だが浮気をしない人」「パートナーに対して愛に溢れ誠実だが浮気をしまくる人」というのは現実に存在します。

と、このように「浮気それ自体は大した問題じゃない」という考えを積極的に採用することで、彼氏が浮気してるかどうか? も大した問題だと思わなくなり、彼氏を疑う必要性自体が薄れる…という効果が期待できるように思うのですが、いかがでしょう。

そんなに簡単じゃない、と言われてしまいそうですが…。とにかく大切なのは、そばにいないときに彼が何をしているか? 彼が将来あなたを裏切るかどうか? を考えることではなく、たった今、一緒にいるときの彼がどんな態度であなたと接しているか、どんな風にあなたに愛情を注いでくれているか、そこをしっかりと感じとることなんじゃないかと思うのです。

◎今回のモヤモヤ解剖ノート

まとめ 描き子のモヤモヤ解剖ノート

※次回もお楽しみに(第2、4水曜更新)

プロフィール

描き子
1987年生まれのイラストレーター/デザイナー/ライター。
「暮らしに前向きな変化を起こす」ことをテーマに、イラストや文章を書く。

Twitter
ブログ

 

この記事の関連キーワード

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

  • 鈴木砂羽&鏡リュウジ タロット美術館
  • 石井ゆかりの幸福論
  • 真木あかりの惑星カレンダー
  • 加藤まや 新月満月の占い
  • カレー沢薫「アクマの辞典」
  • 辛酸なめ子の なめココロ
  • 描き子のモヤモヤ解剖ノート
  • 【ラブスペル~恋を叶える魔法のフレーズ~】連載一覧
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • ラブホスタッフ上野さんのダメ男子図鑑
  • 栗原類×濱口善幸のタロット見習い 連載一覧
  • 向理来×Hoshi「禁断♡男の本音トーク」
  • 雨宮まみの相談コーナー
  • 文月悠光 12星座の恋愛詩

人気のキーワード

  • 鏡リュウジの12星座月間占い
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集