「自由と改革」を司る、天王星が8月15日に逆行スタート【真木あかりの惑星逆行カレンダー】

Loading

真木あかりの惑星逆行カレンダー

WEBや女性誌で人気上昇中の占い師・真木あかりさんによる、連載コラム「真木あかりの惑星カレンダー」では、 惑星の動きを占星学的に読み解きます。

今回は、8月15日にスタートする天王星逆行についてお届けします。

8月15日、天王星が逆行を開始

天王星 真木あかりの惑星逆行カレンダー

天王星逆行
(2020/8/15~2021/1/14)

2020年8月15日、牡牛座の天王星が逆行を開始します。順行に戻るのは年をまたいだ2021年1月14日。天王星は1年間のうち5ヵ月程度逆行する星で、昨年もほとんど同じ時期に同じ牡牛座を逆行していました。2027年7月に双子座に移動するまでは、ほぼ毎年夏~翌年にかけて逆行します。

トランスサタニアン、つまり地球から遠い星なので、さほどその切り替わりをビビッドに感じるようなことは少ないでしょう。
ただ今回は、逆行明けがとにかく派手です。木星と土星が同じ場所で重なる「グレート・コンジャンクション」をはじめ、水星と火星も重なるかたちでハードモードな配置となります。

今回の天王星逆行が世の中的にどんな影響を与えるのか、逆行明けまでに私たちができることご紹介したいと思います。

天王星とは? 逆行はどんな意味をもたらす?

天王星は「自由と改革」を司る星です。ひとつの星座に7年ほど滞在し、その時代の価値観を大きく塗り替えていきます。天王星が現在の牡牛座に入ったのは2019年3月のことで、ここから2025年7月7日まで、「金銭」や「所有」といったテーマについて世の中の価値観を塗り替えていくでしょう。

ときにショッキングな出来事をもって、変革をもたらすのが天王星。というと不安になるかもしれませんが、その必要はありません。「そうでもしなければ変わらなかったもの」が対象となりますし、変革を受け入れたあとに得られるのは「自由」。今までは当たり前のように受け入れていた生きづらさを解消し、自由を手に入れるというわけです。

2025年夏までは、前述の「金銭」や「所有」について大きな変化が起こるでしょう。たとえば今であれば、電子マネーの普及やシェアリングエコノミーの台頭、音楽や映像のサブスクリプション系サービスの利用などがおなじみになってきています。今までの「金銭」や「所有」の流れが一変した事象と言えそうです。

さて、この天王星逆行によって、改革の「見直し」が始まります。金銭や所有の改革が進んで置いてきぼりになっていた価値観、それは「自分にとって、何が“豊か”であると言えるのか?」ということ。ここから5ヵ月あまり、そうした価値観が繰り返し問われるでしょう。

グレート・コンジャンクション後、新しい流れに

さて、2020年の最大の天体イベントといえば12月下旬に起こる「グレート・コンジャンクション」です。これは木星と土星が同じ場所で重なる、20年に一度の一大イベント。今回は200年に一度という「グランド・ミューテーション」も重なり、「時代の節目」と呼ぶにふさわしい星回りとなっています。
物質や経済(権威、モノ、土地、お金など)偏重の時代から、知性とコミュニケーションでつながる時代へと移り変わり、これまで「持っていることがすごい、とされたもの」は次第にその魅力を薄れさせ、人とのつながりや情報、思考する力といったものが人々を魅了するようになるはずです。

この天王星逆行が終了する1月15日、天王星は木星と土星がハードモードな位置関係となります。これまでのこだわりが、もはやあまり価値を持たないということをバチバチに実感させられるような出来事に、1月は何度か遭遇するのかもしれません。「自由と改革の星」の、改革がさっそく始まるのですね。土星と木星には「知性とコミュニケーションの星」と呼ばれる水星が、天王星には「情熱と戦いの星」と呼ばれる火星が重なってもいます。理屈と感情が、ぶつかり合うようなことも起こるでしょう。

ただ、ここで起こるのは単なるトラブルではありません。「この時代に生きるための、価値観や仕事観を獲得する」という意欲的な挑戦でもあるはずです。そのために、ここからスタートする天王星逆行の5ヵ月間は、「所有」「金銭」において自分が大切にしたいもの、もう手放してもいいと思っているものを、じっくりゆっくり問い直してみたいところです。そうすれば、来年の運も自分軸で動かしていくことが叶うのでしょう。これまでの振り返りとはいえ実に創造的な5ヶ月間、楽しんでまいりましょう。

どなたにとっても、実りある逆行期間になりますように。

惑星逆行とは?

星占いでは10個の星がそれぞれどの場所にいるかを見て運命を読み解いていきますが、月と太陽以外の惑星は時折、これまでと逆の軌道を描いて進んでいるように見えることがあります。この現象を「逆行」と呼びます。

逆行の間、その惑星が意味するテーマは“いつも通り”ではなくなります。ストップしたり、戻ったり、一旦立ち止まって考えたり、などといった事象で実感できることが多いでしょう。「怖い」「悪いことが起きる」と不安になる方も多いのですが、ずっとネガティブな状態だったことがぽこんと元に戻る、ということだってあります。忘れ物を取りに引き返す、復習するといったイメージも浮かびます。どちらも大切なこと、ですよね。

ケヴィン・バーク(※)は、順行の惑星は成長のレベルにおいて作用し、逆行の惑星は真価のレベルにおいて作用すると述べてもいます。この「逆行カレンダー」では、ただ惑星逆行を恐れるのみならず、自分が進化するために活かしていけるよう、さまざまな逆行の様子をお伝えしていきます。

※ケヴィン・バーク:『占星術完全ガイド ――古典的技法から現代的解釈まで』の著者


>>次回もお楽しみに
9月前半のボイドタイムカレンダー(8月31日更新)

プロフィール

真木あかり
占い師。大学卒業後、フリーライターなどを経て占いの道へ。四柱推命を中心に、占星術や九星気学、タロットカードなどを用いて鑑定・執筆を行う。『悪魔の誕生日事典』(宝島社)をはじめ著書、連載多数。

Twitter
ブログ
instagram

 

この記事の関連キーワード

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

  • 石井ゆかりの幸福論
  • 加藤まや 新月満月の占い
  • 辛酸なめ子の なめココロ
  • カレー沢薫「アクマの辞典」
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • ラブホスタッフ上野さんのダメ男子図鑑
  • 真木あかりの惑星カレンダー
  • 【ラブスペル~恋を叶える魔法のフレーズ~】連載一覧
  • もちこの「大事にされない恋愛をくり返す理由」
  • 描き子のモヤモヤ解剖ノート
  • 栗原類×濱口善幸のタロット見習い 連載一覧
  • 向理来×Hoshi「禁断♡男の本音トーク」
  • 雨宮まみの相談コーナー
  • 文月悠光 12星座の恋愛詩

人気のキーワード

  • 鏡リュウジの12星座月間占い
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集