片想いが実らないのはなぜ? 12星座サイクルで見る恋模様【ルーシー・グリーン 星で読み解く恋愛ストーリー】

Loading


ルーシー・グリーン 星で読み解く恋愛ストーリー

明るく前向きな言葉で多くの女性から支持を集める占い師、ルーシー・グリーンさんの連載コラムが登場! 恋愛マンガの印象的なシーンを占星術の視点で読み解いていきます。
マンガの中の恋愛関係から、あなたの恋に役立つヒントも得られるかも!?

第1回:『ハチミツとクローバー』から読み解く恋

こんにちは!
占い師のルーシー・グリーンです!
わたしたちを笑わせたり、泣かせたり、時にはげしく心を揺さぶる、名作マンガを星占いの視点で読み解いていこう!と思います。

さて、一回目に取り上げる作品は羽海野チカさん作『ハチミツとクローバー』。
美大で出会った男女5人が、恋に、芸術活動に、そして人生に、影響を与え合っていく青春ストーリー。それぞれが片想いしているということも特徴のこの作品。
星占いではどう読み解けるかしら?

作品紹介

『ハチミツとクローバー』(集英社)

作者:羽海野チカ
貧乏アパートに暮らす美大生たちの恋と友情を描くマンガ作品。

登場人物

竹本 祐太:建築科の美大生。森田、真山と同じアパートで貧乏暮らし。はぐみに恋をする。

花本 はぐみ(はぐ):油絵画科の美大生。小柄でかわいらしい外見だが、作品作りに対する情熱は大きい、天才肌。

森田 忍:竹本の先輩。万年大学生。多彩な才能を持つ、天才肌。私生活は謎に包まれている。

花本 修司(修ちゃん):大学の美術史の教師。はぐみの従兄弟で、父親代わり。

片想いはある日突然に

主人公「竹本」は、心優しい青年。
ある日、通っている美大に在籍する天才少女「はぐ」こと「はぐみ」と出会い、恋に落ちます。素晴らしい才能を持ちながらシャイな性格のはぐも、優しい竹本に心を開いていくのです。だけど、ふたりの関係は友人にはなれても、なかなか恋に発展しません。
そしてそんな竹本のはぐへの恋に、万年大学生で多彩な才能を持つ先輩「森田」、はぐの保護者的存在の美術教師「修ちゃん」も参戦し、竹本のもどかしい片想いは続きます。

わたしも、ときどき占い鑑定で「彼とは、友だちを交えて遊びに出かけたり、ふたりで話したりすることもあるんですが、なかなか恋愛関係にまでなれなくて…」というご相談をいただきます。

相手が心を許してくれているのは分かる。
大切に思ってくれていることも。
だけど、「恋愛」ではない。

この境目ってなんなのでしょう?

星占いで見るふたりの「人生の段階」

恋愛を構成する要素はたくさんあります。

そのひとつが「人生の段階の共有」。
過去のあの日ではなく、今の自分だから愛せる。時々、そう実感することはありませんか。

竹本とはぐの関係が埋まらない決定的な違いは「生きていく方向が決まっているかどうか」だと思うのです。

はぐは、小柄で人見知り、愛らしい女の子ですが、キャンバスの前では全エネルギーを費やすかのように制作に没頭します。その横顔にはいつもの可憐さも忘れさせる、力強い神聖さが漂うほど。
翻って竹本は、まだ森田に「自分さがし3級」と揶揄されているように、これから人生をかけて取り組んでいきたいことはもちろん、自分が何者かなど、「自分の生きる核」と呼べるようなものが見つかっていません。

星占いでは、12星座をそれぞれ「人間の一生のターニングポイント」になぞらえる考え方があります。
1番目の牡羊座を「生まれたての赤ちゃん」。そしてその赤ん坊が少しずつ成長し、人と出会い、社会に参加し、12番目の魚座で一生を終え次の「生」への準備をはじめる…そしてまた1番目の牡羊座で生まれる。
そのくり返しが12星座の物語です。

誰しも、「仕事の分野では生まれたての赤ちゃんだけど、友だち関係はかなり充実しているわ」というように、ひとりの人の中でも成長の速度が違うものが同居していると思います。

ただ、はぐにとって「作品をつくる」ことだけは、自分の人生で何にも変えられない、恋愛よりも必要な譲れないものでした。
でも竹本にとってはまだ、作品制作が自分の人生においてどれほどのウェイトを占めるのか分からず。そして「はぐを支えるだけの存在」になってもいいと言い切ってしまうには、竹本の未来はあまりにも大きかったのです。

片想いは、つらいもの。
でも、わたしが占い師としてたくさんの方のご相談をお聞きしていく中で「片方は愛していて、片方は愛していない」ということは「ない」と感じています。
誰かに片想いをしている、といった状況は、自分自身の中でもその相手と「つき合っていけない理由がある」のがほとんどです。
竹本がはぐと人生を共にしていくためは、竹本に未来への可能性がありすぎたのかもしれません。

これは比喩ですが、人生一度目の牡羊座と、人生二度目の牡羊座は、同じ牡羊座でも成熟度が少し違うのです。
人間の一生のターニングポイントになぞらえる12星座のサイクルの成熟度は人それぞれ。
その人の経験やそこから得た考えに影響を受けて変わります。
「創作活動での自分の進む方向」というテーマだけを見ると、竹本とはぐには大きな開きがあったため、人生を共に進んでいく選択ができなかったのではないかと思います。

片想いも、両想いのうち

じゃあ、はぐは竹本が好きじゃなかったのか。
それはどうでしょうか。

物語は、竹本の視点で語られ、はぐから竹本への想いの描写は多くありません。
ただの同じ学校の友だち。はぐにとって竹本はそんな存在だったのでしょうか。

きっと、そんなことはないと思うのです。
さっきの比喩で言うなら、人生が一度目であろうが二度目であろうが牡羊座は牡羊座。
お互いの純粋性や、未来への不安、それに立ち向かおうとする静かな勇気、自立性。それらがふたりの共通項となり、竹本だけでなく、はぐにとっても彼は「心惹かれる大切な存在」だったのではないでしょうか。

だけど、はぐは中学生の頃にすでに神さまと秘かに約束をしていました。描き続けると。
彼女にとってはそれが人生の最優先事項だったのです。
そのために、竹本とつき合ったとしても、いずれ関係が成り立たなくなってしまうことが、はぐには見えていたのかもしれません。

あなたの恋はどうでしょうか。
誰かに「どうして振り向いてくれないの?!」と胸をこがした経験はありますか。
でも、「つき合う」とは「関係を続けていく」ということだったりもします。
もしかするとその人も、あなたがその人を想うのと同じように、あるいはそれ以上にあなたを愛していたかもしれません。
だけど、お互いの人生の進む道が噛み合わなかったのはないでしょうか。

そう考えると、これからあなたがおつき合いへ進展する人、今あなたと恋人や配偶者として「パートナー」の関係にある相手は、幾重にもつながったとても奇跡的な関係かもしれません。
恋に限らず、今、あなたの隣にいる人を大切にできるといいですね。

プロフィール

lucy

ルーシー・グリーン
星占いのもとになっている西洋占星術の面白さとタロットカードの不思議さに魅入られ占い師となる。
占いを通して、自分自身を肯定し、豊かな人生を創りだす幸せを伝えることに意欲を燃やす。今日もまた迷える子羊をグリルにしちゃうくらいホットに絶賛導き中!!

RECOMMEND

試してみて!ルーシー・グリーンが恋愛のコツ教えます♡

「いろんな占いしてみたけどやっぱり何より当たるのがすごい!」今話題の占い師、ルーシー・グリーン監修のモバイル占いサイト『LUCY』。あなたらしい恋愛をルーシー・グリーンがバックアップするよ♡

モバイル占いサイト『LUCY』

 

この記事の関連キーワード

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

  • 石井ゆかりの幸福論
  • 加藤まや 新月満月の占い
  • 辛酸なめ子の なめココロ
  • カレー沢薫「アクマの辞典」
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • ラブホスタッフ上野さんのダメ男子図鑑
  • 真木あかりの惑星カレンダー
  • 【ラブスペル~恋を叶える魔法のフレーズ~】連載一覧
  • もちこの「大事にされない恋愛をくり返す理由」
  • 描き子のモヤモヤ解剖ノート
  • 栗原類×濱口善幸のタロット見習い 連載一覧
  • 向理来×Hoshi「禁断♡男の本音トーク」
  • 雨宮まみの相談コーナー
  • 文月悠光 12星座の恋愛詩

人気のキーワード

  • 鏡リュウジの12星座月間占い
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集