2月17日 魚座で水星逆行…終わった愛情を取り戻せる?【真木あかりの惑星カレンダー】

Loading

真木あかりの惑星逆行カレンダー

WEBや女性誌で人気上昇中の占い師・真木あかりさんによる、連載コラム「真木あかりの惑星カレンダー」では、 惑星の動きを占星学的に読み解きます。

今回は、2月17日からスタートする水星逆行についてお届けします。

2月17日、水星が逆行を開始します

水星 真木あかりの惑星逆行カレンダー

水星逆行
(2020/2/17~2020/3/10)

水星はコミュニケーションや近距離の移動、通信、学習などを司る惑星です。年に3回ほど、それぞれ20日間程度逆行することになっており、惑星逆行のなかではもっともよく起こるものとなります。地球から近い位置にある星だけに、日常生活にダイレクトに影響が出やすい逆行と言えるでしょう。

「星が司る意味合いが停滞する」というのが逆行の性質です。よってこの時期はコミュニケーションを中心に停滞が見られることが多く「メールの返信が来ない」「LINEが既読のままスルーされている」といった状態が起こりやすいのも事実。よって、水星逆行と言われただけで気が滅入る、不安でいっぱいになると、蛇蝎(だかつ)のごとく嫌う人も少なくありません。ほかにも日常で地味に困るのは、電車遅延やPC・スマホの不調など。特に水星逆行開始日・終了日の前後は要注意です。

ただ、すべてのことに良い面とそうでない面があるように、水星逆行も悪いことばかりではありません。過去、が重要なキーワードとしてフォーカスが当たるタイミング。「過去にやり残したことをリベンジする」「しばらく会っていなかった人と再会する」「以前やったことからヒントを得る」ということもよく起こるのです。金星逆行のときほどではありませんが、復縁を願う人にとってはチャンスを得やすいときでもあります。うまくいかないな、と思ったときに“前向きな後戻り”をしてみれば、この時期ならではの意義を感じられるでしょう。今が不安な人はどうしてもネガティブな面にばかり目が行ってしまいますが、「悪いことの答え合わせ」のようなことをしても運は良くはならないのですよね。メリットもあると、心の隅に少しだけ留めておいてください。

感情が敏感に。流されずにいるために、フレームワークの活用を

今回の水星逆行は2月17日に魚座で始まり、3月4日に水瓶座に戻って10日に逆行が終了します。魚座滞在時は決断がぶれやすかったり、ちょっとしたことで気持ちがぐらぐらと揺らいだりする人が多くなるかもしれません。これは水星の、情報を整理するという機能がスリープモードに入るため。普段なら自分の思い込みや極端な発想に気づける人も、どうにも感情がデリケートになって「大変だ、どうしよう」とおろおろしてしまう。そんな状態になりやすいのですね。

とはいえ、おびえているだけでは不安になる一方。ネガティブ発想で動くとさらにネガティブな状況を呼び込むことになりますから、「そういう時期」と思って精神的に無理をしないことが大事です。日常的に自分をいたわるほか、「疲れているときは決断しない」、これをいつも以上に心がけていきましょう。占いは怖がるために存在するのではなく、使うためにあります。どうぞ、そのことをお忘れなく。

どうにも悩んでしまって抜けられないときは下記のフレームワークを使ってみるのもよいでしょう。簡単に言えば、「問題を2段階に切り分け、解決をはかる」というやり方です。

<問題解決のためのフレームワーク>
★ステップ1…自分で対処できることか、他人が対処することか
他人が対処しないとどうにもならないことは、考えても無駄なので
考えない。自分で対処すべきことだけ残す。

★ステップ2…事実か、想像か
想像は対処できないので考えない。事実のみ見ていく。

対人関係でも、判断基準のブレから不利な条件をのまされたり、いいように使われたりしやすい時期と言えるでしょう。これは意思が弱いとか、何かが悪いといったわけではありません。そういう時期なだけです。人は誰でも、弱るときはあるので気にしすぎないこと。ただ、人が弱っていることを嗅ぎつけるのが得意な人というのはどこにでもいます。おかしなことはおかしい、考える時間がほしいと、はっきり主張したいところです。

たとえば、仕事で答えを急かしてくる相手には、考える時間を要求しましょう。それが叶わないならば、きっぱりと受け入れられないという意思を示すことも大事。相手にも事情があるのでしょう。でも本当にあなたに価値を感じてくれているなら、意見を尊重してくれるはず。それができない相手に、合わせてあげる必要はありません。それはわがままでもなんでもないので、自分を責めずにやっていきましょう。

水瓶座に移動したら「ポジティブな現状維持」を

3月4日からは、水星は水瓶座に移動して逆行を続けます。ここから逆行終了の10日までは、ひらめきによる行動や新しい取り組みをできるだけ避けることが重要でしょう。もともと、水星逆行中は普段ならしないようなアクションを気まぐれに起こしてみることで面白い展開があったりするのですが、水瓶座で逆行するときは、おそらく裏目に出ることが多いのです。柔軟にやるべきことをやりつつ、スタンダードを狙っていく。言ってみれば「ポジティブな現状維持」が、この時期にはプラスになるのかなと思います。

水星は10日に逆行を終了しますが、2月前半に棚上げになっていた話が再開するのは3月下旬からになりそうです。「逆行終了! さあ再開!」と焦ることなく、様子を見ながらやっていきましょうね。

この逆行における、ポジティブな一面は?

逆行中の水星が魚座に滞在している間は、終わったと思っていた「情」を呼び戻せる可能性が高まります。愛情、友情、親子の情……もしも取り戻したい「情」があるのなら、この時期にアプローチをかけてみてはいかがでしょうか。いきなり元通りになろうとせず、まずは連絡をとりあえる関係あたりを目指していくのが良いでしょう。少しずつ、少しずつ、相手の心に馴染んでいくようなことが、しやすい時期であろうと思います。

どなたにとっても、実りある逆行期間になりますように。

惑星逆行とは?

星占いでは10個の星がそれぞれどの場所にいるかを見て運命を読み解いていきますが、月と太陽以外の惑星は時折、これまでと逆の軌道を描いて進んでいるように見えることがあります。この現象を「逆行」と呼びます。

逆行の間、その惑星が意味するテーマは“いつも通り”ではなくなります。ストップしたり、戻ったり、一旦立ち止まって考えたり、などといった事象で実感できることが多いでしょう。「怖い」「悪いことが起きる」と不安になる方も多いのですが、ずっとネガティブな状態だったことがぽこんと元に戻る、ということだってあります。忘れ物を取りに引き返す、復習するといったイメージも浮かびます。どちらも大切なこと、ですよね。

ケヴィン・バーク(※)は、順行の惑星は成長のレベルにおいて作用し、逆行の惑星は真価のレベルにおいて作用すると述べてもいます。この「逆行カレンダー」では、ただ惑星逆行を恐れるのみならず、自分が進化するために活かしていけるよう、さまざまな逆行の様子をお伝えしていきます。

※ケヴィン・バーク:『占星術完全ガイド ――古典的技法から現代的解釈まで』の著者


>>次回もお楽しみに
3月前半のボイドタイムカレンダー(2月29日更新)

プロフィール

真木あかり
占い師。大学卒業後、フリーライターなどを経て占いの道へ。四柱推命を中心に、占星術や九星気学、タロットカードなどを用いて鑑定・執筆を行う。『悪魔の誕生日事典』(宝島社)をはじめ著書、連載多数。

Twitter
ブログ
instagram

 

この記事の関連キーワード

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

  • 石井ゆかりの幸福論
  • 加藤まや 新月満月の占い
  • 辛酸なめ子の なめココロ
  • カレー沢薫「アクマの辞典」
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • ラブホスタッフ上野さんのダメ男子図鑑
  • 真木あかりの惑星カレンダー
  • 【恋招き♡開運日カレンダー】連載一覧
  • もちこの「大事にされない恋愛をくり返す理由」
  • 描き子のモヤモヤ解剖ノート
  • 栗原類×濱口善幸のタロット見習い 連載一覧
  • 向理来×Hoshi「禁断♡男の本音トーク」
  • 雨宮まみの相談コーナー
  • 文月悠光 12星座の恋愛詩

人気のキーワード

  • 鏡リュウジの12星座月間占い
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集