2020年は変化のとき? 20年に一度のグレート・コンジャンクションとは…【真木あかりの惑星カレンダー】

Loading

真木あかりの惑星逆行カレンダー

WEBや女性誌で人気上昇中の占い師・真木あかりさんによる、連載コラム「真木あかりの惑星カレンダー」では、 惑星の動きを占星学的に読み解きます。

今回は、20年に一度の星回り、グレート・コンジャンクションについてお届けします。

2020年 グレート・コンジャンクション

木星、土星 真木あかりの惑星カレンダー

木星、土星が山羊座で合
(2020/12/22)

20年に一度の節目がやってくる

2020年の星占いで注目されている星回りはいくつかあるのですが、なかでも大きなものは「グレート・コンジャンクション」でしょう。これは木星と土星が同じ場所に巡るという現象で、2020年12月22日、水瓶座で起こります。前回、グレート・コンジャンクションが起こったのは2000年のこと。そう、木星と土星が出会うのは20年に一度。今回はさらに、約200年に一度のグランドミューテーション(※)という節目でもある、「とてもすごい機会 」となっています。

グレート・コンジャンクションが起こるときは「時代の転換点」と呼ばれるような出来事が多くなります。アラフォー以降あたりですと、2000年前後の経済・政治の大混乱からの就職氷河期、不況、ネット社会の本格的スタートなどが感慨深く思い出される方も多いでしょう。今回、2020年という節目前後で起こる変化はさらに大きく、星占い的な用語でいえば「地の時代」から「風の時代」への移行が起こる、という意味を持ちます。どんなふうに移行するのか、ちょっとまとめてみましょう。

「地の時代」で重視されること

・金銭や物質をたくさん持っていることが重視される
・形のある資産をたくさん持っていることに価値がある
・権力、歴史に重きが置かれる

「風の時代」で重視されること

・知性、コミュニケーション、情報、ネットワークに重点が置かれる
・所有にこだわらない
・人々のつながりが自由になり「所属」「帰属」意識は希薄化

風の時代の兆候はすでに、多くの人が感じ始めているのではないでしょうか。「大手だから安心」「有名だから大丈夫」といった考え方はすでに過去のもの。古い体制や権力は徐々に勢力を失い、一部は解体され始めています。働き方も、副業が解禁され、リモートワークやフリーランスなど自由度が増してきました。さらには「ものを所有する」ということへのこだわりも、少しずつ変わってきています。シェアやクラウド化といった試みは、どんどん進んでいくでしょう。

グレート・コンジャンクションは12月22日、約1年後です。まだまだ先……ではありますが、人間、ハイ変わりましょうといって変わるものでもないのですよね。新しい時代にも自分らしい人生を生きていく、それが一番大切なことであり、そのためにも1年かけてじっくりと、ココロとアタマを新しい時代のマインドセットになじませていく。そんな姿勢が、大事になってきます。

グレート・コンジャンクションまで、どう過ごす? 星の運行スケジュール

さて、グレート・コンジャンクションに至るまでの星の運行を少し見ていきましょう。

3月22日 土星 水瓶座入り
5月11日~ 土星逆行開始
7月2日 逆行中の土星 山羊座入り
9月29日 土星順行
12月17日 土星 水瓶座入り
12月19日 木星 水瓶座入り
12月22日 グレート・コンジャンクション

3月に土星が水瓶座に入ると、テクノロジーの発展に「待った」がかかるようなことが多くなるでしょう。AIやクラウド化の弊害やデータ流出、シェアリングサービスを悪用した事件など「いくら便利になってもね……」という見方が強くなる傾向が出てきます。人々の倫理観や危機感を問う論調も強まってくるはずです。ただ5月の土星逆行を機にそうした流れはいったんおさまり、人とは何か、知能とは何かといった問いを持つようになる人は多そうです。

動きがあるのは7月以降、山羊座に土星が戻るタイミング。権威や旧体制、古い価値観のようなものがもう一度フォーカスされ、「こういったのはもう古いよね」「縛られないほうがハッピーだね」との認識が深く浸透していくでしょう。

そして12月下旬、土星と木星が相次いで水瓶座に入り、22日にグレート・コンジャンクションが起こります。2020年のクリスマスから年末にかけての季節は、「変わりゆく時代への期待と不安」とともに過ごされると思うのですが、ひとつ言えるのは「まだ起こっていないことをわざわざ悪いほうへ想像して不安になるよりも、時代の傾向をおさえて自分の人生を選択する」そんな行為こそが大事なのだろうということです。いくら変化が不安といっても、歴史のどの時代においても不変の時代などなかったわけです。怯えるよりも、ベストな選択をする意思を持つ。違ったら戻ってやり直す。今に限らず、いつだって大事なことではありますが、変化の1年を生きる今こそしっかりと、心がけてまいりましょう。

※グランドミューテーション:グレート・コンジャンクションが起こる星座(場所)のエレメントが切り替わること。約200年ごとに訪れる。


>>次回もお楽しみに
1月後半のボイドタイムカレンダー(1月14日更新)

プロフィール

真木あかり
占い師。大学卒業後、フリーライターなどを経て占いの道へ。四柱推命を中心に、占星術や九星気学、タロットカードなどを用いて鑑定・執筆を行う。『悪魔の誕生日事典』(宝島社)をはじめ著書、連載多数。

Twitter
ブログ
instagram

 

この記事の関連キーワード

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

  • 石井ゆかりの幸福論
  • 加藤まや 新月満月の占い
  • 辛酸なめ子の なめココロ
  • カレー沢薫「アクマの辞典」
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • ラブホスタッフ上野さんのダメ男子図鑑
  • 真木あかりの惑星カレンダー
  • 【恋招き♡開運日カレンダー】連載一覧
  • もちこの「大事にされない恋愛をくり返す理由」
  • 描き子のモヤモヤ解剖ノート
  • 栗原類×濱口善幸のタロット見習い 連載一覧
  • 有村藍里×Hoshi「はじめての手相占い」
  • 雨宮まみの相談コーナー
  • 文月悠光 12星座の恋愛詩

人気のキーワード

  • 鏡リュウジの12星座月間占い
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集