2020年はどうなる? 星の動きから世の中の流れを読み解く【鏡リュウジ 2020年の占い】

Loading

鏡リュウジ 2020年の年間占い

ココロニプロロでも「鏡リュウジの月間12星座占い」を連載中! 占星術研究家・鏡リュウジさんによる「2020年の年間占い」をお届けします。

2020年 全体の星回り

新しい年が幕をあけます。2020年。オリンピックイヤーですね。
日本ではスポーツの年、となるのでしょうか?

一方、ホロスコープ上では、浮かれてばかりはいられないような、大きな星の動きがあります。あちこちですでに書かれていることではありますが、2020年は「グレート・コンジャンクション」の年。
太陽系の二大惑星である木星と土星が接近する今年は、社会の基本的な枠組みが刷新するタイミングと予想されているのです。木星と土星は今回、揃って山羊座を運行しますが、同時にここには冥王星も入っています。
中には、これを指して「トリプル・グレート・コンジャンクション」と呼ぶ人もいますが、正確には間違いです。占星術の専門用語で「グレート・コンジャクション」といえば木星と土星の接近だけのことを指します。もし木星と土星が3回続けてコンジャンクション(会合、接近)すれば「トリプル・グレート・コンジャンクション」と呼んでも良いのですが、今回は2020年12月22日に一回だけ合となるので、残念ながら「トリプル」ではありません。(実はイエス・キリストの誕生を予告したとされる「ベツレヘムの星」が紀元前7年の「トリプル・グレート・コンジャンクション」だったという説があります)

とはいえ、木星、土星、冥王星が山羊座に集合するというのは占星術的にはただ事ではない感じがします。社会の根本が大きく変化する、社会の基幹部分が変動するイメージですね。

木星と土星が正確に合となる場所は水瓶座においてです。山羊座は「保守」、そして水瓶座は「革新」と、対照的な意味合いを持っています。2021年以降、社会はもっと風通しの良い、自由な時代へと移行していきそうですが、どうしてもその前に今の社会の歪みが大きくなり、不安に駆られた人が過去の「伝統」へと回帰しようとする反動が見られる気配も。

自分の中の不安や焦燥感に負けないこと、頭の中で「敵」や「悪者」を作り上げて偽りの安心感や安定感に浸らないようにすることが必要なときでもあります。ユング心理学的にいえば、自分自身の影、「シャドウ」をほかの人に投影する危険が高まっているとも言えますね。安易に誰かのせいにしようとしても、なにも解決しないでしょう。

エレメント別に見る2020年

◎地の星座の2020年
エレメントごとに見ていきましょう。2020年、地の星座の人はある意味で主役です。
山羊座の人は、人生の中で何度かあるかないかの重要な転換点。社会的なニュースになるのも山羊座の人が多いのではないでしょうか。とくに、山羊座後半の生まれの人(1月11日頃から22日頃の生まれ)は大きく注目されそうです。やってきたことは真正面から受け止めて。
牡牛座の人は新しい風景を見ることができそうです。いま、ここに縛られず、視野を大きく持つこと、できれば外国にも出てみることがポイントに。
乙女座の人はオリジナリティ、クリエイティビティが高まりそうです。
いつもは「普通がいちばん」というのがあなたのモットーかもしれませんが、20年だけは自分を前面に押し出していくことがカギになります。

◎火の星座の2020年
火の星座の人は「継続」「持続」がポイント。いつもチャレンジングなことに燃えるのがあなたですが、今は短期集中よりも長く続けられることにフォーカスして。牡羊座の人は仕事面で大きな課題が。もしかすると予想外のキャリアアップも期待できるかも。プレッシャーも大きくなりますが、やりがいも大。獅子座さんは生活のサイクルを見直すこと。とくに健康面へのケアが幸運につながります。さまざまな不調は自分の健康に対する意識を変えると大抵の場合は解決するはず。射手座の人は、「所有のハウス」に惑星が集合、あなたが持っているリソース(時間もお金も)を上手に使うことがポイントになっています。大きな買い物も良さそうです。

◎風の星座の2020年
風の星座の人にとっては幸運のタイミングへの準備期間。双子座の人は誰かと深いところでつながりを持てそう。面倒な義理と人情にもきちんと向き合って。かけがえのない絆が生まれるでしょう。天秤座の人は、ごく身近な人を大切に。絶対的な味方になってくれるはずです。水瓶座の人は2020年末からの大幸運年に向けて、身辺をしっかりと整理しておくことがカギです。

◎水の星座の2020年
水の星座の人は、コミュニケーションと人間関係の年。
蟹座の人は結婚も含めてパートナーシップの有り様にフォーカスが当たりそう。大きな出会い、あるいは別れを経験することもあるのでは?
蠍座の人は知を磨くとき。インプットとアウトプットをこまめに繰り返すこと。そのリズムがあなたの脳を鍛えます。魚座の人は新しいコミュニティが生まれそう。ユニークな人、才能ある人との出会いがあなたの世界を広げます。


鏡リュウジが占う!【あなたの2020年】人生・恋愛・仕事~細密鑑定書

さあ2020年はあなたにとって、どんな1年になるでしょうか?あなたを待ち受けるチャンスとピンチとは? 恋の行方は? 新しい出逢いはある?……あなたの人生・恋愛・仕事、その全てを鏡リュウジが細密に占います!(※姉妹サイトの「cocoloni本格館」にジャンプします)

鏡リュウジが占う2020年の運勢
2020年の運勢を占う

■鏡リュウジの月間12星座占い
毎月11日から翌月10日までの12星座占いをお届け。月ごとの星回りの解説や幸運日など、星たちが教えてくれる幸せのヒントが盛りだくさんのコンテンツです。
鏡リュウジ月間占い

鏡リュウジ

1968年、京都府生まれ。占星術研究家・翻訳家。国際基督教大学卒業、同大学院修士課程修了(比較文化)。京都文教大学客員教授。平安女学院大学客員教授。占星術、占いに対しての心理学的アプローチを日本に紹介し、従来の「占い」のイメージを一新、多くの女性から圧倒的な支持を受けている。雑誌、テレビ、ラジオなど幅広いメディアで活躍中。
監修サイト:鏡リュウジのコンプリート西洋占星術

 

この記事の関連キーワード

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

  • 石井ゆかりの幸福論
  • 加藤まや 新月満月の占い
  • 辛酸なめ子の なめココロ
  • カレー沢薫「アクマの辞典」
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • ラブホスタッフ上野さんのダメ男子図鑑
  • 真木あかりの惑星カレンダー
  • 【ラブスペル~恋を叶える魔法のフレーズ~】連載一覧
  • もちこの「大事にされない恋愛をくり返す理由」
  • 描き子のモヤモヤ解剖ノート
  • 栗原類×濱口善幸のタロット見習い 連載一覧
  • 向理来×Hoshi「禁断♡男の本音トーク」
  • 雨宮まみの相談コーナー
  • 文月悠光 12星座の恋愛詩

人気のキーワード

  • 鏡リュウジの12星座月間占い
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集