彼女の服装にうるさい彼氏の対処法【ラブホスタッフ上野さんのダメ男子図鑑】vol.28

Loading

ラブホスタッフ上野さんのダメ男子図鑑

「男ってなんでこんな行動するの…」理解しがたい行動ばかりのダメ男子…あなたの身近にもいませんか? ここでは、Twitterで30万人以上のフォロワー数を誇る「ラブホスタッフ上野さん」が、その卓越した人間観察眼を活かして「ダメ男子」たちの本音や生態を分析します!

今回は、彼女の服装にうるさい男について上野さんに解説していただきました。

彼女の服装にうるさい男

係長男子

「そんな化粧はやめなよ…」

係長男子

「もっと女性らしい服を着たら?」

彼は私の服装に何かと注文をつけてきます。

ヒールの靴を履いたほうがいいとか、いわゆるモテ系のスカートやニットを着てほしいなどとしつこく言ってきます。

可愛いと思ってもらいたい気持ちもありますが、彼にとって私は着せ替え人形か、とモヤモヤしてしまいます。

彼のためを思うなら、これくらいは我慢するべきですか?

上野さんの回答は…

短期的な関係を維持したいのであれば、我慢は非常に有効な方法でしょう。

特に二度と会わないような相手とのやり取りの場合、意見を口にするよりも我慢をしたほうが得なことが多いのは間違いありません。

例えば街を歩いている時に迷惑なキャッチに声をかけられたとして、そこで声を荒げて怒り出す方はほとんどいらっしゃらないことでしょう。相手から何を言われても「無視」という我慢をしてやり過ごすことと思います。

そこでキャッチに注意をしても何のメリットも御座いません。注意をされたことでそのキャッチが改心したとしても、そのキャッチに二度と会わない私たちには何のメリットもないのです。

ですので、二度と会わないような短期的な相手との関係を受け流す手段としては、我慢は非常に有効な方法であると言えるでしょう。

「我慢」はその場しのぎの手段としては非常に有効です。とにかくなんとかやり過ごせば良いという状況では、積極的に我慢をしたほうが良いでしょう。

それでは「その場しのぎ」ではない状況で我慢をしてしまったら、一体どうなるのでしょうか?

そもそも「我慢」とは、相手の好感度を犠牲にしてその場をやり過ごす手段で御座います。相手の要求を飲む代わりに相手のことを嫌いになる。好意と要求を交換している作業と言えるでしょう。

ですので、我慢をすればするほど、我慢をした人は我慢をさせた人に不満を抱くことになるのです。それは我慢をした側にとってデメリットなのは勿論ですが、我慢をさせた側にとっても必ずしも良い結果になるとは言えません。

例えば今回のご質問者様の状況を考えてみましょう。

ご質問者様は彼氏様と良好な関係を継続したいとお考えのことと思いますが、おそらく彼氏様もご質問者様から嫌われたいとは考えていないでしょう。

しかし、ご質問者様が我慢をしてしまった場合、彼との良好な関係が少なからず損なわれるのは避けられません。

ご質問者様が彼氏様の好きな服を着ることで、彼氏様からご質問者様への好意は多少高まるかもしれませんが、それ以上に我慢をしたご質問者様の彼氏様に対する好意が大きく目減りしてしまうのです。

その結果、2人の関係は悪化してしまい彼氏様もご質問者様も望まぬ未来を引き寄せてしまうのは間違いありません。

ですので、我慢をするのはご質問者様にとっても彼氏様にとっても良い選択ではないのです。

我慢をしていいのは、相手との関係を劣悪にしても良いと思っている場合だけ。嫌いな人の要求を我慢するのは良いのですが、好きな人の要求を我慢してはいけません。

彼のために我慢をするのではなく、彼のためを思うからこそ、我慢をしてはいけないのです。

ワガママを言うこと自体は問題ない

今回のご質問文を読んで「酷い彼氏だ!」と感じた方もいらっしゃることと思いますが、私は今の時点では別段問題のある彼氏だとは思っておりません。

なぜならば、今の時点で彼は自分の要求をご質問者様に伝えているだけなのです。自分の要求を伝えるというだけであれば、違法行為でもない限り私はその人の人格に問題があるとは思いません。

例えば引越しをする際に、大家さんに対して「礼金無しになりませんか?」と要求を伝えることは問題のない行為でしょう。大家さんが「礼金欲しい」と思っているのは間違いありませんが、無しにできないかお願いするだけならば何の問題も御座いません。

しかし、大家さんが「礼金は無しにできない」と返事をした後に、いつまでもしつこく交渉をしたり、礼金有りと言って住んでおきながら礼金を支払わないようなことをしたりしたら問題でしょう。

つまり自分の要求を言うことが問題なのではなく、要求が通らなかった時に文句を言うことが問題なのです。

ですので、ご質問者様が「着たくない」と返事をした後で、それでも彼が食い下がったり、そのことに文句をタラタラ言ったりしたのであれば、彼の人格に問題があると言えるでしょう。

しかし、現時点では彼はまだそのような行為を取っておりません。ご質問者様が「着たくない」と言ったら、素直に「じゃあいっか」と引き下がるかもしれないのです。そしてもしも彼が素直に引き下がったのであれば、私は彼の人格に問題があるとは全く思いません。

ご質問者様の彼氏様はどうでしょうか?

ご質問者様が「嫌」と言ったら、素直に引き下がる方でしょうか?

それともしつこく食い下がる方でしょうか?

おそらくご質問者様は「彼はきっと……」と予想をされることと思いますが、それはあくまでもご質問者様の予想に過ぎません。その予想が正しいかどうかは、彼に「嫌」と言ってみないと分からないのです。

もしも彼が素直に引き下がるのであれば、何の問題もありません。逆に彼がしつこく食い下がるようなクズ男であれば、彼がクズ男であると分かっただけ儲けもの。

いずれにしてもご質問者様にとって得な展開になるのですから、ご質問者様は素直に「嫌」と言えば良いのです。

自分の希望を彼女に押し付けるタイプランキング

自分の希望を彼女に押し付けがちなのは、どのタイプ? 今回は、ダメ男子タイプ別にランキング形式でご紹介します。

※まずはこちらの診断で彼氏のタイプをお調べ下さいませ。

ダメ男子キャラを診断する

◎ダメ男子別・自分の希望を彼女に押し付けがちなのは?

係長男子総務男子企画男子サビ残男子サトリ男子経営者男子エンジニア男子プロジェクトリーダー男子

係長男子第1位 係長男子
典型的な亭主関白である係長男子は、自分の要求を彼女に押し付けることが非常に多いでしょう。

「普通そうだ」「昔からこうだ」「〇〇するのが当然だ」というような言葉を多用する男性がいたら、係長男子と考えて間違いありません。また、係長男子は非常に頑固なため、意見が分かれた際、素直に折れることもそうそう無い面倒なタイプで御座います。

経営者男子第2位 経営者男子
対人的な優しさに欠ける経営者男子もまた、係長男子と同じように、彼女の外見や行動に色々と口出ししてくるタイプでしょう。

ただし、そもそも恋人への関心が薄く、係長男子ほど口うるさく干渉しないため2位に。相手に不満があっても伝えずに別れる場合も多いので、直接的に「変えろ」と言われることは少ないかもしれません。

プロジェクトリーダー男子第3位 プロジェクトリーダー男子
超絶ワガママかつ自分勝手なプロジェクトリーダー男子は、彼女に自分の希望を要求しがちです。

ただし上位2つのタイプとは異なり、「自分の思い通りにならない」ということに謎の快感を覚えてしまうので、要求が通らなくても意外と怒り出したりはしません。

要求の数は多いものの、無視しても平気。それを良しとするかどうかは女性の気持ち次第でしょう。

サビ残男子第4位 サビ残男子
内弁慶気質のサビ残男子は、付き合いたての頃は全く彼女に文句を言いません。

しかし、ある程度の時間が経ち「こいつには言っても平気だ」と思った瞬間、彼の押し付けは始まります。会社や学校では一切文句が言えないタイプなので、その反動が彼女様に来ると考えると良いでしょう。

非常に気が弱いので、「言っても大丈夫」と認識されない限りとやかく言われることはないものの、一度でもそう認識されてしまったら手がつけられません。

企画男子第5位 企画男子
企画男子は自分の欲望をバンバン口にするタイプですが、彼らは「今日はハンバーグが食べたい」くらいの気持ちで言っているので無視をしても全く問題ありません。

単純な要求の数だけを見ればかなり上位に君臨しますが、いい意味でも悪い意味でも頑固さが欠けらもないので比較的楽な相手と言えるでしょう。

彼の発言をいちいち全て真に受けてしまう女性からすれば非常に厄介な相手ですが、「また言ってる」くらいに流せる女性であれば、非常に御し易いタイプです。

エンジニア男子第6位 エンジニア男子
エンジニア男子が何かの要求を言ってきた場合は、最後通告と考えたほうが良いでしょう。

彼らは非常に我慢強い性格なので、よほどのことがない限り彼女に対して自分の希望を口にしたりはしません。彼らが「〇〇してほしい」と言うのは「〇〇してほしい、さもなくば別れる」というところまで追い込まれている時だけなのです。

総務男子第7位 総務男子
心優しい総務男子は、基本的に自分の要求を相手に押し付けません。

ただし、非常に母性的な性格をしているので「あなたのためを思って」という形で要求を伝えてくることはあるでしょう。

本人の希望を押し付けることはあまりありませんが、あなたのためを思って口うるさくしてしまう場合も。少々判断に迷いますが、基本的には付き合いやすいタイプの男性でしょう。

サトリ男子第8位 サトリ男子
サトリ男子は「人は人、自分は自分」という価値観が非常に強いタイプです。

ですので、自分の希望を彼女に押し付けることはそうそうありませんが、逆に彼女から希望を押し付けられることも激しく嫌がります。

「押し付けない代わりに押し付けるな」という関係を望んでいるので、互いに干渉しない関係を好む方には非常にオススメできる相手でしょう。

このページをシェアする!

プロフィール

ラブホスタッフ上野さん
豊かな知見と人間観察眼をもとにした悩み相談への深みある回答が人気を集め、Twitterのフォロワー数は30万以上を誇る。漫画『ラブホの上野さん』(漫画:博士/原案:上野)の原案もつとめ、書籍は現在4巻まで発売されている。同漫画は2017年1月よりフジテレビ系にて本郷奏多主演で連ドラ化。

★オフィシャルブログ:「ラブホの上野の休憩中」
★Twitter:@meguro_staff

 

この記事の関連キーワード

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

  • 石井ゆかりの幸福論
  • 加藤まや 新月満月の占い
  • 辛酸なめ子の なめココロ
  • カレー沢薫「アクマの辞典」
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • ラブホスタッフ上野さんのダメ男子図鑑
  • 真木あかりの惑星カレンダー
  • 文月悠光 12星座の恋愛詩
  • 【五行でパワーチャージレッスン】連載一覧
  • ディグラム・キハラ恋愛研究所
  • 栗原類×濱口善幸のタロット見習い 連載一覧
  • 有村藍里×Hoshi「はじめての手相占い」
  • 雨宮まみの相談コーナー
  • 宿曜占星術で読む「相性」

人気のキーワード

  • 鏡リュウジの12星座月間占い
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集