双子座は、腹を割って本音で会話をするとき…1月21日 獅子座の満月【新月満月からのメッセージ】

Loading

新月満月からのメッセージ

夜空が明るくなり、天体観察が難しくなりつつある今現在、新月&満月は、私たちが肉眼で直接観察できる星回りです。新月&満月というタイミングをきっかけに外なる光(宇宙)と内なる光(自己)の共鳴を感じていただきたいなと思います。この占いコラムが外なる光(宇宙)と内なる光(自己)の共鳴を感じるのに役立ちますように。

1月21日 獅子座の満月

1月21日は獅子座で満月です。今回の満月は皆既月食になります。この時期の星回りをご紹介しましょう。

月食は、地球の影が月にかかることで満月が欠けて見える現象です。占星術では、月食を「心の陰影を外側の世界に投影して観るタイミング」「(無意識下に)隠されていたことがあらわれるタイミング」「形のないものに形が与えられるとき」と読み解きます。心の陰影とは「その人の内的世界にあるもの」「言葉では表現できない深層心理や内的イメージ」と言えるでしょう。

今回の月食を通じて、私たちはそれらをかいま見ることになりそうです。またこの時期に印象深く見聞きすることのいくつかは、私たちの「内なるもの」とどこかしら関係しているのかもしれません。月食によって私たちの内外における形のないものに形が与えられるとき、そこでは何らかの癒しや気づき、意味深いことが起こっていると私は思っています。 

獅子座月食のテーマとは…

さらにお知らせします。今回の月食は獅子座で起こります。この時期起こる出来事を通じて浮かび上がるテーマが、たとえば「私が私であるために今、見つめておきたいこと」「セルフイメージにまつわる光と影」であるのかもしれません。

山羊座、射手座に集まる天体の意味

月食図を見てみましょう。獅子座月食(水瓶座太陽と獅子座月が相対している星回り)の他、山羊座天体や射手座天体に目がいきます。

この時期の山羊座天体は水星や冥王星、土星です。これらは牡羊座天体(火星と天王星)と相矛盾する星回りを作っています。これまでのやり方や考え方、一定の型、仕組みを変えなくてはならない向きが生じるのかもしれません。またそのとき、ある種の見きわめ(あきらめ)や二者択一、割り切りを(宇宙から)求められることもあるでしょう。

その一方、射手座天体を見てみると、「変わらないものなど何ひとつありません。どんどん変わっていきましょう」「転変を受け容れて楽しみましょう」というメッセージも読み取れます。

変化とは、何かと引き替えに別の何かを受け容れることと言えます。この時期、ある転変や現実改変が進むのと同時に、新しい可能性を迎え入れるプロセスもまた進んでいくように思われます。

あなたが受ける影響とは…

今回の獅子座満月の影響を強く受けるのは、牡牛座、獅子座、蠍座、水瓶座です。「変わること」「変わらざるを得ないこと」を受け容れることで一回り大きく成長できる機会が巡ってくるでしょう。許容することができなかったことを受け容れてホッとするのかもしれません。

牡羊座、蟹座、天秤座、山羊座は、ある扉が閉まり、別の扉が開くでしょう。今経験しているプロセスはあなたのために用意されたものです。全てに対して心を開き、自ら楽しんで下さい。

双子座、乙女座、射手座、魚座は、この時期、誰かと「腹を割って話す」「本音を打ち明ける」必要があるのかもしれません。自らに課している何らかの「タブー」「制限」を手放すことにより、自分も周囲もラクになるでしょう。

次回は1月31日 射手座の満月(1月30日更新)

新月満月からのメッセージ 目次ページへ >>

加藤まや
2003年に占星術研究を開始。2004年より雑誌やWEBでの占い連載、占星術コンサルティングなどを行う。趣味は神社参拝と天然石アクセサリーの製作。
ウェブサイト:まやブログ

 

この記事の関連キーワード

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

  • 石井ゆかりの幸福論
  • 加藤まや 新月満月の占い
  • 辛酸なめ子の なめココロ
  • カレー沢薫「アクマの辞典」
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • ラブホスタッフ上野さんのダメ男子図鑑
  • 真木あかりの惑星カレンダー
  • 【恋招き♡開運日カレンダー】連載一覧
  • もちこの「大事にされない恋愛をくり返す理由」
  • 描き子のモヤモヤ解剖ノート
  • 栗原類×濱口善幸のタロット見習い 連載一覧
  • 有村藍里×Hoshi「はじめての手相占い」
  • 雨宮まみの相談コーナー
  • 文月悠光 12星座の恋愛詩

人気のキーワード

  • 鏡リュウジの12星座月間占い
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集