2018.10.04

「人生を謳歌したい」【石井ゆかりの星の相談室】vol.74

Loading
石井ゆかり 星の相談室

大人気ライター・石井ゆかりさんによる、女性の心に寄り添う個人占い。恋愛や人生の悩みにお答えします。


vol.74「人生を謳歌したい」

すりぶさん(50歳女性)


もうすぐ50歳、独身です。事務系の仕事をしています。今まで仕事を頑張って、友人と旅行したり欲しいモノを買ったり、やりたいことをやり、それなりに人生は楽しい!と過ごしてきました。

最近「もうやりたいことはやったから、いつ死んでもオッケー」と思う自分がいます。というか、人生の先に楽しみが見い出せないのです。何をしてもあんまり楽しくない。何か新しいことにワクワクしたいです。

自己啓発本だと自分を変える、とか書いてありますが、転職や結婚で環境を変えるのもアリですか?自分を変えることってできるのでしょうか。

こちらもおすすめ>>石井ゆかりの星読み テーマ別セレクション【星で「あの人と私」を読む】女性から男性への恋【無料体験版】

すりぶさんへ
「もうやりたいことはやったから、いつ死んでもオッケー」
というお気持ち、わかる気がします。
私も、すりぶさんとあまり変わらない年齢ですが
結構やりたいことをやってきたので、
あまり悔いはないなという気がします。

数十年前くらいには、60歳前後で亡くなる方が多かったのですから、
そもそも、人間がこんなに長生きするようになってから、
まだ日が浅いのです。
私たちは、「その先」をプランニングする文化を
いまだしっかりとは持っていないのかもしれません。
若いときは箸が転がっても楽しく、夢や目標を持ち、
まだ見ぬ世界にどんどん突進する日々だったのが、
経験を重ね、身体も衰え、感受性も鈍くなります。
若い頃のように何にでも興奮してワクワクキラキラできる、
というイメージは、
今の自分という年齢や実体にそぐわないイメージなのかもしれないな
と思うこともあります。

すりぶさんは、
「やりたいことをやってきた」と書かれています。
ですが「『それなりに』人生は楽しい」と、
「それなりに」の保留をつけていらっしゃいます。
おそらく「何かやり残したことがあるような気がする」とか
無意識に「物足りない」と思っている部分があるからなのだろうな、
と思いました。
タイトルも「人生を謳歌したい」となっています。
まだ「謳歌しきった」とは、本当は、思っていらっしゃらない。
だからこそ、このメッセージをくださったのだなと思いました。

人生にはまだ、何か新しい可能性がありそうだと、
漠然と予感し、期待していらっしゃるからこそ
こうしてメッセージをくださったのだと思います。
では、その「新しい可能性」とは、何なのでしょうか。

私が少々気になったのは、すりぶさんが
「転職や結婚で環境を変える」と
さらっと書かれていることです。
確かに、転職は「環境を変える」ことですね。
でも、結婚は単純に「環境を変える」こととして選べるようなことでしょうか。
すりぶさんは冒頭の自己紹介で「独身です」と書かれています。
これも、さらっと書かれています。
「結婚」も「独身」も、すりぶさんは、
あくまで、仕事や友人との交流と同様のものという位置づけで、
さらりと書かれています。
でも、人一人の人生と自分自身の人生をずぶっとコミットさせることは
果たして、それほどさらりとしたものでしょうか。
「何か新しいことを始めよう!」
という、その選択肢に加えられるほど、さらっとしたものでしょうか。
転職情報を探すように、ともに生きる人物を探せるものでしょうか。
私は、この、すりぶさんの「さらり」とした書き方に、
非常に気になるものを感じたのです。
何か、強い緊張感のような、硬質な距離感を感じたのです。

すりぶさんのホロスコープを見ますと、
「一対一で関わる他者・パートナー・結婚・人間関係」を司る場所が
牡羊座にあって、土星がここに位置しています。
そして、そのすぐ近くにドラゴンヘッドというポイントが重なっています。
火星は蟹座に位置していて、すぐそばに月と水星があります。
この形を見るに、すりぶさんは、
恋愛とか、人と一対一で深く関わることに関して
強烈な警戒心と、密かな強い憧れとを
同時に抱いている方なのではないか、と思いました。
土星は、人生の早い段階では強い警戒と慎重さ、反感や批判的な態度を示し、
経験を積み年齢を重ねていくにつれて、徐々に解放され、
それ自体が一つの目標となっていく、
といったテーマを示すとされます。
すりぶさんは、お若い頃は特に
「一対一で深く関わる他者、パートナー、結婚」
といったテーマに関して
懐疑的でいらしたのではないかと思います。
単純に背を向けてこられたかもしれませんし、
あるいは、その世界に踏み込んだ上で、何かつらい思いをされたり、
自分を抑え込むことによって苦悩されたりしたことも
もしかしたら、あったかもしれません。
蟹座の月は人一倍豊かな感情の世界を示します。
すりぶさんの心は非常に傷つきやすく、
たっぷりした感情に溢れているので、
蟹座という世界は、その感情を固く守ろうとします。
愛情や温かな思い、優しさ、寂しがり屋な面、
人に対して流れ出していこうとする感情の世界を、
すりぶさんは人一倍苦労して、
厳重に管理し、抑え込んできたようなところがおありなのではないか、
という気がしました。
非常に魅力的な方だと思いますが、
どこかクールな、人に対してあくまで誇り高く優雅に振る舞おうとするような、
そうした面がおありだろうと思います。
自分の理想に添って演出した、洗練されたインタフェースの内側に、
渦巻く感情を丁寧に抑え込んでこられたのではないか、
という感じがします。

でも、すりぶさんは本当は、
誰かと心を触れあわせ、深い愛を共有したい、
という願いをお持ちの方だろうという気がします。
一人の人間として誰かに必要とされることや、
誰かを世話することを、望んでいらっしゃるのではないでしょうか。
その望みはいまだ、意識にのぼっていないけれども
今のすりぶさんが感じていらっしゃる「物足りなさ」は、
もしかすると、そちらの方面に向かっていっているのではないか
という気がしました。

「転職や結婚で環境を変えるのもアリですか?」と書かれていますが、

アリかナシかといえば、もちろん、どちらもアリだろうと思います。
すりぶさんの世界はそれで、大きく変化するでしょう。
「自分を変えることってできるのでしょうか」という問いには、
それは、できると思います。

さらに言えば、「自分を変えること」が目的で、
転職を試みたり、結婚を望んでみたりする
ということもありうるのではないかと思います。
もっと言えば「今まで通りの自分」でいることにもう飽きてきたからこそ、
すりぶさんは、このようなメッセージをくださったのではないでしょうか。
今まで通りの自分でいれば、今まで通りの環境、
今まで通りの人間関係で、
何か物足りない人生が続いていく、ということになります。
もし、現状を変えようと思うなら、
まず、今まですりぶさんが「これは自分の人生には、ナシ」としてきたものを
もう一度見直してみることになるでしょうし、
もし、それらに取り組もうとするのであれば
必然的に、「自分を変えていく選択をした」ということになるだろうと思います。

多くの人が、人生の中で、
自分が否定してきたことを肯定してみる
という大きなハードルを超えることを試みます。
この行為にはリスクが伴います。
人と関わることは、傷つく危険を伴います。
愛をもって人と関わろうとし、そこで拒絶されたら、
深く傷ついてしまいます。
転職も失敗のリスクをはらみますが、
心を通わせる人間関係においての失敗は、
輪をかけて大きなものです。

でも、人は「変わりたい」と思うとき、
誰かに出会うものではないかと思います。
それが結婚や恋愛ということでなかったとしても、
その人との出会いで人生が変わった、
と思えるような誰かに、出会えるものだろうと思います。
実は、星の上で、49歳から53歳くらいの間に、
すりぶさんの人生に、大きな愛が訪れる配置が見て取れます。
そろそろ、すりぶさんの人生を変えるような愛のドラマを
すりぶさん自身、スタートさせようとされているのかもしれません。
すりぶさんがくださったこのメッセージももしかすると、
その兆候の一つなのかもしれません。

石井ゆかり


あなたも石井ゆかりの個人占いを受けられるかも。
毎月ひとりの方のお悩みにお答えします。
個人占いへのお悩み投稿はこちらから
石井ゆかりの星読み 【月額料金】324円(税込)

こちらもおすすめ>>石井ゆかりの星読み テーマ別セレクション『星で「私」を読む』【無料体験版】



ライン

公式モバイルサイト

「石井ゆかりの星読み」(月額324円)

モバイルサイトでは、他にも「毎日の占い」や「今日の空模様」、「上半期・下半期の占い」や「今年の占い」など様々なメニューをお楽しみいただけます。
また、あなたのホロスコープから、あなたが「どんな人」で・あなたにとって「今はどんな時期」なのか、あなただけの星占いもお届けしています!

今すぐチェック

人気の連載

「石井ゆかり星の相談室」

石井ゆかり(いしいゆかり)

独学で星占いを習得し、2000年よりWEBサイト「筋トレ」を主宰。年間・週間の12星座占いを情緒ある文体で掲載し、
のべ4000万アクセス(2012年現在)という異例のヒットを記録。雑誌や携帯コンテンツなどで占いを執筆するほか、
星占い以外の分野でも著作を発表している。第7回Webクリエーション・アウォードにて「Web人賞」受賞。『12星座』(WAVE出版)、
『星読み ホロスコープなしでわかるあなたの運勢』『愛する人に。』(幻冬舎コミックス)、『星占いのしくみ』(共著・平凡社新書)、
『禅語』『いつか、晴れる日』(共著・ピエブックス)、など著書多数。


 

この記事の関連キーワード

今日の恋愛予報 12星座ランキング

  • 文月悠光 12星座の恋愛詩
  • ディグラム・キハラ恋愛研究所
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • カレー沢薫「アクマの辞典」
  • ラブホスタッフ上野さんのダメ男子図鑑
  • 有村藍里×Hoshi「はじめての手相占い」
  • 辛酸なめ子の なめココロ
  • 【五行でパワーチャージレッスン】連載一覧
  • 木曜インタビューただし、イケメンに限る
  • ムンロ王子のシンデレラへの道
  • 雨宮まみの相談コーナー
  • 加藤まや 新月満月の占い

ランキング

人気のキーワード

  • 使えばもれなく開運!超運ダイアリー
  • LINE@
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集