2018.07.12

神社でご奉仕の後に10kmマラソン!?ストイック男子がハマっているものは…【木曜インタビュー、ただしイケメンに限る】vol.4

Loading

木曜インタビュー、ただしイケメンに限る

日々、忙しく過ごしていると身も心も疲れちゃいますよね。「もうしんどい」「何もしたくない」そんな女性のみなさんに最高の癒しのご褒美=イケメンのインタビューをお届けします。

しかも、そんじょそこらの、やわなイケメンではありません。登場するのは酸いも甘いも噛み分けた「大人のイケメン」ばかり!

毎週木曜日は、ココロニプロロ編集部が厳選したイケメンたちの人生や仕事・恋愛にまつわるお話に耳を傾けてみましょう。そこにはあなたの恋や仕事に活かせるヒントが隠れているかもしれません。

歌う神主・壮紫

ストイックだけどスイーツ男子な一面も

第5弾は、歌う神主・壮紫さん。神聖系イケメンの登場です。

ココロニプロロの連載『ムンロ王子のシンデレラへの道』でもおなじみの、ムンロ王子のライブに出向いた編集部スタッフ。そこでゲストとして素敵な歌声を聴かせてくれたのが、今回ご紹介する壮紫さんでした!

取材中はその凛々しい姿や端正なお顔立ち、祝詞(のりと)で鍛えた美声に心酔しきり! いろいろとお話を聞かせていただきました。

<vol.3「ライブでお祓い!? 神主ならではのお清めパフォーマンスに驚愕」はこちら

Q.28 趣味は何ですか?

健康管理、体調管理のために始めたマラソンです。ハマると、とことん頑張ってしまうほうで、東京マラソンや石垣島マラソンなどのフルマラソンの大会にも出場しました。

いつも神社でのご奉仕の後、夕暮れ時にだいたい1時間、10kmくらい走ります。普段の練習はゆっくり走るLSD(ロング・スロー・ディタンス)を心がけています。

最初の頃はつらかったんですよ。「何が楽しくて走るんだろう?」と思うこともありました。でも、走っているうちにだんだん楽しくなってくるんです。

そして何よりも走り終えた後の達成感! 星を眺めながら、おいしい飲み物を飲んで帰るのは至福のときですね。

Q.29 最近ハマっていることは?

スイーツ! 実は甘いものが大好きなんです。神社って奉納でよくお菓子をいただくんですね。神様に奉納した後、下げたら神職でいただきます。

12個入りのお菓子があったときは、1個食べたら止まらなくなり、気がついたら、個包装の袋が山盛りになっていたことがありました。わずか10分足らずで全て食べていたことも…。

これって何なんでしょう? お酒が飲めないからというのもあるのかな、と思っているんですけどね。

◎甘~いマラソンにも出場
とにかく甘いものが好きで、スイーツマラソンに出たこともあります。道の途中に、給水所ならぬ給スイーツ所があるんですよ。走るのか食べるのか、はっきりしろよ! という感じのマラソンなんです(笑)。

◎最近よく食べるお菓子は?
特にハマっているのは、セブンイレブンの「チョコがけいちご」です。ついつい買って食べちゃいますね。あとはアイスも好きで、毎日のように「スーパーカップ」を食べています。

性格上、飽きるまで食べ尽くすほうなので(笑)。最中(もなか)にハマって、ひたすら食べていた時期もありました。

Q.30 お気に入りの場所は?

奈良県の天川村です。小さな頃、テレビの番組と番組の間に放送される5分くらいのミニ番組を見ていて、目が釘付けになったんですね。

川が流れ、山があって…という田舎の風景が映っていたのですが、子ども心に非常に美しいと思いました。その撮影場所として「天川村」と表示されていたのを、今でも鮮明に覚えているんです! 

それから年齢を重ねていくうちに、天川村出身の方と出会ったり、たまたま天川村の情報が入ってきたりという、不思議な時期があったんですね。

そして、初めて天川村に行ったところ、本当に神々しくて、いたる所に神様が宿っている、そんな場所だと感じました。

それ以来、大好きな場所になって、毎年必ず行くようになりましたね。中でも「天河大弁財天社」はお気に入りの場所です。ここには知る人ぞ知る芸能の神様がいらっしゃいます。

Q.31 座右の銘は?

「継続は力なり」ですね。これが、私にとって一番大切な言葉です。「歌う神主」としての活動も地道にやってきましたし、現にこの場にいてお話しているのも、自分なりに一生懸命、続けてきたからこそだと思うんです。

Q.32 「自分は〇〇な男だ」に当てはまる言葉は?

それは簡単です。「楽天的な男」だ! です。あまり細かいことで、くよくよしたりしませんし、「明日は明日の風が吹く」ではないけれど、わりと楽天的に物事を捉えていますね。

ただ、楽天的だと危機感がないので、自分に「しっかりしろよ」と言い聞かせるときもあります。

とはいえ、神職としてご奉仕をしていると、日々、歯を食いしばっていることが多いため、しかめっ面になりがちなんです。
そういう意味で音楽活動は、いい息抜きにもなっているかもしれません。

Q.33 もし神主になっていなかったら、何をしていると思いますか?

恐らく郵便局員になっていたでしょうね。というのも私の家は代々、特定郵便局を受け持っていたんです。
町の特定郵便局というのをご存知ですか? 今も地方の小さな町や村にある小さな郵便局ですね。

祖父が郵便局の局長と神職を兼業していたこともあって、郵便局をとても身近に感じるんです。
小さな頃、祖父の郵便局に行くと「ちょっとお祓いをしてくる」と言って出かけていくこともありました(笑)。

Q.34 『聖おにいさん』など、宗教を題材にしたメディア作品についてどう感じますか?

いいことだと思います。みなさん、ダイレクトに宗教となると、どうしても構えたり、難しく捉えたりしがちですし、難解な言葉を用いることも多いため、なかなか伝わりづらい部分もあるんですね。

その点、漫画化や映画化をすることによって、何気ない普段のエピソードの中に宗教観が盛り込まれていれば、わかりやすく、イメージしやすくなるだろうなと感じています。

噛み砕いた教科書を読むように、楽しみながら理解していただけるのではないでしょうか。
それは、私の音楽活動についても同じことが言えるかもしれませんね。

Q.35 お坊さんや牧師さんのお友達はいますか?

いますよ。身近に坊主バンドの方や牧師のミュージシャンもいます。今後、神道と仏教とキリスト教の3つの宗教で、音楽のイベントをやろうという話もしていますね。

宗教は別々ですが、元はといえばひとつだった部分もあるんです。仏さんとも、もともとは神仏習合で一緒だった、という歴史もありますし。
垣根をつくることなく、交流をはかって情報交換しています。結構、仲がいいんですよ(笑)。


意外にもスイーツ男子という壮紫さん。お菓子の話のときはテンション爆上がりでした!

次回は、壮紫さんの恋バナをお届けします! カッコつけ男子だった中学生時代の初恋エピソードに胸キュン。そして、神主さんのお嫁さんにふさわしい女性ってどんな人!?

【続きは7月19日公開】お楽しみに!

歌う神主 壮紫
プロフィール
歌う神主 壮紫

代々神職の家系に生まれ、日々神様に御奉仕しながら音楽を通して神社や神様事を広めるため活動している。
2005年、神職に就く。2011年、音楽活動を開始。2016年10月、歌う神主壮紫に改名し同時に、専属バンドIyasakaを結成。
日本の美しい言葉である大和言葉を用い、神話に基づく楽曲を中心に、唯一無二の音楽を志す。
全国各地の神社やLIVE会場で活動。2016年 靖國神社、2017年 高麗神社での奉納LIVEも成功させた。
2017年10月に開局された八王子FMで、火曜日21時から55分間の番組「わたくし歌う神主壮紫と申します!」のパーソナリティを務める。

公式サイト歌う神主ホームページ
オフィシャルブログ:『わたくし歌う神主 壮紫と申します!』
Twitter:歌う神主@KAMUTSUKASA
Instagram:歌う神主 壮紫kamutsukasa


 

この記事の関連キーワード

今日の恋愛予報 12星座ランキング

  • 文月悠光 12星座の恋愛詩
  • ディグラム・キハラ恋愛研究所
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • カレー沢薫「アクマの辞典」
  • ラブホスタッフ上野さんのダメ男子図鑑
  • 有村藍里×Hoshi「はじめての手相占い」
  • 辛酸なめ子の なめココロ
  • 【五行でパワーチャージレッスン】連載一覧
  • 木曜インタビューただし、イケメンに限る
  • ムンロ王子のシンデレラへの道
  • 雨宮まみの相談コーナー
  • 加藤まや 新月満月の占い

ランキング

人気のキーワード

  • 使えばもれなく開運!超運ダイアリー
  • LINE@
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集