2018.07.05

ライブでお祓い!? 神主ならではのお清めパフォーマンスに驚愕~「楽天的な男」神主・壮紫【木曜インタビュー、ただしイケメンに限る】vol.3

Loading

木曜インタビュー、ただしイケメンに限る

日々、忙しく過ごしていると身も心も疲れちゃいますよね。「もうしんどい」「何もしたくない」そんな女性のみなさんに最高の癒しのご褒美=イケメンのインタビューをお届けします。

しかも、そんじょそこらの、やわなイケメンではありません。登場するのは酸いも甘いも噛み分けた「大人のイケメン」ばかり!

毎週木曜日は、ココロニプロロ編集部が厳選したイケメンたちの人生や仕事・恋愛にまつわるお話に耳を傾けてみましょう。そこにはあなたの恋や仕事に活かせるヒントが隠れているかもしれません。

歌う神主・壮紫

ライブ中にまさかのお清め!さすが神主

第5弾は、歌う神主・壮紫さん。神聖系イケメンの登場です。

ココロニプロロの連載『ムンロ王子のシンデレラへの道』でもおなじみの、ムンロ王子のライブに出向いた編集部スタッフ。そこでゲストとして素敵な歌声を聴かせてくれたのが、今回ご紹介する壮紫さんでした!

取材中はその凛々しい姿や端正なお顔立ち、祝詞(のりと)で鍛えた美声に心酔しきり! いろいろとお話を聞かせていただきました。

<vol.2「縁結び”そして“禁断の恋”…神主が歌う恋の歌とは⁉︎」はこちら

Q.20 どのくらいの頻度でライブをしていますか?

私主催のライブは、だいたい月1回を目安に開催しています。ただ、楽曲の制作をする時間も必要なので、そちらで忙しいときは、ライブ自体はちょっとお休みすることもありますね。
ゲスト出演に関しては、お声がけがあれば、制作中でも参加させていただいています。

Q.21 主催ライブのテーマは?

ズバリ「神社」です! そして、神社でエンターテインメントといえば「お祭り」なので、どうしてもテーマは「神社」や「お祭り」になります。

メンバーは「歌う神主」である私が、専属バンドの「iyasaka」を引き連れて…という形になるのですが、人数はライブの規模によって様々です。小さなライブやゲスト出演のときは、「iyasaka」の中から1人か2人、例えばギターなど、リード楽器のメンバーと一緒に行きますね。

歌う神主・壮紫

一方、バースデーライブのような大きなライブのときは、フルメンバーが出演します。5~6年前から毎年、私の誕生日の前後の土日などにライブを行っているんですよ。

Q.22 ゲスト出演するのは、どんな方のライブが多い?

特に“和”に近しい人のライブばかり、というわけではありません。ミュージシャンの友人が多いので、そういう方たちと話していて「来る?」と言われれば、もちろん伺います!

ジャンルは問わず、いろいろな方のライブにゲスト出演しますよ。そんな中で、ムンロ王子のライブにも参加させていただきました。

ただ、ゲスト出演する際は、遠慮せず「歌う神主」ワールド全開で歌わせていただいています。

Q.23 「踊れや踊れ」という曲は、お客さまとのかけ合いがあるんですね?

私が「わっしょい、わっしょい」と言ったら、お客さまが「わっしょい、わっしょい」と答える部分があります。

おとなしめのバラードだとか、ミディアムテンポの曲ばかりでは飽きてしまうでしょうし、ライブというのは、お客さまと一体になってこそのものだと思うんです。

それゆえ、レスポンスとして声をあげたり、一緒に身振り手振りしたりする楽曲があってもいいのかなと考えています。ほかにも、お客さまに参加していただける曲を少しずつ増やしていっていますね。

◎お清めの紙をまくパフォーマンス!
この前のライブでは、切幣(きりぬさ)というお清めの紙を、紙ふぶきのようにまいてみました。自分主催のライブだったら、冒頭にお祓いをしてそのときにまくのですが、ゲスト出演だったため、演出も兼ねて曲中でお清めをしたんです。

見映えもいいですし、お客さまも興味を持ってくださったみたいですよ。掃除が大変なので、そこは申し訳ないのですが(笑)、お店と相談して、できれば行うようにしています。

◎扇子でエンターテインメント性をプラス
「四季」という、扇子を持って歌う楽曲もあります。神社には巫女舞をはじめとする舞があるので、そこからインスピレーションを得て、エンターテインメントとして扇子を持った演出をはじめたんです。

歌う神主・壮紫

扇子を使うことには、特に深い意味はないのですが、和の雰囲気は出せるかなと。今後も、扇子を使った演出は取り入れていきたいですね。

Q.24 「いやさか」という言葉の意味、そこに込めたメッセージを教えてください

この言葉はバンド名「iyasaka」としても使っていますし、「踊れや踊れ」という曲のラストに、会場中のみなさんに言っていただく言葉でもあります。

「いやさか」は昔からよく使われているめでたい言葉で、「いや、ますます栄えるように」という意味があるんですね。例えば挨拶では「みなさんのいやさかを祈念して」というように使います。

実は先日、地鎮祭を行った際に「神主さん、名前をつけてください」と依頼されたので、建物に「いやさか」と命名しました。住む方たちがみなさん、「ますます栄えますように」と願いを込めてつけたんです。

一般の方はあまり馴染がないかもしれませんが、だからこそ耳に入ってくるというか、「なんだろう?」と不思議に感じる、一種のおまじないのような言葉に聞こえると思います。

◎「いやさか」を広めたい
「いやさか」という言葉は気に入っています。めでたい言葉ですし、ありきたりの言葉じゃないところも好きです。「ますます栄えますように」「みなさんが笑顔で健康で、そして幸せに過ごせますように」、そんなメッセージも素晴らしいなと。

せっかくこんなにいい言葉なのだから、広めたい、という気持ちもあります。

歌う神主・壮紫

Q.25 影響を受けたアーティストを教えて

音楽的に、単純に楽しくて刺激を受けたのはブルーノ・マーズです! ライブにも2回行きました。
活動の仕方は、「歌う神主」とはまったく異なるものなのですが、音楽に対する姿勢やスタイルが非常にかっこいいですし、尊敬に値しますね。

どこまでも自然体で、音楽を楽しんでいて、それがビジネスにつながっているところがすごいと思います。「歌う神主」にどう生かされるか、というのは謎ですけれども(笑)。

歌詞の世界観で言うと、森山直太朗さんの影響はかなり受けています。日本の心を感じるような歌詞が素敵ですよね。

Q.26 歌を通して伝えたいこととは?

私の音楽活動の大義名分は、神様事、神社事をもっともっと幅広く伝えていくことにあります。地道な音楽活動を通してみなさんに知っていただき、ゆくゆくは「神社=歌う神主」というイメージを持っていただけるように活動を続けていきたいですね。


壮紫さんのライブに行けば、身も心も清められるかも!?  「歌う神主」壮紫さんの美声を生で聴いてみたい! そう思った方はぜひライブ会場へ。
次回は、壮紫さんのプライベートが明らかに! 今ハマっているお菓子の話題で盛り上がります。

【続きは7月12日公開】お楽しみに!

歌う神主 壮紫
プロフィール
歌う神主 壮紫

代々神職の家系に生まれ、日々神様に御奉仕しながら音楽を通して神社や神様事を広めるため活動している。
2005年、神職に就く。2011年、音楽活動を開始。2016年10月、歌う神主壮紫に改名し同時に、専属バンドIyasakaを結成。
日本の美しい言葉である大和言葉を用い、神話に基づく楽曲を中心に、唯一無二の音楽を志す。
全国各地の神社やLIVE会場で活動。2016年 靖國神社、2017年 高麗神社での奉納LIVEも成功させた。
2017年10月に開局された八王子FMで、火曜日21時から55分間の番組「わたくし歌う神主壮紫と申します!」のパーソナリティを務める。

公式サイト歌う神主ホームページ
オフィシャルブログ:『わたくし歌う神主 壮紫と申します!』
Twitter:歌う神主@KAMUTSUKASA
Instagram:歌う神主 壮紫kamutsukasa

ライタープロフィール

さいとう りょうこ
いろいろな会社をわたり歩き、現在はなにかを書いたり編集したり。 占いサイトのパトロールが日課。目下の目標は「モテるおばさん」。 好きなものは、米、『美味しんぼ』、TBSラジオ。
記事一覧へ


 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

  • ディグラム・キハラ恋愛研究所
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • カレー沢薫「アクマの辞典」
  • ラブホスタッフ上野さんのダメ男子図鑑
  • 有村藍里×Hoshi「はじめての手相占い」
  • 石井ゆかりの星の相談室
  • ハンコ王子ロマくんの姓名判断レッスン
  • 木曜インタビューただし、イケメンに限る
  • ムンロ王子のシンデレラへの道
  • 雨宮まみの相談コーナー
  • 加藤まや 新月満月の占い
  • オレ様リーマンの非ジョーシキ恋愛入門

ランキング

人気のキーワード

  • 使えばもれなく開運!超運ダイアリー
  • 無料で占える!2018年の運勢
  • LINE@
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集