2018.05.31

結婚前のルールづくり、婚前契約書ってなに?〜「諦めを知らない男」弁護士・佐藤大和【木曜インタビュー、ただしイケメンに限る】vol.3

Loading

木曜インタビュー、ただしイケメンに限る

日々、忙しく過ごしていると身も心も疲れちゃいますよね。「もうしんどい」「何もしたくない」そんな女性のみなさんに最高の癒しのご褒美=イケメンのインタビューをお届けします。

しかも、そんじょそこらの、やわなイケメンではありません。登場するのは酸いも甘いも噛み分けた「大人のイケメン」ばかり!

毎週木曜日は、ココロニプロロ編集部が厳選したイケメンたちの人生や仕事・恋愛にまつわるお話に耳を傾けてみましょう。そこにはあなたの恋や仕事に活かせるヒントが隠れているかもしれません。

結婚前につくりたい!離婚も防ぐ「婚前契約書」

第4弾は、テレビでもご活躍の弁護士・佐藤大和さん。知的系イケメンの登場です。
知り合いの編集者の紹介でつながったのですが、お話ししているうちに、ココロニプロロで連載中のヒロシさんの顧問弁護士であることがわかり、びっくり!

しかも、同じくコラムを連載しているディグラム・キハラこと木原誠太郎さんとも仲良しなのだそう。いろいろご縁を感じてしまいました。

事務所を訪れた編集部スタッフは、佐藤さんの知性あふれる笑顔にキュン! そしてトークに大爆笑! その模様をお届けします!

Q.10 独立しようと思ったきっかけは? 弁護士で独立する人は多いのでしょうか?

仕事をしていく中で、改めて自分の夢を見つけ、それを実現するために独立しようと思ったんです。その夢が法教育です。子どもたちを加害者にも被害者にもさせないように、自分にできることをしたいなと。

独立する人は一定数いらっしゃいます。今は少なくなってきているかもしれませんが、もともと一人事務所が多い業界なんですよね。

ある程度、仕事を経験したら独立して、一人でやっていきたいと考える先生は多いんじゃないでしょうか。ただ、実は弁護士は食べられない職業になりつつあると言われているため、独立してもなかなか厳しいかな、と思います。

◎芸能人の権利を守る団体を立ち上げる
独立したときに、芸能人やその業界を目指す方からの相談が多かったんです。芸能界って幅が広くて、地下アイドルと呼ばれる方々とか、芸能人を目指す方たちが、性的な被害に遭ったり、多額の違約金を請求されたり、脅されたり、不当に搾取されていたり、という実態もあります。

そういう方たちは地位や立場とか弱いな、ってことに気づいたんですね。

そこで、「日本エンターテイナーライツ協会(ERA)」を発起人として立ち上げました。今、一生懸命がんばっているタレントさんや芸能事務所もたくさんあるので、そういう芸能人や事務所のスタッフの方々が、笑顔で一生懸命、夢を追いかけることができるような健全な芸能界を作っていきたいと思っています。

Q.11 ドラマの中の弁護士と実際の弁護士はやっぱり違う?同じ?

◎ドラマの監修とは?
ドラマの監修には、主にストーリー監修、台本監修、小道具監修、現場監修の4つがあります。
1つ目のストーリー監修は「佐藤先生、こういうふうに考えてるんですけど、法律的に間違ってませんか?」という、台本や脚本になる前からドラマのストーリーを確認するという監修。

2つ目の台本監修は、そこから台本や脚本に起こされた段階での監修です。3つ目は小道具監修。ドラマに出てくる訴状や書面など小道具の監修ですね。

4つ目は現場監修。俳優さんが法廷などでどう動くか、どうしゃべるか、専門用語のアクセントなども監修します。一見楽しそうな作業に見えますが、実はかなりハードな仕事で、法律ドラマをガッツリ監修するとエネルギーを持っていかれます(苦笑)。

◎ドラマと現実の違い
ドラマの場合はやっぱり、視聴者が面白いと思わなきゃいけないので、リアリティを意識しながら、あっと驚く展開や、大どんでん返しというのをすごく意識しますよね。でも、実際の弁護士の仕事では、大どんでん返しはそうそう起きないです(苦笑)。

あと、ドラマみたいにお金をかけられません。あるドラマのように、実際に刑事事件などで再現VTRを作るとしても、あんなに協力してくれないですよ。ドラマを見ていて「家の再現とかムリ!」って思いますね。土壇場で証拠が出てくる、なんてこともほとんどありませんし。

何より、実際の弁護士はもっと地味で裏方の仕事が多いです。地べたを這うような場合もありますし、そんなにかっこいい仕事ばっかりではないですね。

ただ、面白いこともたくさんあります。ドラマ以上にドラマ性のあるような事件も多いですよ。事実は小説より奇なりって言いますけど、ドラマチックな展開が待っていることもありますしね。まあ、それでも地味な仕事も圧倒的に多い…これが実際の弁護士ですかね。

それと、こんなことを言うと怒られるかもしれませんが、弁護士にはイケメンも美女もそんなにいません(笑)。普通です(笑)。弁護士もイケメン、検察官もイケメン、裁判官までイケメンなんてことは、そうそうないですよ。

Q.12 未婚の女性が弁護士に相談するといいことは?

相談案件で多いのは、結婚している方々だったら、浮気、不倫、離婚。あとは介護の問題の相談。ハラスメント、相続トラブル、労働に関する相談もよくあります。

僕自身、増やしていきたいなと思うのは「婚前契約」の仕事です。これから結婚する方々が、スムーズに結婚生活を営むために、弁護士に相談して結婚中のルールを決めましょう、と。

今、3組に1組は離婚すると言われているので、だったら別れるときに備えて、あらかじめルールを決めておいてもいいんじゃないかなって。逆に、ルールがあることによって、夫婦仲良く過ごせる場合も多いんですよ。

◎婚前契約書の内容って?
「家事の分担」「浮気の慰謝料の金額」「飲み会は一週間に何回か」「お小遣いの金額はいくら」「育児の分担」「親との同居」とか、そういうのを定めることが多いです。もちろんそれが理不尽な内容ではダメですし、内容によっては、法律上、有効か無効かなどあるのですが、結婚前にいろいろとルールを決めておくんです。

あと、結婚前に財産を明確に分けることもオススメしています。結婚前の財産はこれで、この分は離婚するときも自分の財産ですよ、とちゃんと言えるようにするわけです。

結婚前と結婚後の財産を明確に分けないことによって、財産がごちゃごちゃになってしまい、離婚するときにもめるケースが非常に多いんです。

喧嘩をしたり離婚の話し合いをしたりするときって、もうお互いに嫌いなんですよ。感情的になるので、そこからルールづくりをするのは、かなり難しいです。だから、仲がいいときにルールを決めておくといいと思いますね。

仲がいいときに喧嘩や離婚の想定をしておくからいいんです!人間って愛が深ければ深いほど憎しみが強くなり、会いたくない、もう顔も見たくないってなります。

一番仲がいいときほど、お互いに余裕があるから、相手を思いやったルールづくりができるんですよ。そのほうが女性側にもメリットが大きいです!

だから僕は女性側のメリットを考えるんだったら、結婚するときに婚前契約で自分たちに少しでも有利なようにつくっておいたほうがいいと思います(笑)。

Q.13 仕事のストレスはどう発散しているの?

漫画を読むこと、アニメを見ること、たまに限界まで食べること。食べることもストレス発散になりつつあるから体重が減らないんです…。この取材、「イケメン企画」って言われてるのに(泣)。

最近は旅行をするのもひとつのストレス発散法になっていますね。この間は青森に行って、先日は広島に行って。気の許せる友だちや仲間と、行ったことのない所で現地のおいしいものを食べる! これが一番ですね。

Q.14 弁護士になっていなかったら、今何をしていると思いますか?

何をしてるんでしょうね。自分は法学部ではなく、三重大学の人文学部だったので、あのままいけば、どこかの金融機関に入るか公務員になるか、そんな感じかな。

ただ僕は、社会不適合者ではないとは思いますが、間違いなく会社不適合者なんですよ(苦笑)。司法修習生のときも思いましたけど、自分がリーダーではない場合の集団行動がとにかく苦手なんですよね。

僕がなぜ大学からブレイクしたかというと、高校時代も含めて、学校や組織の中で生活ができないんです。

大学だと自分で授業を選択できるじゃないですか。自由があるんですよ。だから大学で一気に能力を解放できたんですよ。となると、弁護士になってなかったとしても、おそらくどこかに勤めても、辞めて起業しているかもしれませんね。

経営者をやってる可能性が高いです。ラーメン屋さんかな?(笑)


女性側にメリットがある「婚前契約書」は、つくっておいて損はないはず。結婚を控えている方はぜひとも佐藤さんにご相談してみましょう。

次回は、佐藤さんのプライベートに迫ります! 仕事運はアップするけど恋愛運がゼロになるパワースポットのお話は必見です。


プロフィール
佐藤大和

レイ法律事務所代表弁護士。東京弁護士会所属。弁護士、事務所経営をしながら、「バイキング」(フジテレビ)、「モーニングCROSS」(MXテレビ)など、テレビ、ラジオ、雑誌など多くのメディアに出演。また「リーガルハイ」(フジテレビ)、「緊急取調室」(テレビ朝日)などの人気ドラマ監修も手がける。日本弁護士連合会「市民のための法教育委員会」、厚生労働省「労働法教育に関する支援対策事業」教材作成委員などに携わり、法教育活動にも力を入れている。2017年には「日本エンターテイナーライツ協会(ERA)」を立ち上げ、共同代表理事を務める。著書に、『ずるい暗記術-偏差値30から司法試験に一発合格できた勉強法』(ダイヤモンド社)、『弁護士だけが知っている ムダにモメない33の方法』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『二階堂弁護士は今日も仕事がない』(原作、マイナビ出版)などがある。

レイ法律事務所ホームページ
佐藤大和twitter

ライタープロフィール

さいとう りょうこ
いろいろな会社をわたり歩き、現在はなにかを書いたり編集したり。 占いサイトのパトロールが日課。目下の目標は「モテるおばさん」。 好きなものは、米、『美味しんぼ』、TBSラジオ。
記事一覧へ


 

この記事の関連キーワード

今日の恋愛予報 12星座ランキング

  • 文月悠光 12星座の恋愛詩
  • ディグラム・キハラ恋愛研究所
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • カレー沢薫「アクマの辞典」
  • ラブホスタッフ上野さんのダメ男子図鑑
  • 有村藍里×Hoshi「はじめての手相占い」
  • 辛酸なめ子の なめココロ
  • 【五行でパワーチャージレッスン】連載一覧
  • 木曜インタビューただし、イケメンに限る
  • ムンロ王子のシンデレラへの道
  • 雨宮まみの相談コーナー
  • 加藤まや 新月満月の占い

ランキング

人気のキーワード

  • 使えばもれなく開運!超運ダイアリー
  • LINE@
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集