モテない男は青い服を着ている!?モテ・非モテ男女の意外な共通点…『カラテカ入江×ディグラム・キハラ対談 大人の恋愛の始め方』vol.2

Loading

合コン3000回以上、数々の男女の出会いに立ち会ってきたお笑い芸人のカラテカ・入江慎也さんをお招きし、ディグラム・キハラこと木原誠太郎さんとの「大人の恋愛の始め方、良い出会いを引き寄せる方法」にまつわるスペシャル対談をお届けします。

<<vol.1はこちら

第2弾は、新しい出会いのカタチや、入江さんから見たモテるタイプ、木原さんのデータより導き出したモテる波形のタイプなどなど、盛りだくさんでお届けします。入江さんによる「合コンで気をつけること」についてのアドバイスも見逃せませんよ!

現在の合コン事情

――そもそも、入江さんが合コンを3000回以上も開催したきっかけって何だったのでしょうか?

入江:きっかけは、単純に先輩に「女の子の知り合い多いなら、紹介してや!」って言われたことですね。自分でも合コンをやってましたが、その頃は若手だったから、先輩方のために必死で合コンをセッティングしてました。
それが先輩の目に留まって「おもしろいから番組に使ってやるよ」という話になりまして。そこから『やりすぎコージー』とかで特集していただくようになったんです。で、知らない間に合コンキャラクターができてたんですよね。
(相方の)矢部が先にテレビに出てたので、僕はどうやって名前を覚えてもらったらいいかな?と考えたときに、プライベートしかないと思ったんです。
それで、ひたすら先輩方と飲みに行き続けたのが、今から7~8年間ですかね。いわゆる合コンを開催してたのはもっと若いときでした。
後半はビジネスみたいな感じになってて「この女の子、口かたいかな?」とか考えながらやってました。今は合コンは全然やってません。合コンというカタチ自体、最近はやる人が少ないんじゃないですかね。

木原:そうですね。

入江:相席屋とかパブリックスタンドとか、タップル(恋活サービス)とか。待ち合わせして、店を予約してという文化が、ほぼなくなりましたよね。

木原:確かに。この5年くらいで、かなり減少したんじゃないですかね。

入江:今、流行ってるのが、僕は利用したことないけど、ギャラ飲みアプリの「LION」かな。これは一種のマッチングアプリなのですが、飲みの席に女の子を呼ぶと来てくれるんです。
例えば、木原さんと2人で飲むときにリクエストすると、30分以内に女の子が2人来る。その子たちに7000円くらい払って、一緒に飲むというシステムです。こういうサービスがあると、わざわざ合コンをやる理由がないんですよね。
聞いた話だと、絶対にかわいい子が来るらしいです。OLだったり、学生だったりのかわいい女の子たちが登録してて、どっかで待機してるんですかね。たぶん港区あたりに。

木原:港区女子(笑)!

入江:みんな結構、使ってるみたいです。

木原:聞きますよね。それか婚活かの二極化です。

入江:待ち合わせして「合コンしよう」って死語ではないですけど、まず聞かないですよね。「飲み会しよう」「飯会しよう」はあるけど。

木原:いいデータがあります!実は「合コン」という言葉の認知率が下がってるんですよ。20代の子たちは「合コン」という言葉を使いたがらないんですね。
中身は「合コン」なんだけど、「飲み会」って言ってるらしいです。「○○ちゃんと飲むから来ない?」って。行ってみれば、結局は4対4で、場所も合コンに長けてる飲み屋さんだったりするのですが。

入江:日々、メチャクチャ進化してるんだなと思います。次々に新しいものが生まれてます。

木原:昔のいわゆる出会い系とは違う、本当の意味での出会いというか。そういうのが増えてきているんじゃないかなと思いますね。

モテ男の好きな色、非モテの好きな色

木原:あれから恋愛、結婚・離婚も含めてリサーチを続け、データがどんどん進化してるんですけど、見てみます?
異性にモテる人は、いったいどういう行動を取ってるか、とかデータベースにためてるんですよ。

入江:そうなんですか。面白いですね。

木原:例えばの話、女性にモテる男性の好きな色って何色だと思います?

入江:勝手なイメージですけど、僕の周りだと黒!

木原:まさに、その通りです!

入江:役者さんとかモテる奴って、派手な服着てねーな、と思って。

木原:黒とグレーが一番多いんですよ。

入江:そうなんだ。(雨上がり決死隊の)宮迫さん、今田(耕司)さん…モテる人は全身、黒ですもんね。イケメンの役者さんも、黒でバッグ持ってない、みたいな。

木原:確かに(笑)。それにしても本当に、入江さんはデータを見なくても全部、経験でわかってる人なんですよね。
入江さんに対して僕のデータの問題解決方法は、はっきり言って必要ないんです。僕らは一緒に、そういう情報が足りない人たちに向けて何かやるべきだと思います。感覚で黒ってわかるってすごいことなんですよ。

入江:やっぱり、経験から来る直感は合ってるんですね!

木原:合ってます、合ってます。僕らは科学者であり、データマンなので、そのあたりを1個1個、確認していってるんですよ。「黒だと思う」「本当だな?」って。
では入江さん、逆にモテないのは何色かわかります?

入江:難しいな。わかんないけど、青!

木原:そう! 青、水色です。

入江:3人ぐらい頭に浮かんだんですよ。モテないなって方が青を着てるんだよな〜。

木原:青の中でもビビッドな青はモテません。色を選ばせたことがあって…。

入江:へぇ~。僕、伊達に人に会ってきてないですね。

木原:そうですね。僕らも何100ケースもの婚活・恋活のイベントをやってきたので、合コンでも、「この人モテない」みたいな選球眼はそれなりに磨かれてると思います。いろんな人と会ったお陰で、性格診断をやらずに服装を見ただけでも、モテるかモテないかがだいたいわかるようになりました。
だからと言って「青い服を着て来るな」というわけではないけど、その傾向が多いというのは事実です。やっぱり、打席に立てば立つほどデータがたまっていくんですね。
入江さんは定性情報(※1)のカタマリなんですよ。一方、僕は定量情報(※2)をしこたま持ってるので、そのデータを全部披露しようと思ってたんですけど、お見せするまでもないですね(笑)。

入江:いやいや。たまたまです。

モテる男性、モテる女性とは?

木原:入江さんも著書に書かれてたと思うんですけど、合コンとか飲み会とか、仕切りが上手な男性は仕事もできますよね。

入江:はい。営業として、上りつめていくと思います。

木原:これはもう間違いないですね。データで見てもそうなっています。自分がどう見られてるか、どう見せたいかがしっかりしている人がやっぱりモテるんです。モテるからと言って、遊び人になるかならないかはまた別問題ですが。「男性のモテる」はそんな感じです。
「女性のモテる」は毛色が違います。女性のモテるというのは、野球にたとえると「受け手」。ちゃんと話を聞いて打ち返してくれる女性のほうがモテますね。
話し方の傾向としては、口で話すよりも目で会話してる人のほうがモテる、というのが最近のデータで出ています。

――入江さんから見たモテる女性は、どんな方ですか?

入江:人の名前を覚えるのが早い人。前に飲み会に来た女の子で、テレビに出てない後輩でも、すぐに名前を覚えて「○○さん、飲みます?」とか声をかけてた子がいたんですね。
その帰り道、後輩が「あの子、僕の名前を覚えてくれましたよ!」って報告してきて「完全に心を持っていかれてるじゃないか」って言ってました(笑)。

木原:いいですね。

入江:あと、よく笑う人は一番モテると思います。笑ってくれないと、こっちはどうしようもないので。笑う子、めちゃくちゃ明るい子はやっぱりモテますよね。

木原:そこは心理をついていると思います。波形で言うと、それができるのは「M型」「N型」の2タイプ。ちゃんと周りの空気を読みながら、自分も楽しんで、心から笑っている人ですよね。目が死んでないんです(笑)。

入江:飲み会でね、「そこそこの暗いブス、大っ嫌い」って言うと超ウケるんですよ。女の子あるあるなんでしょうね。明るいブスと、暗くてかわいい子なら、明るいブスのほうがモテるんです。
もちろん、めちゃくちゃかわいかったら別ですよ。見た目が石原さとみだったら、暗くてもモテると思うんですけど、そこそこくらいだったら、やっぱり明るい子のほうが強いです。

木原:なるほど。

入江:あと、よく食べる子はモテます。目の前に料理があるのに全然食べないより、「おいし~」って食べるほうが感じがいいし、絶対モテます。おごり甲斐もあるし。

木原:それは新しいですね。今度データを取ります(笑)。それって企業の接待にも通じますよね。

入江:ええ。もう一つ、モテるっていうのとは違うかもしれないけど、僕、スッて答える子が好きなんですよね。才能も感じます。
「歳いくつ?」って聞いたらすぐに「32」とか答える子。「そういうの聞くの失礼!」「いくつだと思う?」みたいなのはいりません。ポンポン答えてくれる子のほうがモテると思います。

木原:そのタイプは「台形型」という性格ですね。一番モテる女性のタイプです。ちゃんと場の空気を読みながら、行動できる合理的なタイプ。しかも結婚後も、家庭と仕事を両立するのが得意な女性の波形なので、単に出会うだけじゃなくて、後々のことを考えても魅力的です。

――反対に、モテる男性の波形は?

木原:もちろん人によって好みはありますが、初期の入江さんの「M型」はすごくモテるし、2回目に診断したときの「ACボトム型」という経営者に多い波形もモテます。
最近、20代でモテる傾向に多いのは、女性っぽい性格の人ですね。草食まではいかないんですけど、オラオラしてなくて、ちゃんと話を聞いてくれる人。この5年くらいで、女性のほうが強くなってきているんですね。
女性でも意見を言う人が増えているから、それをちゃんと受け止めてくれる男性はモテる傾向にあります。

合コンで出会って結婚できる?

――入江さん主催の合コンで、結婚に至ったカップルはいましたか?

入江:いますよ。どれくらいはわからないけど、地元の友だちとかは僕が紹介して結婚してますね。把握しているのは3組くらいですけど、もっといるかもしれません。

――合コンは出会いの場としてアリですか?ナシですか?

入江:アリですね。

木原:僕もいいと思います。合コンって、相手の人となりがわかるので。最初の5秒で印象の7割くらいが決まるし、いい人か悪い人か一発でわかります。
例えば合コンのときに、ちゃんと食べてなかったとか、質問にちゃんと答えてくれなかった、というのは、やっぱり印象が悪いですよね。そういうのがわかる場所があるのは大事かな、と思います。

――恋愛や人生に行き詰まり気味のアラサー女子が合コンや飲み会で出会いたいなら、どんなことに気をつけるといいですか?

入江:昔の自分を捨ててほしいですね。「昔はモテてた」感を出して来られたら、一番キツいです。

木原:(爆笑)

入江:「お前なんて相手にしてねーよ」って思っちゃいます。元レースクイーンの人とか、若い頃モテてたみたいで、アラサーなのに昔の感覚のままで来るんですよ。
周りはもう、そういう目で見てないから、昔は捨ててほしいなと思いますね。仲良くしてる社長さんたちも言いますもん。「あの子たち、昔はタクシー代もらってたかもしれないけど、正直、払いたくない」って。

木原:(笑)

入江:年齢や置かれた状況によって、キャラクターを変えないとダメですね。アラサーなら、アラサーの自分として接してくれないと、相手はつらいですよ。
言葉は悪いけど、売れなくなったのに、ずっと売れてる感じで来られたら、「今のお前はそうじゃないだろ」って思うじゃないですか。そこは改心してもらわないと。

木原:そういう派手な過去を持つ女性じゃなくて、一般的なアラサーくらいの女性に関して言うと、出会いの場では着飾らないほうがいいです。今は、しゃべりがうまい人が、全員、合コンで成功するってわけでもないので。僕は、しゃべらない合コンや飲み会があってもいいと思います。
僕たちの役割は、その人たちに「着飾らない、そのままが魅力的なんだ」って宣言して、「それでもいいんだ」と思わせてあげることなのかなと。
自分のことがわかれば、急に道が開けるので。過去のものじゃなくて今の自分。そのほうがよっぽど魅力的に映るんですよね。

入江:そうですね。そっちのほうがいいと思います。

モテない人ほど理想が高い!

入江:今、こじらせてる女性を何人か思い浮かべたんですけど、みなさん理想が高いですね。

木原:あー。そのタイプ、結構います。

入江:めっちゃイケメン好きですよ。こっちが紹介しようとしても、ことごとく気に入らないんです。
知り合いに「入江くん、この子に誰か紹介してあげてよ」って言われて、35歳のきれいな女性と会ったんですけど、その子、相手に求める条件が異常に高いんですよ。

木原:急に俳優さんの名前が出たり?

入江:それもあるし、年収だったりとか。難しいですよね。僕、仕事で、モテない男をプロデュースするというのもやってるんですけど、その男たちも、みんな理想が高いんですよ。「有村架純が好き」とか平気で言うんです。

木原:(爆笑)

入江:そういうモテない人は、男女とも、理想がめちゃくちゃ高いところは一緒なんです。「夢は捨てたくないっス」みたいな。いやいや現実見ろよ! かわいい子と付き合うのはまず無理だからって。
結局、みんな理想を追ってるんですよね。アドバイスというと偉そうですけど、そういう方は相手の条件や顔ではなく、性格や趣味を見ることを考えたらいいのになって思います。
例えば、釣りが好きだったら、趣味が釣りの方となら合うかもしれないし、ごはんが好きなら、ごはんに詳しい人と出会ったらうまくいくかもしれないし。一回、昔の自分を置いておいたほうがいいんじゃないかなと思います。

木原:完全にリサーチャー(笑)。コンサル兼ねてますね!


よく笑い、よく食べ、即回答。これって、すぐに実践できそうだと思いませんか? 合コンにかぎらず、日常から取り入れてみると、自然にモテ女子になれるかも!?

次回は入江さん流、合コンで使えるテクニックをアドバイスしていただきます。


※1 定性情報…数値化できない定量情報以外の情報
※2 定量情報…数値化でき、集計・分析が可能な情報

入江慎也

お笑いコンビ「カラテカ」のツッコミ担当。芸人界にとどまらず、アーティスト、俳優、相撲界など交友関係が広いことで知られ、その社交性を活かし、『後輩力』『人脈力』等、人間関係をテーマにした書籍も多数出版。現在は、お笑いコンビとしての活動に加え、誰とでも良好な人間関係を築けるコミュニケーションやその能力を活かした営業術についての講演などで広く活躍中。著書に『入江式 のしあがる力(ちから。)』(ゴマブックス)、『夢をかなえる営業力』(国際語学社)、『社長が落ちる接待力』(双葉社)などがある。

カラテカ入江の合コン用語辞典(日之出出版)

■新刊情報

入江式 のしあがる力(ちから。)(ゴマブックス)


木原誠太郎(ディグラム・ラボ所長)

■オフィシャルサイト
木原誠太郎のディグラム診断

「ディグラム・ラボ」代表。電通やミクシィでマーケティング部門を担当したのちに2013年に独立。心理学と統計学をもとにした性格診断ツール「ディグラム」は、1400万人のデータなどをもとに独自に開発されたプログラムで、これを用いたカウンセリングには、専門家からの評価も高い。最近では、テレビ出演や書籍の出版、企業とのコラボレーションなど幅広く活動を行っている。

■著書
・『1400万人の新ディグラム性格診断』(ポプラ社)
・『ディグラム性格診断〜本当の自分と相性をズバリ解明!』(ポプラ社)
・『焼き肉屋で最初にタンを注文する女は合コンでモテる!―ディグラム分析でわかる恋愛・結婚の法則』(朝日新聞出版)

『占いを科学する!!! 完全版 最強のエレメント占い』(主婦の友社刊)

『47都道府県格差』(幻冬舎新書)

ライタープロフィール

さいとう りょうこ
いろいろな会社をわたり歩き、現在はなにかを書いたり編集したり。 占いサイトのパトロールが日課。目下の目標は「モテるおばさん」。 好きなものは、米、『美味しんぼ』、TBSラジオ。
記事一覧へ


 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

  • ディグラム・キハラ恋愛研究所
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • カレー沢薫「アクマの辞典」
  • ラブホスタッフ上野さんのダメ男子図鑑
  • 柴田淳の恋愛コラム
  • 石井ゆかりの星の相談室
  • ハンコ王子ロマくんの姓名判断レッスン
  • 木曜インタビューただし、イケメンに限る
  • ムンロ王子のシンデレラへの道
  • 雨宮まみの相談コーナー
  • 加藤まや 新月満月の占い
  • オレ様リーマンの非ジョーシキ恋愛入門

ランキング

人気のキーワード

  • 使えばもれなく開運!超運ダイアリー
  • 無料で占える!2018年の運勢
  • LINE@
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集