2015.01.07

2015年は引っ越しにツキあり! 「東南」の物件が幸運を呼ぶ

choun-hikoshi

 2015年、引っ越しの計画を立てているあなたに、オススメの方位・引っ越しの秘訣を「奇門遁甲(きもんとんこう)」第一人者の昇龍先生に教えていただきました。中国で4000年前に生まれた「奇門遁甲」は、地上の気の流れを読み、その時々の吉方位、凶方位を導き出す、万人に共通する方位学です。古代中国では、諸葛孔明が軍略を立てるために用いたといわれています。

2015年は引っ越しにツキあり!

 2015年は、強い意志はあってもくじけやすく、全般的にあまり活動的ではない1年になりそうな星回りです。キーワードは「準備」と「研究」、そして「邁進」。今、やるべきことにしっかり取り組み、目標に向けて準備を重ねることが大切です。周りがマイホームを持ったり、引っ越しをしたりすると焦ったりして気になるところですが、コツコツ、マイペースでいくこと。引っ越しの計画も無理をしないよう、慎重に。

 とはいっても、2015年は不動産にツキがある年なので、引っ越しには好機到来です。以前からマイホームの購入を検討していた人、家計にゆとりがある人は進めていいでしょう。ただし掘り出し物に飛びつくなど、無計画な行動はつつしみましょう。長期の計画や目標を立てて、そこに向かって突き進むことが大切です。

東南への移動が幸運を呼ぶ

 2015年の開運方位は、一番が「東南」、次いで「東北」です。逆にNGの凶方位としては「西」、次いで「東」「西北」です。物件としては北側が樹木やほかの建物で隠れていて、南側が開けている立地が理想的です。特に玄関は重要で、なるべく北向きではないほうがいいですね。マンションは建物自体の入り口と、自宅の玄関の向きが違う場合がありますが、建物全体の入り口が大切。もちろん、自分の部屋の入り口も北向きは避けたほうがいいでしょう。

引っ越し先では地元の氏神さまにごあいさつを!

 2015年、引っ越し先で花や植物を飾るのが運気アップにつながります。観葉植物や生花を飾りましょう。また、鏡はドアの正面に置くのはNG。入り口の左右や部屋の奥のほうに置くように。引っ越し先が今まで住んでいた地域と異なる場合は、これから住むその土地を鎮守してくれる「氏神さま」にごあいさつすることが大切です。氏神さまはあなたの日頃の暮らしを見守ってくれる大切な存在です。できれば月に1回はその神社に参拝しましょう。開運とともに、心の平安を得られますよ。

 2015年は、むやみに進むより、慎重に下準備を重ね、目標を決めて、幸運を得られる方位に向けて、マイペースで進んでいくのが最良の行動といえそうですね。「あの時やっておいてよかった」と思える時がきっとくるでしょう!
昇龍

■占い師:昇龍

昇龍,超運占い
父は中国人医師、母は運命鑑定の第一人者翠真佑。中国の皇帝のみが使用した秘伝占術・奇門遁甲唯一の継承者。若手占術家として最も期待され、抜群の的中率を誇る。現在TVや雑誌、ウェブと幅広く活躍している。

詳しく見る>>

公式サイト

  • 昇龍,超運占い
    恋とお金を手に入れたい方必見!古来中国より伝わる伝説の秘術・奇門遁甲が恋とお金に悩む女性達を徹底サポート。日本でただ一人の奇門遁甲正統後継者プリンス昇龍が、あなたを「勝ち組」へと導きます。