2015.01.04

2015年に始めたいプチ風水 玄関に観葉植物飾ってラッキーを招こう

choun-puchihusui

 いい環境が幸せにつながるという考え方から、風水は「幸せになるための環境学」と言われます。では2015年の運気を上げる風水とは? 風水建築デザイナーであり由美里風水塾塾長の直居由美里先生にお伺いしました。

「風」と「水」の流れを整えて幸せを作るのが風水

 風水は読んで字のごとく「風」と「水」をあらわします。風は「気」の流れやエネルギーの流れなど目に見えないものから、肌で感じる空気の流れ。水は雨をはじめ自然界のすべての水のこと。私たちにとって空気(風)と水はなくてはならないものです。これらが満たされた気持ちのいい空間にいると人は幸せを感じます。

 風水では、運は「気」です。風通しが悪ければ息詰まり、水が滞れば腐ってしまいます。ですから部屋にいいエネルギー(気)を入れて循環させましょう。それが運気を上げるコツです。

2015年は部屋に「観葉植物」を飾るとラッキーを招く

 九星では2015年は三碧木星の年に当たりますから、「木」に着目すると開運します。三碧木星の「木」は、広い自然の中で林や森のように雄々しく立ち並ぶ木々ではなく、人の手で大切に守られ、愛でられる「花」や「観葉植物」のような木を指します。

 三碧木星の年は「新規」の物ごとにスポットが当たる年。新しい発想でいろいろな発見や情報が行き交ういい年ですから、お部屋にキレイな花や観賞植物を飾ってラッキーをたくさん取り込みましょう。

玄関の内側には「丸い葉の観葉植物」をペアで置く

 ぜひ玄関の内側に飾っていただきたいのが、葉っぱが丸い観葉植物。いい気を育ててくれるアイテムです。たとえば「ポトス」や「ベンジャミン」「パキラ」などがいいですね。そして飾る際には、玄関の両脇に同じグリーンを同じ大きさで配すること。神社の狛犬のようにドアをはさんでシンメトリーに置くのが開運力を高めるヒケツです。

 一方で、玄関の外側には、葉っぱのとがっているものを置くといいでしょう。「オリヅルラン」や「サンスベリア」はオススメです。とがった葉は悪いものをはね返してくれるアイテム。これらは、「いいものはドアの中に入れて、悪いものはドアの外ではね返す」という縁起の風水です。

玄関にドアベルをつけ、部屋をいい気で満たして

 玄関といえば、三碧木星の年にピッタリのオススメ風水がもうひとつ。三碧木星は「音」に縁のある年でもありますから、柔らかい音色のドアベルをつけるのがオススメです。

 まず、気の入口である玄関は常に掃除を心がけ、キレイに保ってください。そして観葉植物を飾り、心地いい音が響く空間を作りましょう。そうして清々しい気が満ちるようになった玄関は、幸せな運をたっぷり運んでくれるものです。

「音楽」をインテリアの一部として意識する

 音に縁のある2015年は、特に音楽をインテリアの一部として意識するとより多くの幸せを招きます。たとえばリビングにはお気に入りの音楽やイージーリスニングを流しておくと、いい気の循環になります。その空間でオススメしたいのが、ひなたぼっこ! 三碧木星は東の方位が定位置なので、昇る太陽をあらわす星です。さらに午前中がラッキーな時間帯に当たるので、お天気のいい日の午前中はのんびりとひなたぼっこをしましょう。

 幸せを呼び込むには、自分自身を開運体質にするのがとても大事なこと。いい音色に包まれてリラックスすれば、身体中に開運の気を取り込めます。いい運はいい気に招かれますから、まずあなたがいい気に満たされましょう。
直居由美里

■風水建築デザイナー:直居由美里

直居由美里,超運占い
風水建築デザイナー。由美里風水塾塾長。「ユミリープランニングスペース」代表。「風水は環境学」として、風水・家相学などを30年にわたり研究し、独自の「ユミリー風水」を確立。企業のコンサルタントとしても活躍中。

詳しく見る>>

公式サイト

  • 直居由美里,超運占い
    学問として風水・家相学などを30年にわたり研究し、独自に確立させたユミリー風水。芸能人や各界セレブに多数のファンを持つ風水建築デザイナー直居ユミリーが、あなたにぴったりの風水を教えます。