2013.11.23

あなたもなれる!男ウケだけじゃない“全方位モテ女”【恋占ニュース】

Loading
new_482

不特定多数の男性にちやほやされたいのか、少数精鋭の男性に深く愛されたいのか…そこは人それぞれですが、どんな女性も、人生で一度は思いきりモテてみたいと妄想するのではないでしょうか。

なぜ人はモテたいのか。それは生物の本能として、複数の異性からアプローチされれば、その中で一番魅力的な人を選ぶことができるから。最終的には一人の男性と結ばれたいと考えていても、選択肢が多いほうが、その分だけ自分の理想に近い人に出会う機会が増えるから。ということなのだそうです。

若い頃にモテて調子に乗ってそれで終わり…では悲しすぎるけれど、ある程度モテた結果、自分にとって最高の男性と結ばれたら、きっととても幸せですよね。

20~30代の女性たちのお話をもとに、本当にモテるにはどんなことに心がければいいのか、を検討してみたいと思います。

【結局、本当にモテるには何をすればいい?】

■料理上手はやっぱりモテる?
『料理ができる子は、やっぱり男子ウケがいいと思います。合コンで同僚のAさんが「料理教室に通ってる」と話したら、男性陣が食いついて「得意料理は?」「彼氏ができたら何を作る?」と聞かれていました。普段ランチでよくコンビニ弁当を食べてる姿を知ってるわたしとしては、ちょっと納得できなかったですが。
一方、毎日、会社に手作りのお弁当を持ってくる後輩のMさんは、社内の男性に「家庭的でいい」「俺も作ってほしい」と密かにモテています。』(29歳・エンジニア)

――こちらはモテの王道という感じですね。Aさんみたいに料理上手を公言するのもいいけれど、それで想像したほどおいしくない…とか言われたら残念なので、Mさんのように毎日コツコツお弁当を作るほうがいいのかも。
男女共に良い印象を持ってもらえるうえに、健康にもいいし、実際に料理の腕も上がるだろうし。一石二鳥、三鳥のモテ技と言えそうです。

■趣味が多いとモテる?
『友達のSはとにかく多趣味で、ありとあらゆることに広く浅く手を出しているので、知り合った男性と趣味の話ですぐに意気投合できます。
どれもそこまで深く語れるわけではありませんが、お菓子作りなど女の子らしい趣味のほか、洋楽やお酒、サッカー、格闘技、ゲーム、車、ダイビングと男性が好きそうなことについても一通り知識と経験があるため、男友達のような感覚で近づき、気づいたら恋人未満ぐらいになっているということがよくあります。
以前は「男性にモテるためのネタ作り」っぽくていやだなと思っていたのですが、何度か会ううちに、私が良いと言った映画をすぐに見たり、おいしいと教えたお店にすぐ行ったりしたことがわかり、よく言えば好奇心旺盛、悪く言えば影響を受けやすい人だということがわかりました。
自分が無い?という感じもしますが、何でも吸収しようとする行動力はすごいなと感心しています。』(30歳・公務員)

――話題の守備範囲が広い人は確かに魅力的。Sさんの場合はどの趣味もそれほど詳しくないので、男性に「俺のほうが詳しいから教えてあげられる」という満足感を与えられ、それもモテ要素になっているのかもしれません。
ただ、男性の目を意識した感じの趣味があまりにも多いと、周りの女性に「またモテ狙い?」と引かれてしまう場合もあるようですね。
数ある趣味のうち、一つでもいいので本当に深く語ることができるようになり、プラスαでいろいろなことを知っていたら、同性にもモテる女性になれるのではないでしょうか。

■ファッションに気を遣うとモテる?
『職場では上品で清潔感のある服装をしていると、男女ともにウケがいいと思います。デザインや着回しなどトレンドは押さえているけれど、嫌味がなく目立ち過ぎないシックなワンピースやカーディガンを着ていれば、男性からの評判もいいし、女性の上司にも目をつけられることがありません。』(25歳・事務)

『同僚のNちゃんは、男ウケするファッションやメイクについてはプロ級の腕前。外資系の合コンにはこの服装、デキる上司とご飯に行くならこのメイクなど、各系統の男性にウケる外見作りを研究しまくっています。
もちろんボディライン磨きやお肌のケアも怠りません。当初は周りの女子は冷めた目で見ていましたが、性格的にはサバサバした面白い子なので、最近は彼女を“師匠”と呼び、メイクやヘアアレンジを教えてもらっている人もいます。』(32歳・営業)

――こちらの2人のお話に共通するのは、TPOに合わせたファッション感覚を持っているのが大事ということみたいです。男性の目だけを気にしていると女性を敵に回しそうですが、Nさんのようにその知識を惜しげなく他の人にも教えてあげる女性は、ライバルではなく尊敬の対象になり得るんですね。

男ウケがいい人、及び、男女両方にモテる人のエピソードを紹介しましたが、この他に、“女にのみモテる”タイプの女性というのもいます。そういう人って、それはそれで残念ですが、友達として付き合うには楽でいいですよね。

彼氏を作るのだけが望みなら男ウケのみ狙うのもいいかもしれないけれど、せっかくなら男性からも女性からも同じように好かれたいもの。
今回ご紹介した意見を見て、みんなからの好感を得るには「誰かの目がある時だけ」でなく、日常のちょっとしたことにも手を抜かず、丁寧に暮らすことが大切らしい、という印象を受けました。

“全方位モテ”って言葉を聞くと難しそうですが、実はほんの少しの心がけでそんな女性になれるのかも!?
わたしもクリスマスに向けて、“全方位モテ”を目指してみようと思います。
みなさんもご一緒にいかがでしょうか?

(文=なつみかん)


 【PR】 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 2017年上半期の占い
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集