月の満ち欠けと恋愛の関係って!?~明日の新月はソウルメイトを見定められるタイミング?【恋占ニュース】

Loading
news_461

明日は新月ですね。
新月から満月は、文字通り月が満ちていくとき。この期間は新しいことをスタートさせたり、情報を集めたり、何かを積み上げたりするのに適していると言われています。

占星学研究家の黒澤美姫さんによると、蠍座(10月24日~11月21日頃)の新月は「セックスパートナー」「ソウルメイト」「力づけ」を意味するそうです。
自分にとって本当に大切な人は誰なのかをしっかりと見定めるべき時期、ということなのかもしれません。

先日、付き合って2年になる彼氏がいるという女性(28歳)からこんな話を聞きました。

「彼は普段は優しいのですが、どこか冷たいところがあって、怒ると残酷な言葉をぶつけてきます。また、頭の回転が早いので喧嘩すると言いくるめられ、原因は彼にあってもいつも私が謝るはめに。
そんな私の愚痴や泣き言を聞き続けてくれたMくんという男友達がいます。たまに電話する程度ですが、いつも黙って話を聞き、温かい言葉をかけてくれます。Mくんとは長い付き合いで恋愛感情は一切ありませんでしたが、この前、ドライブ中に彼氏と喧嘩になり、知らない街で車から降ろされたとき、Mくんの顔が浮かびました。
彼氏のことは好きだけど、一緒にいても幸せにはなれない気がします。彼と別れ、Mくんにこれまでの感謝の気持ちを込めてアプローチするべきでしょうか。」

この彼女に、蠍座の新月からのメッセージを教えてあげようと思います。
みなさんも誰(何)を選ぶのが、自分にとって一番良いのかをじっくりと考えてみてはいかがでしょうか。

黒澤美姫さんが監修するモバイルサイト「月と太陽」では、月や星にまつわるコラムを多数公開中。その中から、月の満ち欠けと“出会い”や“恋愛”についてのコラムをご紹介します。

■月の満ち欠けと出会いのタイミング
新月から満月までは「満たす」のに良いとき。この期間に出会いがあったなら、それは2人で共に新しいストーリーを描き、歴史を重ねていくといいよ…という天からのメッセージかもしれません。
反対に満月を迎えた月が次の新月に向かう時期は、物事の取捨選択にふさわしいとき。その時期に出会いがあったのなら、お互いに欠けているところを補い合う関係になれるよ…と示唆してくれているのかも。お互いの能力を認め合い、力を合わせることで上手くいくでしょう。
ハネムーンやフルムーンなどと表現されるように、昔からお月さまは男女の仲をそっと見守ってくれています。2人の幸せが月のリズムと共に形づくられますように…。

■月の満ち欠けと恋愛の関係
夜のマントを羽織った謙虚な月は、太陽の光なくしては存在が見えない、そんなはかなさを感じさせます。
隠せば隠すほど見たくなる心理があるように、月明かりがロマンティックなのは、全てをあからさまにしないから。
何万年もただそこに居続け、夜の世界を照らし、見守ってくれるやさしい光。その光は、好きな男性が目の前にいるときの女性の輝きにも似ています。男性の発する光を受けて女性として目覚めていくような…。
大切なものは心の眼でしか見えてこない、そんなことを教えてくれる光のように感じます。そして月明りは女性らしさを引き出す小道具でもあります。
あなたがきれいに見える光を与え、あなたの中に眠っている女性性も目覚めさせます。月明かりを浴びると、太古の時代から女性に備わっていた力をリチャージされるのかもしれません。

どこまでも優しく美しく、そしてどこか妖しげで…月ってなんだか不思議ですよね。

太陽と地球、月が一直線上に並ぶ新月は、意思(太陽)と心(月)が一致しやすくなる魔法の時間という言い伝えもあります。明日、新月に入る時刻は21時50分。この時間から8時間は願いが叶いやすいのだとか。
不思議なパワーを感じながら、願い事をしてみてはいかがでしょうか。

(文=Kawauso)


 【PR】 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 2017年上半期の占い
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集