2013.10.23

こんな些細なことが別れの原因に!?~女性がこの彼とは無理だなと感じた瞬間【恋占ニュース】

Loading
news_450

お付き合いが始まっても、時間が経つにつれてこの人とは無理かもとか、何か違うかなぁと感じるようになる場合もあるのではないでしょうか。
嫌いになったわけではないし、はっきりした理由があるわけでもない。けれど、ふとしたときに、えっ?…なんかズレてる?…なんて、言葉にできないような違和感を覚えたり。

そういう感じで一度ダメだと思うと、どんどん嫌い度が加速してしまうのか、そこからお別れまでは早いんだよね、みたいな話もよく聞く気がします。

今回は20~30代の女性たちから聞いた、ドン引きとまではいかないけれど、この人とは無理だなと実感した瞬間にまつわるエピソードをご紹介します。

【女性が激白!この人とは無理だなと感じた瞬間】

■漢字が読めない彼氏
10年ぐらい前の話ですが、当時の彼に送ったメールに「兎に角(とにかく)」と書いたら、電話で「ウサギにツノって何?」と聞かれ、なんか冷めました。魚の名前が読めないのとかはかわいいと思ってたけど、「兎に角」が読めないのは許せなかったんですよね…。(32歳 ライター)

■暗闇で頼りにならない彼氏
元カレとダイアログ・イン・ザ・ダーク(真っ暗な空間で、聴覚や触覚など視覚以外の感覚を使って体験するエンターテインメント形式のワークショップ)に行った時、なぜかはわからないのですが、この人と付き合い続けるのは無理だなと感じました。普段は気にならなかったけど、暗闇の中では一人よがりで臆病で、あ、これが彼の本来の姿なんだと気づいてしまって。友達が彼氏と行って絆が深まったと言ってたのを聞いて行きたかったのですが、私の場合は絆が切れちゃった。でも、婚約する前に相手のことがわかって良かったです。この人の本質を知りたい、と思う相手と一緒に行くといいかも。(38歳 セラピスト)

■想像力がたくましすぎる彼氏
私がヨガを習ってると言ったら、元カレが「俺もやってみたい」と言ったので、初心者向けのワークショップに一緒に行きました。最初はおとなしくレッスンを受けてたのですが、講師が「(目には見えない)ボールを抱くようなイメージで腕を前に」と言ったら、そのボールにこだわり始め、腕の形が変わった時、ボールをどこに置いたらいいかわからなくてあたふたし始めました。それからずっと、先生が何か言うたびに「ボールが…」と呟き続け、こいつ面倒くさいと感じてしまいました。(29歳 プランナー)

■名前を間違える彼氏
ドラマ『半沢直樹』の話をしてるとき、石丸乾二さんのことを得意げに「ああ、『世界の車窓から』の人だろ?」と言った彼氏。それは石丸謙二郎さんだよ。他にも、翻訳家の戸田奈津子さんと女優の戸田恵子さんを間違えたり、森高千里さんと森下千里さんを間違えたり。上戸彩さんと綾戸智恵さんを間違えたこともありました。気持ちはわからんでもないけど。たまに、わざと?と思うことがあります。(34歳 公務員)

■海外で和食しか食べたがらない彼氏
夏休みに彼氏とグアムに行ったのですが、朝食のビュッフェでご飯と納豆、味噌汁など和食メニューしか取ってこなかったのでちょっと引きました。お昼は日本でも食べられるようなファーストフード店、夜は和食が食べられる居酒屋かラーメン屋さんに行きたいと言われ…そんなのいつでも食べられるじゃん!と怒って1人で夕飯を食べに行ったら、彼氏は部屋でカップラーメンをすすっていました。それを見た瞬間、この人との結婚はないなと思いました。(27歳 営業)

その場で関係を断ち切るほどではないけれど、彼と長く付き合うのは無理だろうなと思ったり、一つ一つは小さくても、積み重なったら別れるだけの要因になりそうな何かを見つけてしまったり…。
女性なら、なんとなくわかるなーと思うようなエピソードが多かったですね。

こういう瞬間に遭遇したら、少し我慢して観察を続けたほうがいいのか、それともさっさとお別れして次の人を見つけたほうがいいのか。決定的にイヤとは思っていないだけに、どんな対応をするべきか悩んでしまうかも。
みなさんには、似たような経験はありますか?

(文=Kawauso)


 【PR】 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • 石井ゆかり 2017年下半期の占い
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集