人相学で見る人気のヘビ顔(=松田翔太さん系)男子の特徴【恋占ニュース】

Loading
news_412

男性の顔のタイプが「しょうゆ顔」「ソース顔」と分類され、市民権を得たのがおよそ25年前。
あれから時代と共に女子の好みのタイプも徐々に変化していきますが、今年の流行の顔は「ヘビ顔」「塩系」なんだとか。

平均的な日本人らしい顔立ちの「しょうゆ顔」よりも、さらにあっさりした「塩系」男子。
その特徴は

・ 一重、または奥二重の涼しげな目
・ 全体的に色素が薄く、ひげもなさそう
・ ひ弱そうに見えて、ゴツゴツしたのど仏や鎖骨などが男らしい

だそうです。
芸能人でいうと、加瀬亮さんなどがその典型。

一方で、ネーミングからしてちょっと怖そうな「ヘビ顔」はというと、塩顔と同系列でありながらも、どこか危険な魅力を感じさせるのが特徴。

・ 切れ長の三白眼
・ 目と目が若干離れている
・ 大きめの口や鼻
・ ミステリアスで、どこかセクシーさを感じる

綾野剛さんや松田翔太さんなどがその代表とされているようです。

これらを人相学的に見ていくと、今求められている男性像が浮かび上がってきましたよ!

切れ長で涼しげな目は、頭のよさや芸術的なセンスを表すのだそう。あまり感情を表に出さないため、ミステリアスな印象を与えます。
また、目と目が離れているのは大物の証。
三白眼は独立心や出世欲が旺盛で理想家、しかも強運の持ち主なんだとか。

大きめの口や鼻は、大いなる生活力を表しているんですって。お金の出入りは激しいけれど、そのぶん働き者、ってことでしょうか。それと性欲も強い相とのことで、肉体面でも満足させてくれそう。
余談ですが、鼻の大きさとモノの大きさは比例する、という説は、特に根拠がないそうです。

ちょっと前までは草食系と呼ばれる「優しくて」「欲がなく」「従順な」男性がもてはやされていましたが、どうやらそれでは物足りなくなった女子が、肉食系とまではいかなくとも、ほどよい男らしさを求めるようになった結果なのではないでしょうか?
淡白な中でこそ光る、自己主張や個性、独立心などピリッとしょっぱいところ…。うーん、おいしそうです!

確かに、頭が良くて大物で生活力も精力もあり、寡黙でセクシーで…なんて、かなり理想的!
そんな男が身近に実在するのか?というと甚だ疑問ではありますが、見た目塩系とかヘビ顔男子って、周りを見渡すと結構いるみたい。
まぁ、そういう旬な男子は得てして彼女持ちなので変な詮索はできませんが、彼らのポテンシャルをちょいと覗いてみたいものです。

もうひとつ、注目を集めているのが「仙人男子」。
こちらは草食系とか絶食系を超越し、悟りを開いちゃったみたいに飄々としているのだそう。
芸能人で言うと、奥田民生さんや、三村マサカズさんなど。あ、確かにどこか超越しちゃってる気がしますね。

彼らの特徴としては、肉食・草食・雑食どちらにも属せず、いつでもニコニコ楽しそうなこと。
加えて、肩の力が抜けていておおらか、精神的にも安定していて、包容力や気持ちの余裕など、大人の男の魅力を感じさせます。
趣味や仕事など、自分の好きなことを追求するマイペースな生き方もまた、憧れの対象となっているよう。
恋の駆け引きに疲れたオトナ女子が求める究極の男性像、と考えると、かなり納得できちゃいます!

しかし、そんな仙人男子は、自分の世界をちゃんと持っていて、その生活に満足度が高いがゆえに、恋愛への興味は絶食系以下という点がネックなのだとか。
競争率の高さも容易に想像できますが、それ以前に当の本人へのハードルの高さが気になります。

こうしてみてみると、もてはやされる男性像って、時代の流れとともに年々さっぱり・あっさり化しているような気がします。
女のご都合、といってしまえばそれまでですが、それだけ女子の中身が濃くなってきた、ということでしょうか。

あなたの周りには、塩系&仙人男子、どれくらいいるでしょうか?
もし彼氏がそのタイプだったら、将来性も含めて幸せになれそうですね。うらやましー!

(文=石村佐和子)


 【PR】 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • 石井ゆかり 2017年下半期の占い
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集