2013.08.19

痛いアラサー女子の思考パターン4選【恋占ニュース】

Loading
news_385


【R30=オトナ女子の恋愛事情 第8回】
~彼氏ナシ8年目、不倫歴5年目。今後、本気の恋愛ができるかわからない~Y絵 (34歳・広告)

「失恋なんかしたことなかった私が、結婚願望の一番強い20代半ばに大失恋。ショックのあまり体調を崩してしまいました。2年ぐらいは朝、まともに出社することもできず、周りからはかなり不安定な人に見えていたと思います。やる気がないままだらだら仕事を続け、そこから6~7年。当初は励ましてくれていた友人たちも結婚したり、昇進したりして、今となっては生活レベルや価値観が合わない…。なんだか誰からも相手にされてない気分になっちゃって…たまたまバーで知り合った、未だに本名も職業も知らないオジサマと、体だけの関係を5年も続けている私。そろそろ本気でどうにかしないとヤバいですよね…。」

●“ご無沙汰”よりマシ?彼女止まり、不倫…痛いアラサー女子の思考パターン4選
・都合のいい女を演じる自分はカッコいい
相手のわがままも、人には言えない複雑な関係も、すべて受け入れている私ったらなんて器の大きいオンナなんだろう。結婚を度外視した恋愛を楽しめる私ってカッコいいかも。細かいことまで文句の多い奥さんなんかより、よっぽど私のほうが彼のことをわかってあげているわ…なんて思い込んでいる女性が多いようです。
でもその実、相手のことは何も知らないでいる。プライベートを重視したオトナの関係を楽しんでいるつもりでも、本当の自分は少しも満たされていないはず。

・個性的な人生を楽しんでいるつもり
誰よりも早く結婚してみんなの羨望の的だったあの子も、大恋愛の末に結ばれ、友人一同が感動した出産エピソードを持つあの子も、時間が経てば普通の主婦。早くに家庭に入った彼女たちや、出来の悪い部下に頭を悩ませる残業続きのキャリア女子よりも、波乱万丈でドラマティックな私の人生のほうがよっぽど魅力的!と無理に自分に信じ込ませようとしているだけだったりして。

・そろそろ白馬の王子様が現れる予定
過去の恋愛はすべて予行演習。ありのままの自分で待っていれば、「お前にふさわしいのは俺だ」なんて男性が現れて、少女漫画並にドラマティックにさらってくれる…と心のどこかで信じているのかも。いい年して非現実的なことばかり妄想していたら、周りの人に引かれちゃうかもしれませんよ。

・取り敢えずカラダでキープ
相手の核心に触れて撃沈した過去があったり、踏み込んではいけないゾーンに妙に敏感だったり。相手の過去や深い話を聞きすぎて関係が壊れるくらいなら、真面目な会話なんてしないで、手っ取り早くエロで思考を止めてしまえばいいと思っているところも。カラダでわかる現実しか知りたくないなんて、ちょっと子どもっぽく見えてしまいます…。

●「ひとこと処方箋」
都合のいい女であることに甘んじて、普通の恋ができなくなっているY絵。SEXだけでは心の寂しさまでは埋められないことは自分でもわかっているのに、相手と真剣に向き合うのが怖くて、その状態をずるずる続けてしまっているんですね。
たとえ体の関係がなくてもお互いに相手の琴線に触れ、この人とずっと一緒にいたいと思えるのが本当のオトナの恋愛ではないでしょうか。今の関係はそろそろ清算し、アラサーと言われる今のうちに、人を思いやる心や対話力を磨いておいたほうがいいのかも。

結婚・妊娠・出産など、女性として実にさまざまなターニングポイントを生きる“オトナ女子”のリアルな恋愛事情、次回もお楽しみに!

(文=静野美穂)


 【PR】 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • 「ディグラム×タロット占い」恋愛力を高めるトークショー
  • 石井ゆかり 2017年下半期の占い
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集