2013.08.13

不倫しやすい女子のタイプ4選【恋占ニュース】

Loading
news_379

【R30=オトナ女子の恋愛事情 第7回】
~海外へ単身赴任した夫の留守中に年下の社員と不倫中~ K(38歳・会社役員)

「30歳で起業し、ある程度、仕事が軌道に乗った35歳の頃、共同経営者の彼と結婚。社内をはじめ関係各社からの盛大な祝福を受けて、順風満帆な人生を送ってきました。業績も右肩上がりの中、海外展開は急務と考え、彼がひとまずシンガポールへ移住することに。以前からお互いに多忙だったため、離れて暮らす状況がつらいとは思ってなかったのですが、やっぱりどこかさびしかったみたいで…。ある日、部下の男性と飲みに行ったら、酔っ払いすぎた私はうっかりお持ち帰りされてしまったんです。
普段からタイミングよくフォローしてくれたり、何かとデキる人なので、気に入ってはいたのですが、まさかこんなことになるとは。夫は唯一無二の存在だけど、部下の彼との関係も心地よくてやめられず。これがバレたらどうなるんだろう…。」

●軽い気持ちで不倫して、深みにハマる女子が増殖中

不倫に興味はありますか?ドキドキ感がたまらないという人もいますが、軽い気持ちで一度すると、麻薬患者のように深みにハマって、なかなか抜け出せなくなってしまうそうです。夫が一番大切と言いながら、部下との関係も楽しんでいるK。このままでは、いつか後悔することになりそうです。

●「わかっていても止められない」不倫しやすい女子のタイプ4選

・よくも悪くも欲張りな努力家
人からうらやましがられるような生活をしていても、本人の理想がその遥か上を行っていると、いつまで経っても、何を手に入れても、私は誰からも認められていない、こんなに頑張っているのに!という苛立ちだけが続いてしまいます。そんなある種のヒステリーを鎮めるためには、刺激的で背徳感のある不倫という恋愛スタイルが実は最適なのかも。夫もいて愛人もいるという状況は、欲張り心を満たすには最高のシチュエーションなのでしょう。

・パートナーとのSEXに不満がある
夫より身体の相性がいい、と感じてしまうと、こういう状況に陥りやすくなるようです。どれだけ夫を愛していても、SEXの阿吽(あうん)の呼吸までかみ合っている完璧な相手ではないかもしれない、というのが哀しいところ。夫とのSEXに何らかの不満を持っていると、他の人に抱かれたとき、一気にヒートアップする可能性大。離れ離れで暮らしていて人肌恋しいのも、過ちを繰り返す大きな一因になります。

・疲れていて癒されたい
職場でも夫の前でも、しっかりした女を演じなければ、と思っている女子は誰かに癒してほしいと思いがち。その相手として愛人は最適なのでしょう。また、日々忙しく過ごしている人ほど、新鮮なトキメキや非日常的な刺激を求めがちです。お互いに自分の一番いい姿を演出することで、ハイライトシーンだけを都合よく共有している不倫の形では、相手の心底の素性まではわからないもの。そのスリルにハマってしまうと、簡単には抜け出せなくなります。

・「私はいい女」だと思っている
支えてくれている周りの人の協力や知恵のお陰で今の自分があるのに、それは当然だと思って感謝の心を忘れている、自信満々の女子。既婚女性に手を出す男なんて、ほとんど下心しかないのに、私が魅力的だから…なんて都合よく解釈していたら、痛い目を見るのは当然です。同性の友達が少ない人はこの素養が高いかも!勘違いもホドホドに。

●「ひとこと処方箋」

あれもこれも手にしようなんて、ちょっと欲張り過ぎですよ。今のステータスはすべて自分で手に入れたと勘違いしているかもしれないけれど、それをお膳立てしてくれたのはパートナーや周りの人たちです。手軽な不倫相手に没頭するのは楽しいと思いますが、そこから抜け出せなくなって大事なものを失くしたりしないようにね。
もちろん独身の人も、「結婚してないんだからいいじゃん!」と、パートナー以外の人と遊びまくったりするのはNGです。夢から覚めたときに後悔しないように気をつけましょう。

結婚・妊娠・出産など、女性として実にさまざまなターニングポイントを生きる“オトナ女子”のリアルな恋愛事情、次回もお楽しみに!

(文=静野美穂)


 【PR】 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 2017年上半期の占い
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集