2013.05.21

告白するべき?されるべき?【恋占ニュース】

Loading
news_302

恋人になるための重要なプロセスのひとつ、“告白”。
今後の関係性を大きく変えるものですから、慎重になりますよね。特に女子は、自分から告白するか、男子に決めの一手を打たせるべきか、悩んだ経験がある方も多いことでしょう。

そこで、女子たちに告白について話を聞いてみました。

・「自分から告白することが多かったけど、付き合ってもらってる、って感じてしまってうまくいかないことも。相手の愛情に自信がもてず、なかなか続かなかったり。」(Aさん・フリーター)

・「合コンで出会った彼に告白されました。私も気になってはいたけれど自分から告白する勇気はなかったから、彼からしてくれてよかった。本当に!」(Yさん・アパレル)

・「気になる人には、相手から告白させるように仕向けます。告白されて付き合うほうが主導権を握りやすいし、やっぱり男性からして欲しいから、計画的に進めますね。女友達からは小悪魔って言われます(笑)。」(Kさん・営業)

どちらから告白するか、を気にする女性はやはり多いようです。できれば男性側からして欲しい、というのが多数派の意見でしょうか。
草食男子、なんて言葉もありましたが、男性には本来『より良い獲物を自分のものにしたい』という狩猟本能が備わっています。ならば、仮に女性を『獲物』にたとえ、この本能を刺激して男性側から捕まえてもらうのはいかがでしょう。

■まずは、『獲物』アピールを

『俺のこと好きかも?』、と思わせることが大切。適度かつ思わせぶりに、「私はあなたにとって素敵な獲物になれるよ」、という態度をとってみましょう。

・さりげなくボディタッチ
  やりすぎると、どちらがハンターか分からなくなりますね…。
・上目づかいはやっぱり有効
  一般的に連想しがちなカワイイ系だけでなく、女優やモデルの表情も参考に。
・サ行で褒める
 「さすが!」「知らなかった!」「すごい!」「せっかくだから」「そうなんですね」、など。たてられて嫌がる男子はいません。

■タイミングよく、彼の前に飛び出す

『獲物』として見てもらえたら、彼の前に飛び出しましょう。タイミングときっかけが重要。かわいいだけじゃない、ちょっと賢いウサギさん(?)になって下さいね。

・会話が発展しやすいタイミングづくり
 たとえば映画、音楽、グルメなどは、そこから「じゃあ今度一緒に行く?」と誘いやすい話題。一緒に残業中なら、仕事が終わりそうな頃に「お腹すいたね~!」なんて一言はいかがでしょう。

・『好き』、『~~したい』など好意的な言葉できっかけを
 『好き』は肯定的な言葉であるだけでなく、告白を連想させます。カラオケで「いい歌だよね」と言うより、「この歌、大好き!」。話題のスポットの話なら、「行ったことない」ではなく、「行ってみたい」など。え?俺と行きたいの?、と思わせられたなら、告白の時は近いかも。

まあ、どれも“ベタ”なアプローチではありますが、成功例が多いからこそ定番化したはず。男性の狩猟本能を上手に操り告白へと導くために、基本をおさらいしましょう。

ちなみに、前述のサ行のほかにタ行もあるのだとか。「たいしたことないね」「違うよ、それ」「つまんない」「テキトーでいいよ」「とんでもない」、だそうです。こちらはNG(笑)、気を付けましょう!

(文=もにょり)

  

あの人に今告白してもいい?(占いサイト:自分史上最高の恋へ)

 【PR】 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • cocolonitv
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 2017年上半期の占い
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集