元カノに会うのは下心あり?

Loading
news_254

女子の恋愛は「上書き保存」で、心のフォルダの中には常にひとりの男子しか入らないと言われています。別れた後に未練が残っていても、新たな出会いに恵まれたり別に好きな人ができれば気持ちがすっぱり切り替わるという意味です。

こちらもおすすめ>>「彼氏の元カノに勝てないのかと思うとつらいです」雨宮まみの“穴の底でお待ちしています”

男子の恋愛は「別名保存」だから元カノも好き…?

一方で男子の恋愛は「別名保存」。新たに好きな人ができても、それは元カノとは別のファイルとして心のフォルダの中に入れていくんですね。元カノも好きだし、目の前の女子も好き。そうした保存方法なので、忘れることができません。それどころか折に触れてはちょくちょく思い出したりします。

この「思い出す」という行為がやっかいなものなんですよ。恋愛中って男女ともどもいわゆる恋愛ホルモン(フェニルエチルアミン)というものが活発に分泌され、それが恋愛感情を高める働きをしているんですね。ところがこのホルモン、相手のことを考えたり、楽しかった日々を思い返すだけでも分泌され続けてしまうのです。

これじゃあ男子の方が未練がましくなるのも当たり前。

元カノといまだに交流を続ける男子たち

実際に元カノと友達になったり、いまだに交流を続けている男子に話を聞いてみました。横山さん(仮名:39歳)は自営業という仕事柄、時間が自由になるのか複数の女性と同時に交際する困った癖の持ち主です。

「ケンカして別れても、別に嫌いになったわけじゃないからね。元々好きになった相手だし。未練ってほどじゃないけど、恋人じゃなくなっても仲良くしていたいんだよ。ただ会ってると気持ちが戻ってくるから、復縁したくなるんだな」

元カノが飲み友達になっている富田さん(仮名:26歳、会社員)は、

「未練がないわけでもないけど、もう新しい彼女がいますし。ただ、付き合いは元カノの方が長いから、僕のことを何でも知ってるんですよ。他の友達にも言えないことでも、元カノには言えるから、いい相談相手です」

こうした話を聞くかぎり、ある程度の下心(未練、復縁希望)を持ちつつも、友達でもかまわないという諦めも同時に持っているようですね。

本気というには薄すぎる、けれどその気がないわけじゃない。そういう状態が多くの男子にとってはむしろ当たり前なのかもしれません。

もちろん気持ちの配分は人や状況によって違いますから、必ずしも半々というわけではないでしょう。そこは別れ方や、男子の個性によって変化するものと思われます。

いずれにせよ別れた後の男子の心理がわかりにくくなってしまうのは、好きな人の保存方法の違いが原因のようですね。

(文=総合占術研究家 橘のえる)


 【PR】 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • 石井ゆかり 2017年下半期の占い
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集