2013.04.07

オーダーメイドな恋の始め方【恋占ニュース】

Loading
img_262

春は新しいことを始めたくなる季節。心身共に活動的になり、なんだかワクワクしてきます。
新しい出会いの機会が増えてくる時期でもありますよね。これまで恋人を作らなかった人も、「そろそろ恋したいなぁ」なんて気分になったり、ならなかったり…???

ところがですよ。
「恋の仕方がわからない」と嘆く適齢期の女子が意外と多いようなのです。
「そもそも出会いがない」
「前回の恋の痛手を思うと、なかなか踏み切れない」
「もう久しく恋愛していないので、恋がどうやって始まるのか忘れてしまった」
「恋をしたことがないので、始め方がわからない」
などなど、その理由はさまざま。

今回はそんなケース別に、いかにして新しい恋を手にするか、考えてみたいと思います。

■異性との出会いがない
・「女子校出身で、職場も女性が中心。異性との出会いそのものが圧倒的に少ない環境です。さらに内気なこともあり、合コンなどに行っても気後れして存在感をアピールできないまま、ただ疲れるだけで終わってしまいます。」(25歳・保育士)

確かに、やる気はあっても相手が見つからないのでは、恋愛の始めようがありませんよね。しかし、出会いを求める方法がワンパターンになってはいませんか? 合コンに行っても気疲れするだけなら、別の方法を考えてみれば良いのです。
もう一つ、出会いの対象が「好みのタイプの男性」限定になってはいないでしょうか。そりゃ、超タイプの男性が近づいてきてくれたら万々歳ですけど、そんな幸運そうそう転がってるもんじゃありません。すべてを妥協する必要はありませんが、見た目に関してはハードルを下げてみてはどうでしょうか? 見慣れれば顔の造作なんてどうってことなくなってしまうはずですから。

■過去の恋愛の痛手から、臆病に
・「大好きだった元カレにさんざん振り回され、最後は一方的に振られて傷ついたことが忘れられません。また同じ思いをするのでは、と思うと、チャンスがあっても逃げ腰になってしまいます。」(24歳・事務)

傷つくのを恐れていては、何も始まりません。
とはいっても嫌ですよね、つらい思いを繰り返すの…わかります、痛いほどわかります!
でも、次の恋の相手は、元カレとは違う人間なんです。そう考えたら、新しい恋の中で自分も変わっていけそうだと思いませんか? 出会いもチャンスもあるのなら、勇気を出して一歩踏み込んでみてはいかがでしょうか?これまでにない幸せが待っている、と信じて。

■恋の始め方がわからない、忘れてしまった
・「おひとりさま期間が長すぎて、恋愛の始まりがどんなものだったか忘れてしまった…途方に暮れるばかりで、毎日が淡々と過ぎていく」(34歳・医療)

・「まだ男性を好きになったことがありません。もちろん、彼氏いない歴=年齢です。恋人ってどうやって作るんでしょうか」(24歳・福祉)

出会いのための努力や異性を意識した生活、自分磨きも必要ですが、恋は天からの授かりものです。運命なのです。しようと思ってできるものではないのですから、どんと構えてOK。焦れば焦るほど、恋は逃げやすいと言います。
また、すべての恋が「ビビビ!」と始まるわけではないことも思い出してください。友達や仕事関係など、ありきたりな人間関係から自然に恋人へ…というのが、最も多いパターンです。

■最後に
参考までに、アメリカで行なわれた「異性に強く惹かれたり、恋におちた状況を思い出してください」という調査の結果をご覧ください。

1位・相手から好意を表明されたとき…90%
2位・相手が自分の好きな特徴をもってたとき…78%
3位・興奮するような状況にいたとき…62%
4位・恋愛をしたい状態にあったとき…44%
5位・状況的なきっかけがあったとき…36%

恋を始めるなら、気になる相手にそれとなく好意を持っていることを匂わすのが一番手っ取り早いようですね(いきなり告白、では引かれてしまいそうですが)。

この結果を見ると、「恋愛って思った以上に簡単に始められるのかも…」なんて思えてしまうのですが、あなたはいかがでしょうか?
意外と近場に、新しい恋が待ち受けているかもしれませんよ。

(文=石村佐和子)

  

恋愛ってどう始めたらいいの?(占いサイト:濱口善幸のタロット占いへ)

 【PR】 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 2017年上半期の占い
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集