2012.12.29

愛情未満で終わる恋と出会い【恋占ニュース】

Loading
news_100

友達以上恋人未満、なんてよく言いますが、それ以前の話。
恋に発展する前に気持ちが冷めてしまった…なんてこと、今までありませんでした? いわゆる「恋の予感」が、ただの勘違いだった、みたいな。
「この人、タイプ! 恋しちゃうかも!」と思ったら、鼻毛が飛び出しているのが見えて、一気に冷静に戻った、とかね。
今回は、『恋心が愛情にまで発展しなかった』というエピソードをご紹介します。

■10日で勝手に消滅、舞い上がった恋心
「趣味のテニスが縁で知り合った男性に一目ぼれ! すぐさま友人に『好きな人ができたの!』と報告しました。ひとしきり胸のときめきを述べたあと、ふと不安がよぎり『でもね、ちらっと見ただけなんだけど、車の中がゴミだらけだったの。そういう男って、どう思う?』と問いかけてみたのです。
友人はそれを聞いて、ともかく10日間待て、と言いました。
そして見事に10日後、あの一目ぼれは幻だった! と気づいたのです。この冷却期間がなかったら、あのゴミ車男に猛アプローチしてたかも…と思うと、複雑な気持ち。
ともかく、行動を起こす前に気づいてよかった! と思ってます。
友人にその話をしたら、『でしょ? 目がハートになってるときって、欠点に気づいていても許せちゃうのよ。10日もありゃ冷静になれるんだよねー』だって。確かに! と妙に納得。」

空白の10日間が、恋か思い違いかを判断するヒントになるんですね!
舞い上がっているときは、あばたもえくぼ。こんなときの勢いに任せてしまうと、本来ご縁のない人に関わって、時間が無駄になってしまうかも…。

愛情未満といえば、付き合っていても何だかぎくしゃく、歯車が今ひとつかみ合わないまま、結局別れを選ぶカップルもいます。

■付き合ってはみたものの…
「彼とはもともと会社の同僚で、好きなマンガや音楽が同じこともあって、急接近。仲良くなりはじめの頃は『よくわからないけど、この人とは運命を感じる!』なんて思ってた。何度か飲みに行ったり暇つぶしに休日に会ったりしているうちに、いつの間にか深い関係に。
でも、実際そういう関係になってから、気持ちの歯車が合わなくなったというか…恋愛してる実感がなかった、というのかな。彼が何を考えてるのかわからないし、一緒にいる安心感が感じられなくて。ここが不満、という決定打はないのに、常に気持ちがすれ違っていて、愛情がうまく育てられなかったように思う。
結局、私の転職を機に彼とはフェードアウト。転職先での仕事に夢中になり、人間関係もうまく行き始めた頃、電話で『俺たち、付き合ってるよね?』的なことをやんわり聞かれたとき、すでに自分の気持ちが彼にはないことを確信した。
彼と過ごした時間は決して無駄だったとは思わないけど、結局何だったんだろう。」

いくら側にいても、見た目や言葉では説明できない何か…たとえば、行動のペースやお互いの波動が微妙に合ってなかったのかもしれませんね。この「微妙なずれ」って居心地の悪いもの。それがやがて、大きなひずみになってしまうのかもしれませんね。

みなさんにも、一度や二度こんな経験ありませんか?
ただ、これがそう何度も続くと、ちょっと問題アリかも…!?
自分の気持ちだけで突っ走る、相手の気持ちが読めない。それだけで、恋が遠ざかっていくような気がして危機感を感じるのは、私だけじゃない…ですよね?

(文=石村佐和子)

ふたりがダメになった本当の原因って?(占いサイト:新橋の母◆占霊術へ)

 【PR】 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • 石井ゆかり 2017年下半期の占い
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集