2012.12.17

友情と恋人、その究極の選択【恋占ニュース】

Loading
news_098

親友と同じ人を好きになってしまった!
これは一大事ですね。自分と親友が同じ感覚を持っていることを再認識するときでもあり、そのことを恨めしく思う瞬間でもあるんじゃないでしょうか。
相手が親友であろうが正々堂々とカレにアプローチするべきか、友情を優先させて身を引くべきか、多くの人が頭を抱えて悩むところでもあります。親友も失わず、恋人も手に入れられれば理想なんだけど、そんなの普通に考えてあり得ないですもんね。

実際、このような窮地に立たされた人は、どんなふうに切り抜けているんでしょうか?

【友情が最優先】
「長い人生。彼女は一瞬、友だちは一生と思って諦める。」(23歳・男性・経理)
「親友と同じ人を好きになってしまった、と知った瞬間に、恋が冷めてしまう。」(26歳・女性・営業)

周りを傷つけてまで、自分の恋を貫きたくはない、という人が多いようです。まだ恋心が浅いうちなら諦めもつく、という人も。

【泣く泣く諦めつつも、恨み節…】
「私の好みを知っているはずなのに…と裏切られた感を勝手に持っちゃう」(25歳・女性・ネイリスト)
「応援してね! と言われて、諦めざるを得なかった。先に言ったもん勝ちですよね。」(29歳・女性・販売)

一応身を引くけれど、やっぱりしばらくは心にしこりが残っちゃう…という人も多数。恋のお相手にも親友にも、しばらくはギクシャクしちゃうけれど、自分の心が整理できればまた元通りに付き合える…というメリットもありますよね。
「先に言ったもんがち」とは言いえて妙! 親友が自分と同じ人を気にしているのに感づいたら、一刻も早く“好きな人がいるんだ”と宣言して主導権を握るのもテかも!

【恋も友情も玉砕覚悟!】
「正々堂々、戦います。たとえ相手が親友であろうと、最終的にどちらを選ぶか決めるのは彼。」(31歳・女性・広告)
「今までに何度も、いいなと思う人を先取りされてきた。今度こそ自分のものにします。」(26歳・男性・SE)

恋を選択して、壊れてしまう友情なら、それまでのお付き合いだった、ということでしょうか。この潔さ、見習いたくもありますね。このチャンスを逃したらもう後がない! という危機感も!?

とはいえ、食べ物と恋の恨みは怖いですからね…。最後に、親友と恋のバトルを繰り広げたエピソードをご紹介します。

■厳密には、三角関係ではないはずなのに?
「親友の元カレとつきあうことに。彼女と付き合っていた当時から顔見知りではあったので、最初は躊躇しました。でも、カレの猛烈なアプローチと、男らしくて優しい人柄に触れるうちに少しずつ惹かれて…。

親友が別れたのは半年以上前のことだし、彼女に新しい彼氏ができたタイミングを見計らって、『実は…』とカミングアウト。明るくてさっぱりしたいい子だから、きっと応援してくれるだろう、と楽観していた自分がバカでした。

みるみるうちに彼女の顔色が変わり『ひどい! 信じられない!』と罵詈雑言を浴びせられました。『え、でももう半年も前のことだし、新しい彼もできたんだよね?』と言っても聞く耳を持たず。周囲には私にカレを取られた、などあることないこと言いふらされ、おかげで周囲から冷ややかな目で見られ、他の友人たちも離れてしまいました。

親友だと思っていた彼女がそんな人だったってことが、何よりもショック。もちろん、私だって応戦しましたよ。SNSに、彼女にされたことを全部書いて公開しました。イニシャルではありましたけど、周囲にもやんわり彼女だってわかるように…。」

ひー、怖い! この親友さんは激情型すぎて自分を見失っているようですが、それにしても女の執念の激しさと粘着度合いに、背筋が寒くなります。

できれば友だちと恋人を奪い合うのは避けたいけれど、やっぱりそれは仕方がない? 幸せな将来がかかっているかもしれないし、何より後悔したくないですもんね。
それとも、もっと先々のことを考えて、友情を優先させた方が身のため? だって、いくら親友とはいえ、女の敵は女でしかあり得ないのですから…。

(文=石村佐和子)

親友との三角関係を改善したい(占いサイト:改運・姓名術へ)

 【PR】 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 2017年上半期の占い
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集