お花見のドン引き女6選!薄着で「寒い」、スマホに夢中【恋占ニュース】

Loading
お花見のドン引き女6選!薄着で「寒い」、スマホに夢中【恋占ニュース】

寒さがようやく落ち着き、春らしさを感じられる日が増えてきましたね。
日本全国、この時季の楽しみといえばなんといってもお花見! 満開の桜を眺めながら、皆で食べる食事やお酒は格別の味わいです。
(ちなみに今日3月27日は、「3(さ)×9(く)=27」の語呂合わせで「さくらの日」!)

しかし、毎年お花見の席で男性をガッカリさせてしまう、残念な女性たちが目撃されているのも春の風物詩。
自分がそういう女性に成り下がらないよう、お花見に出かける前にほんの少し気を付けてみましょう。「人の振り見て我が振り直せ」とも言いますからね。

張り切り過ぎは禁物!

年に一度のイベントだからといって、普段以上に浮かれ過ぎてしまうと失敗の種を生みます。お花見の席でスマートなイイ女でいるために以下の行動に気をつけてみては?

[1] なんといってもNGなのは泥酔!

お花見の失敗=泥酔と言ってもいいくらい、一番やってしまいがちな浮かれ方ですね。外で飲むお酒のおいしさや、昼から飲酒する特別感で酔いが早く回りやすいので、楽しい宴をぶち壊さないよう飲み過ぎに注意しましょう。

[2] 料理の取り分けやカイロ配りに必死

一見、よくできた女性風ではありますが、大人同士の宴会で露骨な「用意周到アピール」をすると、息子の運動会に張り切るお母さんのように見えてしまい逆に損です。気配りは周りを見つつ、ほどほどに。

[3] 失敗手料理をたくさん並べる

お重に詰めたお弁当を持参するのは結構ですが、真っ黒な唐揚げや大量のベチャベチャおにぎりにドン引きする人もいるのでご注意を。料理を持ち寄る際は、集まる人との関係性を考えて作っていったほうが無難です。

雰囲気を台無しにする自己チュー女

大勢の人が集まる席では、皆で同じ時間を楽しむために必要なマナーがあります。これを守らないと、ドン引きされるおそれがあるので肝に銘じて。

[1] 薄着で来て「寒い寒い」を繰り返す

お花見によくいるウザ女子ですね。長時間外で飲食するのなら服装に気を付けていくのが大人の女性です。気候が良くなってきたとはいえ、夕方から冷えたりもするので、脱ぎ着できるはおり物を一枚余分に持っていきましょう。
靴に関しても、ヒールはなるべく避け、動きやすい靴で行ったほうが良いでしょう。桜の木の下は地面から根っこが飛び出ていたり、危険なことも。土やほこりで汚れやすい白の服も避けたいところです。

[2] スマホばかりいじっている

飲み会でも鉄則のマナーですが、せっかくお花見に行ったならスマホよりも桜を楽しんで。待ち合わせ場所の検索や、写真を撮る機会も多いお花見では、電池の減りも早くなるので余計な操作はやめましょう。

[3] 桜をポッキリ折る

いくらキレイな桜だからといって、折って持ち帰るのは厳禁です!その場にいる人にドン引きされるだけでなく、その桜の所有者が訴えた場合は器物損壊罪が成立することも。立派な犯罪ですので絶対にやめましょう。

酔いつぶれ対策をしっかりと!

毎年、桜が咲くころに「あんなヒドイ女がいたな~」と笑われないためにも、とにかく酔っ払い過ぎないよう気を付けること。これがお花見を最悪の思い出にしないためには重要です。

◆おつまみやアルコール以外の水分もしっかり摂取する

◆飲む前にウコンや牛乳、しじみなどで酔いにくい体作りをしておく

◆あらかじめ飲む量を決めておく

お花見の席では、酔った人を介抱する側に回るくらいの余裕と大人力を見せつけ、男性の脳裏に“好印象”を焼きつかせたいものです。

今年の春はどんなお花見にいくつ参加できるか、そしてそこでどんな出会いが待っているか楽しみですね!
どうか残念な女性として見られないよう、しっかりと対策をとって満開の桜の下にお出かけください!

(文=中田蜜柑)

今、周囲が隠しているあなたへの本音


最新記事をチェック!

 【PR】 

この記事の関連キーワード

HOT TOPICS

こちらもおすすめ

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード