満開の桜は香りがしないのはなぜ?お花見で風流を楽しんで【恋占ニュース】

Loading
満開の桜は香りがしないのはなぜ?お花見で風流を楽しんで【恋占ニュース】
暦文化研究家・景山えりかが、月の満ち欠けをもとにした「旧暦」の取り入れ方をご紹介します。あなたも月の満ち欠けとともに一緒に暦をたしなんでみませんか?

平安より行われてきたお花見で風流を楽しむ

冬に比べると、夕暮れが遅くなってきたのを感じる今日この頃。日中の陽射しはおだやかで心地よく、日は長くなり、いよいよ春本番! 春といえば桜、そしてお花見ですよね。

桜は春を象徴する花として、古くから日本人に愛されてきたイメージがあります。ところが現存する日本最古の歌集『万葉集』では、梅は110首歌われていますが、対して桜は43首。梅のほうが人気だったのです。

それが、奈良時代から平安時代にかけて、花の主役は梅から桜へとうつっていきます。平安遷都の頃、都大路には桜と柳が交互に植えられ、春になると桜の花が平安の都を彩ったのです。平安貴族の間では、桜花を愛でながら歌を詠む花見の宴が催され、のちの武家社会にも受け継がれていきました。一方、農村では春の農作業がはじまる前に、田の神様を迎える花見があり、ご馳走を食べたりお酒を飲んだりして過ごしました。また、桜の花の咲き具合で農作物の出来を占ったといわれています。江戸時代になると、貴族や武家の花見と農村の花見が結びついて、庶民の間で行楽として定着。現代の娯楽的な花見へとつながっていきました。

ところで、「満月に満開になる」という言い伝えをもつ桜があるのをご存知でしょうか。その名も「月光桜」。高知県・大月町の桜です。月光桜が咲く小高い丘の背後から月が昇り、毎年春の満月になると、月の光によって桜の花が白く幻想的に照らし出されるのだそう。ライトアップされた夜桜とはひと味違う光景を、月好きとして一度は見ておきたいところですね。私もまだ見たことがないので、いつか訪ねてみたいと思っています。


満開の桜の下では香りはしない?! 桜の香りの正体とは

満開になった桜の木の下で、ふと思うことがあります。どうして花が咲いているのに、桜の香りがしないのだろうかと。不思議だとは思いませんか?

私たちが桜の香りとして思い出すのは、桜餅を包む桜の葉や、あんパンの真ん中にちょこんとのっかっている桜の花から漂う香り。あの独特の甘い香りの主な成分はクマリンといって、桜の葉や花を塩漬けにする過程で生まれるもの。だから美しく咲いている桜の花からは香りがしないのですね。

桜は、古くから民間薬として使われてきた歴史を持つハーブでもあります。その作用は、解熱や解毒、抗菌など。塩漬けにした桜の花を湯呑に入れて、熱湯を注いだ「桜茶」は、婚礼などのおめでたい席でよく出される飲み物ですが、二日酔いや頭痛にもよいとされています。ほのかな塩味と桜の風味が楽しめて、和菓子との相性もなかなか。春のおもてなしティーとしてお客様にだすのもオススメ。湯呑の中でふんわりと開いた桜を眺めるのも、お花見とは違う趣です。

桜の花が開くのは、年に一度しかありません。その貴重なひとときが今年もめぐってきています。花を愛で、ときに香りを味わって。美しく贅沢な時間を楽しみましょう。

景山えりか(かげやまえりか)
暦文化研究家、星のティーセラピー(R)レッスン倶楽部主宰
旧暦や月の文化に造詣が深く、星や月と親しむ生活を自ら実践。その経験から、自然のリズムに合わせてお茶を楽しむことで、養生やストレスマネジメントにつなげる「星のティーセラピー(R)」を考案。執筆活動やワークショップを通じて、星空とお茶を楽しむ暮らしを提案している。
著書:『自然とつながる暮らしかた 空の向こうは私のうちがわ』(講談社)。

ウェブサイト:http://www.cosmic-life.net
Facebook:自然とつながる暮らしかた

 【PR】 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • 占いフェス2017
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 2017年上半期の占い
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集