2015.02.18

男女問わず“ステキな人”と思われる為にすべきこと〜『繕い裁つ人』〔伊藤さとりの映画で恋愛心理学 第21回〕【恋占ニュース】

Loading
satori_21_eyecatch

映画パーソナリティーとして活躍中の伊藤さとりが、オトナ女子ならではの目線で恋に効くオススメ映画を紹介!記者会見や舞台挨拶の裏話もあるかも!?

男女問わず“ステキな人”と思われる為にすべきこと〜『繕い裁つ人』

「父が神戸のテーラーで夏服、冬服を三着ずつにタキシードが一着という感じでスーツをあつらえていて、それを長年大切に着ている人で。私に職人さんの仕事の素晴らしさを語ってくれた父のお陰で、仕立て屋の話を撮りたいと思ったのが8年前。リサーチしたり、企画書を作ったりしていたある時、『繕い裁つ人』のコミックと出逢って「これだ!」と思ったんです」
目をウルウルさせながら、映画公開の初日舞台挨拶でそう語った三島有紀子監督。その信念こそがステキなのだけど、この『縫い裁つ人』の主人公である洋裁店の女店主からも“本当にステキな人”なる為にすべきことを教えてもらえます。

主人公は神戸にある小さな仕立て屋「南洋裁店」の女主人・市江(中谷美紀)。彼女の服は、昔ながらの職人スタイルで作り上げる一点もので、いつも即日完売。その服に惚れ込んだ百貨店企画部の藤井(三浦貴大)は、市江にブランド化の話を持ちかけるものの、彼女はまったく興味を示さない。仕事は、先代である祖母が過去に作った服の仕立て直しとサイズ直し、あとは先代のデザインを流用した新作を少し作るだけ。「世界で一着だけの一生もの」それが市江の服が愛される理由なのだが、藤井だけは、彼女の胸に秘めた想いに気付いていたのだった。
市江が多くの人に愛され、求められるのには理由があります。それは彼女が、時間をかけてお客一人一人をしっかり見て、その人の魅力を引き出す服を作り上げるから。相手の顔を見て向き合って、その人のために時間を作ることを大切にし、それぞれに合った服を作りたいからこそ、ブランド化して量産しないのです。

恋愛も同じです。誰だって自分をちゃんと見てくれる人に惹かれるし、親身になって真剣に耳を傾けてくれる人を好きになる。
いい人だと思われたいし、好かれたいから、お誘いはなるべく断りたくない、と短時間でも会うのは分からなくはない。けれど、実はそれって逆効果。一日に数人と小刻みに予定を入れているのが知られたら、相手にも「この人は忙しくて、友達が多い」と八方美人のレッテルを貼られてしまう。だからこそ、大切にしたいと思う人に会う時には前後の時間にゆとりを持って。「今日はアナタの為に一日時間をとってある」というアピールも時には必要。
ただし、市江自身も“本当の意味で愛され、求められる人”になるのには、ある変化を必要としました。それは劇中、彼女が胸に秘めていた“自分が生み出すデザインで、服を作ることへの勇気”。それまでは、相手の意思を尊重し過ぎたり、相手に合わせてばかりいて、ある意味“都合の良い人”状態になり得る部分も。

「本当にステキな人だから、この人に会いたい!」そう思われるには、自分の意見をはっきり言えて、褒めてくれる人に対しては素直に「ありがとう」と言えることが重要。人や自分に対してポジティブな発言をする人こそ“本当にステキな(愛される)人”なんですよ。

あらすじ:
神戸の街を見渡す坂を上ると、その店はあった。「南洋裁店」という小さな看板が掛けられた、古びた洋風の一軒家。店主の南市江が作る服は、いつも即日完売。すべて昔ながらの職人スタイルを貫く手作りの一点ものだ。
神戸のデパートに勤める藤井は、市江にブランド化の話を持ち掛けるが、まるで“頑固じじい”のような彼女は、全く興味を示さない。一代目である祖母が作った服の仕立て直しとサイズ直し、あとは先代のデザインを流用した新作を少しだけ、市江はそれで満足だった。南洋裁店の服は、世界で一着だけの一生もの──それが市江の繕い裁つ服が愛される、潔くも清い秘密だった。
だが、自分がデザインしたドレスを作りたいはずだという藤井の言葉に、市江の心に封印してきた何かが揺れ動く──。

2015年1月31日(土)より全国ロードショー
監督:三島有紀子『しあわせのパン』『ぶどうのなみだ』
原作:池辺葵「繕い裁つ人」(講談社 Kiss) 
衣装:伊藤佐智子
脚本:林民夫 
出演:中谷美紀/三浦貴大 片桐はいり 黒木華 杉咲花/中尾ミエ 伊武雅刀 余貴美子
配給:ギャガ 
『縫い裁つ人』(http://tsukuroi.gaga.ne.jp/)
(C) 2015 池辺葵/講談社・「繕い裁つ人」製作委員会

★オリジナルグッズプレゼント★
素敵な『繕い裁つ人』マスキングテープを5名様にプレゼントします!
応募・詳細はこちらから♪
※プレゼント応募にはcocoloni PROLOの会員登録が必要です。
ご応募期限:2015年3月6日(金)

伊藤さとり:
映画パーソナリティー、心理テストカウンセラー。様々な映画イベントや記者会見のMCを努める映画司会者&映画コメンテーター。年間400本以上の映画を観る。
TSUTAYAの店内放送で新作DVD紹介のDJ、Gyao!&ぴあ映画生活&Youtube動画「伊藤さとりと映画な仲間たち」では、監督、俳優、プロデューサー、脚本家らと対談し、映画紹介を行う。

Amebaブログ:さとりのひとりゴト あの映画のウラ・オモテ
Twitter:伊藤さとり@SATORIITO


 【PR】 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 2017年上半期の占い
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集