昨今の結婚「平均年齢」って何歳か知ってる?最も結婚が早いのは〇〇県!

Loading
news_2682

結婚したいという気持ちはありつつも、気付いたら理想の年齢が過ぎていた…なんて人も多いのでは?
昨今の結婚の平均年齢って何歳くらいなんでしょうね?

こちらもおすすめ>>結局、結婚は何歳が妥当?現代女性にとっての「結婚適齢期」を検証

もう手遅れかも…と心配?いえいえ、諦める必要はありません。
芸能界でも白石美帆さんは38歳、水野美紀さんは42歳など、結婚する年齢は人それぞれ。結婚にまつわる様々なエピソードとともに、現代人の結婚事情を掘り下げましょう。

東京は平均年齢が高い?

結婚の平均年齢は、年々上昇しているようです。「平成23年人口動態統計月報年計」の“婚姻”の項目を見ると全国平均は、

【平均初婚年齢の推移】

◎平成5年
夫:28.4歳/妻:26.1歳

◎平成23年
夫:30.7歳/妻:29.0歳

18年の間に男性は約2歳、女性は約3歳、年齢が上がっていることが判明!
なお、平均初婚年齢は地域によって異なります。

【平均初婚年齢の地域差】

◎平均初婚年齢が一番低い
…男女ともに福島県
夫29.6歳/妻27.8歳

◎平均初婚年齢が一番高い
…男女ともに東京都
夫31.9歳/妻30.1歳

東京在住のカップルは初婚年齢が最も高いとの結果に。
いろいろな理由があると思いますが、女性の場合は、いい感じで任されている仕事を妊娠・出産によって手放したくないという考えの人が増えたことが、影響しているのではないでしょうか。

一方、男性は就労形態(正社員・非正規雇用など)の違いや収入の安定度によって、家庭を持ちやすいかどうかが変わってきます。

なお、男女共に言えるのは、結婚相手に「巡り合わない」という理由が最も多いことみたいです。

若くして結婚した人の現状

前述した平均初婚年齢(全国平均)よりも早い段階で結婚する人も一定数います。芸能人だと辻希美さん(当時19歳)、木下優樹菜さん(当時22歳)などがそうですね。

早めに結婚したことで得たメリット・デメリットとは?一般女性のエピソードをご紹介しましょう。

【メリット】

「何より、子どもをたくさん産めたこと!子育てにはどうしても体力が必要なので、20代のうちに3人出産できて良かったと思っています」(23歳で結婚 専業主婦)

【デメリット】

「相手のことをよく知らずに、結婚したかなと思うときもあります。主人の片付けられない性格や朝風呂派のところなど、価値観の違いをわかってから婚約すれば、ケンカを減らせたかもしれません」(24歳で結婚 事務職)

【若くして結婚…その決め手は?】

「この先、いいなと思える人が現れるか不安で、早々に決めちゃいました。旦那さんが完璧だったわけではないのですが、早く結婚したかったので、願いが叶って良かったです」(25歳で結婚 公務員)

若かった分、自分が未熟だったと後々感じることも多いよう。けれど、人生は今からでも変えられます。ご主人として選んだ男性と、より仲睦まじく過ごせるよう、これからも協力して歩んでいけるといいですね。

じっくり派の人は?

平均初婚年齢(全国平均)以降に結婚した人の意見もご紹介しましょう。幸せあふれるエピソードが届いています。

【メリット】

「仕事である程度認められてから結婚したので、今後のキャリアで迷うこともなく、結婚後もありのままの自分でいられます。主人も私のやりたいことを応援してくれているので、ありがたいです」(39歳で結婚 営業職)

【デメリット】

「子だくさんの家庭を作りたかったなと思う気持ちもあったので、もう少し早く結婚すれば良かったと考えた時期もありました。1人息子を大切に育てます」(37歳で結婚 専業主婦)

【結婚しようと思った決め手】

「妥協して相手を選びたくなかったので、この人!と思える人に出会えたら結婚を申し込もうと決めていました。39歳で知り合った彼は、理想に近くて満足しています」(40歳で結婚 SE)

たとえ結婚が後回しになったとしても、得られるものが別にあったという女性も多いようです。結婚とキャリアや叶えたい夢などとの順番が、先になったか後になったかというだけの違いと言えるでしょう。結婚適齢期とは、心の持ちようによるものなのかも。

終わりに

結婚のタイミングは人それぞれだと考え、自分の結婚観を貫いて幸せをゲットする女性も多いことがわかりましたね。

結婚相手はすぐ近くにいる人かもしれないし、明日出会う男性かもしれません。
理想の人生プラン通りには結婚できなかったとしても、誰だって幸運をつかむ権利を持っているはず。来年のあなたはもしかしたら、世界一幸せな花嫁になっているかもしれません。

ライタープロフィール

sacchi
異色の経歴をもち、現在は一児の母とピアノ講師、ハンドメイド作家をかけもちするライター。音楽、美しいものや可愛いもの、綺麗な景色などが特に好きで、何にでも好奇心旺盛なアラサー女子です。人やものとのさまざまな出会いの中で、さらに人間を磨いて日々精力的に活動中。


 【PR】 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 2017年上半期の占い
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集