2015年も宇宙を感じて!皆既月食、スーパームーン…今年の天体ショー見どころは?【恋占ニュース】

Loading
2015年も宇宙を感じて!皆既月食、スーパームーン…今年の天体ショー見どころは?【恋占ニュース】
暦文化研究家・景山えりかが、月の満ち欠けをもとにした「旧暦」の取り入れ方をご紹介します。あなたも月の満ち欠けとともに一緒に暦をたしなんでみませんか?

暦は、天を映した鏡のようなもの。日々の暮らしから宇宙を感じて

世界中のあらゆる暦は、天体観測や天文計算をもとに作られています。私たちが普段使っている暦は、太陽の運行にもとづくもの。旧暦の場合は、太陽と月です。

カレンダーや手帳のことを、日付や曜日を確認するためのツールではなく、天体の動きが写し取られたものと考えると、星の世界がぐっと身近に感じられます。もし、暦を入口に宇宙に興味を持ったなら、まずは空を見上げることからはじめましょう。

2015年はスタートしたばかり。天文現象はこれからが本番! 今後の見どころは次の通りです。

■皆既月食(4月4日)
昨年10月8日、全国的に好天に恵まれて大きな話題となった「皆既月食」。2015年は4月4日に起こります! 夜空が晴れれば、全国で赤銅色の月が見られます。

■金星と木星が大接近(7月1日)
7月1日の夕方、西の空で金星と木星が非常に接近した状態で見られます。占星術において、金星は愛と美の象徴であり、恋愛運を占ううえで欠かせない星。木星は、大きな利益や幸せをもたらす大吉星。この2つの星が寄り添うように輝く様子が見られるとは、なんだかいいことが起こりそうな予感!

■金星が最大光度(7月10日、9月22日)
7月は夕方の西の空に、9月は明け方の東の空に、金星が美しく輝きます。特に7月10日と9月22日は最大光度となるので、昼間の青空の中でぽつんと光る金星を、肉眼でも見つけることができるでしょう。

■ペルセウス座流星群(8月12日~13日)
毎年8月13日頃に見頃をむかえるのが「ペルセウス座流星群」です。今年は新月に近いので、月明かりの影響を心配することなく流星キャッチが楽しめそうです。

■スーパームーン(9月28日)
地球にもっとも近づいた状態で満月になり、月の見かけの大きさが今年最大に。他の満月と比べて、約30%も明るく、約14%大きく見えるといわれています。まさに「super」という言葉がぴったりです。

■ふたご座流星群(12月14日~15日)
毎年12月14日頃に活動のピークをむかえる流星群です。今年は月明かりの心配もなく、ここ数年のうちで最良の条件で楽しめます。人工の灯りがない暗い夜空ならば、14日の日没後から15日の夜明けにかけて、ひと晩で500個の流星をかぞえることも夢ではなさそうです。

毎日、何気なく使っている暦ですが、その中には広大で神秘的な宇宙の世界が広がっています。今年は、日付や二十四節気といった節目から、宇宙のリズムを感じてみてください。そうすれば、暦がもっとおもしろく、日々の暮らしがもっと心豊かになるはずです。

景山えりか(かげやまえりか)
暦文化研究家、星のティーセラピー(R)レッスン倶楽部主宰
旧暦や月の文化に造詣が深く、星や月と親しむ生活を自ら実践。その経験から、自然のリズムに合わせてお茶を楽しむことで、養生やストレスマネジメントにつなげる「星のティーセラピー(R)」を考案。執筆活動やワークショップを通じて、星空とお茶を楽しむ暮らしを提案している。
著書:『自然とつながる暮らしかた 空の向こうは私のうちがわ』(講談社)。

ウェブサイト:http://www.cosmic-life.net
Facebook:自然とつながる暮らしかた

 【PR】 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • cocolonitv
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 2017年上半期の占い
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集