悪酔い、二日酔いは出会いを遠ざける!すぐできる防止&解消法【恋占ニュース】

Loading
news_1033

クリスマスパーティーに忘年会、新年会…と、飲みの機会が多いこの時季。お酒を愛してやまない人も、半ば強制的に飲まされている人も、悪酔いや二日酔いには気をつけたいものですよね。
そこで今回は、お酒の席が続いても安心して楽しめる、事前事後の対策をピックアップしてみました! 宴会続きで弱り気味の彼にも教えてあげてくださいね。

日頃から注意したいポイント

まずは事前の準備。肝臓の働きを良くするため、普段から意識して良質のたんぱく質を摂りましょう。ビタミンやミネラルをしっかりと摂取して、アルコール処理能力を向上させることも大切です。
たんぱく質をたくさん含む食べ物は、肉類・魚介類・卵・大豆製品、乳製品。バランスの良い食事を心がけ、酔いに強い体作りを。

お酒の飲み方で気をつけることは?

飲みの席で注意したいのは、お酒の種類をあまり変えないこと。俗に言う「チャンポン」をするとアルコールの絶対量が多くなってしまいます。悪酔いの大きな要因になるので、ビールをチェイサーにワインを飲む、なんてことは絶対にやめましょう。
また、他の人が飲んでいるからといって、いきなり度数の高いお酒に挑戦するのはNG。飲んだことがないのに泡盛を飲んだり、テキーラを飲んだりするのは危険です。

水分補給を忘れずに

「飲むと脱水症状になる」と言われると、なんで?と思うかもしれません。でも、実はアルコールを摂ると体内の水分が少なくなってしまうのです。お酒を飲むとトイレに行きたくなるのは、利尿作用が働いて水分が体外に排出されやすくなるからなんですね。
飲んでいるときは、お酒の量の1.5倍程度の水を飲むのが理想的だと言われています。体への負担を減らすため、そして手早くアルコールを薄めるためにも、お酒を飲んだらすぐ水やイオン飲料で水分補給しましょう。

悪酔い防止には牛乳!

お酒の前に牛乳を飲むと良いと言いますよね。牛乳には消化液と混じって、取り込んだものがゆっくり腸に流れていくようにする働きがあるのだとか。つまり、先に飲んでおけばアルコールの吸収を遅らせることができるので、悪酔い防止につながるのです。

二日酔い防止にはビタミンC!

アルコールの代謝を早めるにはビタミンCがおすすめ。二日酔いを防止&改善したければ、ビタミンCが豊富なフルーツやレモンを摂りましょう。ハチミツを加えればブドウ糖も一緒に摂れるので、さらに効果的です。
レモンハイやグレープフルーツハイを飲んだり、食後に柑橘類・イチゴなどを食べてみてはいかがでしょうか。

早くアルコールを出すのが大事

二日酔いで困ったときは、なるべく早くアルコールを体から追い出しましょう。水分をたくさん摂ってトイレに行く回数を増やす、部屋を温め汗がかける環境を作るなど、できることはたくさんあります。
マッサージで血行を良くして老廃物を流すのもおすすめ。ただし、酔っているときにお風呂に入るのは危険なのでNGです。


これだけ覚えておけば、連日お酒の席が続いても安心なはず。あとは飲める範囲で楽しんで、お酒に飲まれないように気をつけてくださいね。
酔っ払ってヘロヘロの後輩くんを優しく介抱してハートをつかんじゃう!なんていうのも、ちょっといいかも!?

(文=saki-R)

近々出会う、あなたの次の恋人の特徴【無料占い】


 【PR】 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 2017年上半期の占い
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集