夏より強烈!?足元、頭皮~冬こそ気を付けたい“におい”対策【恋占ニュース】

Loading
news_1008

自分のにおいが気になることってありますか?
夏と比べ、この時季はあまりにおい対策をしない人も多いかもしれませんね。でも、自分が知らないだけで、夏場以上に強烈なにおいを放っている可能性もあります。憧れの男性に不快感を与えていたりしたら…ピンチ!

そこで今回は、冬だからこそ気を付けたいにおいと、その対処法をご紹介します!

要注意のにおいは!?

◆わき汗のにおい

職場や電車で気を付けたいのは、汗のにおい。暖房の効いた室内で、いつの間にかわき汗をかいていることも少なくありません。夏はしっかりケアしている人も、冬は大丈夫だろうとうっかりしがちなんですよね。脱ぎ着しやすい服で外出する、必要に応じてスプレーするなど、におい対策を心がけましょう。

◆足のにおい

そんなわき汗以上に気を付けたいのが足のにおいです。この時季、ブーツを愛用する女性が増えますが、脱いだとき、びっくりするようなにおいを放っていることも。足から納豆級のにおいがプーンと…なんて考えたら、彼氏の家で脱ぐのが怖くなってしまいます。

◆頭皮のにおい

冬は1年の中でも、頭皮のにおいがきつくなりやすい季節。その理由については、下で細かく解説します。自分の頭のにおいにはなかなか気づけないので、特に注意したいですね。

足のにおいを予防するには

冬のお洒落に欠かせないアイテム、ブーツ。実は履いた10分後には、ブーツ内の湿度は100%になるのだとか!その際、ブーツの中には約45億個もの雑菌がいるとのデータもあります。

一般的に女性のほうが男性よりもにおいが薄いイメージが強いけれど、冬場の足元に関しては、男性の靴より女性のブーツのほうが5倍近くも臭うそうです。
汗や皮脂、垢などがにおいの大きな原因となっているので、まずはそれらを防ぐことからスタートしましょう。

毎日同じブーツを履くと、雑菌はどんどん繁殖していきます。できれば2~3足持ち、ローテーションで使うのがおすすめ。
サイズが合っていないと足の裏に汗をかきやすいので、自分の足にフィットしたものを選んでください。これはブーツに限らず、普通の靴についても同じことが言えます。
また、爪の間にたまったカスから雑菌が繁殖する恐れがあるので、爪はあまり伸ばさないほうがいいですね。

履いたら天日干しする、重曹でブーツキーパーを作る、ミョウバンスプレーをするなど、いろいろな方法で足のニオイを解消することができますよ!

頭皮のにおいを改善するには

空気が乾燥する冬は皮脂が過剰に分泌されます。でも、気温が低いので頭皮全体には広がらず、毛穴に溜まりやすくなるとか。その影響で頭皮のにおいがきつくなる傾向があります。乾燥してはがれた角質が毛穴をふさいでにおいの元になるという説も。

乾燥を防ぐには、頭皮の保湿が大切です。保湿効果のあるシャンプーを使う、洗った後すぐに髪を乾かして、雑菌の繁殖を抑える、などの対策をしましょう。

毛穴トラブルの改善に有効なのは、バランスの良い食事をすること。動物性タンパク質や脂肪を摂り過ぎると、症状を重くしてしまうのでご注意ください。
なお、頭皮マッサージやクレンジングオイルの使用も効果的です。


においが気になる方は、自分に合った対処法を探してみてくださいね。気になる彼に、「あれ?」と思われないためにも…ぜひ今日からトライしていきましょう!

(文=saki-R)

今、周囲が隠しているあなたへの本音【無料占い】


 【PR】 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 2017年上半期の占い
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集