2017.01.20

奪略婚した夫を前妻に返却!? 「未婚のプロ」ジェーン・スーが映画『マギース・プラン幸せのあとしまつ』を語る

Loading
news_2486

奪略婚した夫を前妻に、まさかの返却…!?
ニューヨークに暮らす男女3人の、ちょっと“こじれた”三角関係を描くハートフル・コメディ映画『マギース・プラン 幸せのあとしまつ』が、1月21日(土)より全国で公開されます。

これに先立ち、1月18日(水)にコラムニストでラジオパーソナリティのジェーン・スーさん、音楽ジャーナリストの高橋芳朗さんのトークショーが行われました。とその前に…

どんなストーリー?

一言で言うと、ダメ夫を前妻に「お返しします」という、かなり奇想天外なヒロインの活躍を描いた物語。
主人公マギーを『フランシス・ハ』のグレタ・ガーウィグ、前妻ジョーゼットをジュリアン・ムーア、2人の間で揺れるダメ夫ジョンをイーサン・ホークという魅力あふれる俳優陣が演じています。

大学で働くマギーは、妻子持ちの文化人類学者ジョンと恋に落ち、ジョンは仕事ばかりで家庭を顧みない大学教授の妻ジョーゼットとの離婚を決意。自分の小説を好きだと言ってくれるマギーと再婚することに。

数年後、娘も生まれて幸せなはずが、マギーは仕事を辞めて小説家の夢を追い続けるジョンとの結婚生活に不安でいっぱい。

そんな折、マギーは忙しいジョーゼットの子どもたちの面倒を見たことから彼女と親しくなり、ジョーゼットが今でもジョンを愛していることに気づいて…。

メガホンを取ったのは、『50歳の恋愛白書』の女性監督レベッカ・ミラー。実力派俳優3人が繰り広げるコミカルなやりとりがなんとも愛しくて、三角関係にも関わらず、観るとなぜだか元気をもらえる1本です!

「女の敵は女」ではない!

こちらの作品で、最もジェーン・スーさんの心に残ったのは「通常なら対立構造になり、お互いを憎み合うであろうマギーとジョーゼットが、なぜかいい友達になる」部分だとか。
確かに、夫を奪略された前妻と奪った今の嫁が仲良しって、普通に考えたら不思議なことですよね。

立場から言えば、仲たがいせざるを得ない2人だけど、気が合えば敵対しなくてもやっていける可能性がある…これはもしかしたら、人類の歴史におけるものすごい発見かもしれません。

ちなみにジェーンさんいわく「無意識のうちに“女の敵は女”と言う人は多いし、私も前はそう思ってた時期もあったけど、これはよく考えると変な話。男性同士の意見が対立したときに“男の敵は男”と言う人、誰もいないじゃないですか」とのこと。

つまり、敵対するのは女同士だからではなく、単純に個人対個人として仲が悪いから。
「女同士だから足を引っ張り合う、というようなことは言わないほうがいいなと思っていたところに、この映画は“そうじゃないよ”ってことをちゃんと物語で見せてくれたので、すごく感激しました」と話していました。

自分の人生の主人公は「私」

『マギース・プラン幸せのあとしまつ』の中でジェーンさんのお気に入りの台詞は、前妻ジョーゼットの「私は夫を奪われた悲劇の妻でいるつもりはないわ」。そして元夫ジョンに対する「あなた、いつまでも被害者面でいるつもり?」なのだそう。

「彼女は絶対に人生の脇役にならないんですよね。自分の人生の主人公になるってことに徹底的にこだわっている。これは私たちが自分の人生を進めていくうえで、すごく大事なことだと思うんですよ」とジェーンさん。

SNSで手軽に発信できるようになった今は、誰もが「人生の主人公=自分」だと感じやすい時代ですが、それは自分でつかみ取ったものではなく、人の手によって作られたもの。
一方、ジョーゼットは「自分の人生の主人公は自分である」ということに対しての意識が、人一倍強い女性です。

なんとなく周りに流されてるな…と感じている女性は、本当に自分らしく生きるためにもジョーゼットの生き様に学び、ここらで一度、自分の在り方を見直してみるといいかもしれません。

正直になるのは難しくてみっともない

なお、ジェーンさんは人から「この映画ってどんな話?」と聞かれたら何て答えようと考え、「大人が正直になるのってすごい難しくてみっともないけど、いいことだなっていうのがわかる話」と結論づけたそうです。

大人になると、どうしても建て前論が強固になり、本音は後回しになりがちですが、この作品の登場人物たちは「自分に正直でいたい」と願い、実際に正直であろうとします。

「いろいろなことに辻褄が合わないのを我慢するのが大人」であり、もし常に正直でい続けようといしたら、私たちは今、手にしているものを全て失ってしまうかもしれません。
それでも、建て前ばかりで生きていたら息苦しくなってしまうし、心も失ってしまう…。

そんなギリギリのところで生きているはずの大人たちが、正直に本音を語る。そのことが「この映画を面白くしてる大きな要因の一つ」とジェーンさんは語ります。

正直であるのは「大人にとって難しいタスク」ですが、自分らしさを保つためには大切なこと。
みなさんもこの作品を通して、「自分に正直でいる」ってどういうことか、「自分らしい生き方」とは何かを改めて考えてみてはいかがでしょうか。

【STORY】
NYの大学で働くマギーは、文化人類学者・ジョンと出会い、恋に落ちる。彼の妻ジョーゼットは教授として働くバリバリのキャリア。家庭を顧みない妻に疲れ果てたジョンは離婚を決意、自分の小説を好きだと言ってくれるマギーと再婚する。
数年後――娘も授かり幸せに見えた2人だが、仕事も辞め小説家の夢を追い続けるジョンとの結婚生活に不安を感じるマギー。一方、忙しいジョーゼットの子供たちの面倒を見るうち彼女とも親しくなり、彼女が“鬼嫁”ではなく知的で魅力的で、今でもジョンを深く愛していると気づく。ジョンはジョーゼットと一緒にいたほうが、きっと幸せになれる…そう思ったマギーは【夫を前妻に返す】という、とんでもない計画を思いつく―。

1月21日(土)より全国ロードショー
監督・脚本:レベッカ・ミラー
出演:グレタ・ガーウィグ、イーサン・ホーク、ジュリアン・ムーア、他
配給:松竹
(C)2015 Lily Harding Pictures, LLC All Rights Reserved.

公式サイト:『マギーズ・プラン-幸せのあとしまつ-』


 【PR】 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 2017年上半期の占い
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集