2014.11.12

男性参加者が多い時期はいつ!? 専門家が語る婚活パーティー裏事情~シャン・クレール インタビュー(前編)

Loading
news_966

アラサーとか適齢期とか呼ばれる年代に差しかかると、気になり始めるのが「婚活」の二文字。でも興味はあっても、実際に婚活をスタートするのって結構勇気が要る、という方も多いのではないでしょうか?
特に婚活パーティーやお見合いパーティーって、なんとなくハードルが高いイメージがありますよね。

こちらもおすすめ>>アラサー婚活を成功させる3つのポイント!意思表示するのが下手でも大丈夫

そこで、アラサー女性2名で、1ヶ月に1000回以上の婚活パーティーを開催しているという、イベント企画運営会社シャン・クレールを訪問。婚活パーティーのオーソリティ・住田さんにパーティーの流れや参加者のこと、出席する際の注意点などを伺ってきました。
これを読んだら、今すぐパーティーに行ってみたくなるかも!?

☆今回取材した住田さんが所属するシャン・クレールさんのパーティーはこちらから!

キーワードは同世代、年の差、そして…

まず知りたいのは最近の人気の傾向です。いろいろなパーティーがある中、初心者でも楽しむには、どんなテーマのものに参加したらいいんでしょう?

住田さん:「何歳から何歳までと年齢をしぼった同世代のパーティーは人気があります。例えば、“27歳・28歳・29歳限定”ですとか、もう少し広げて“25歳~35歳”ですとか。年齢が近いと話が合いやすいので、気軽に参加して、お友達からという感じで連絡先を交換される方が多いようです。

一方、一部の層に人気があるのは“年上彼氏・年下彼女”のパーティーです。例えば、男性は30代、女性は20代というパーティーがあるのですが、こちらは男性の方に人気ですね。」

なるほど。同世代だったら、共通の話題が多いので安心して話ができそうですね。“年上彼氏・年下彼女”も、ちやほやしてもらえて楽しそう。自分が20代前半ぐらいで、年上好きだったら参加してみたかったかも。

住田さん:「医師・弁護士など、年収や職業を限定したパーティーももちろんやっていますが、ちょっとニッチというか、毎日開催できるほど希望者がいるわけではありません。
弊社の婚活パーティーに来られる女性の多くは、お相手の年収のみを目的にされている方は少ないのかなと。そちらよりは、年齢縛りのパーティーのほうが人気です。

このところ、人気急上昇中なのは“バツイチ&理解者編”。以前は銀座会場のみで、2週間に一回ぐらい小規模に行っていたのですが、話題になって別会場でも開催するようになり…今、要注目のイベントの一つになっています。
テレビや雑誌からの取材依頼も、最近は“バツイチ&理解者編”が圧倒的に多いんですよ。」

バツイチかぁ…。別れた理由にもよるけれど、一度結婚できていたという意味では、魅力的な男性が多いのかも?なんて妄想していたら、住田さん、こんな面白い裏情報も教えてくださいました。

住田さん:「ちなみに、業界内では“バツイチ”の次に来るキーワードは“事実婚”じゃないかと言われています。バツイチだと、家族や遺産の問題で結婚が難しい方も多いらしいんですね。でもパートナーは欲しいと。籍を入れずに真面目なお付き合いをしたい、ということで、今後そちらの需要が増えていきそうなんです。」

愛し合っているけれど結婚はしないって、いわゆるフランス婚!?
一口に恋愛といっても、いろいろなカタチがあるんですね。大人って複雑…!

婚活パーティーの参加者はどんな人?

婚活パーティーと聞いて、気になるのはやっぱりこの問題。参加する男性ってどういう方が多いのでしょうか?

住田さん:「初めてパーティーを見た方に感想を伺うと、総じて“ごく普通の人が多い”と仰います。ちょっとモサい人やモテなさそうな感じの人が集めるんだろうなというイメージがあるようですが、実際は街を行き交う男性をランダムにピックアップしたのと同じぐらいの比率で、かっこいい方もいれば、普通の方もいる、という印象です。

職業は会社員が一番多いですが、公務員の方、自営業の方もたくさんいらっしゃいます。こちらも世の中の一般的な比率と同じぐらいですね。
イケイケの方は滅多にいないのですが、清潔感があって感じが良くて…みなさん、本当に良い意味で普通です。」

そうなんですね!?筆者も、若干アレな男性が多いのかなと思っていました。良い意味で普通の人が多いなら、ちょっと行ってみたいかも。
とはいえ、婚活パーティーに行かなくても出会える人もたくさんいますよね…。職場などで出会って結婚する人と、パーティーに参加する人の違いって何なんでしょう?

住田さん:「今は出会いが少ない時代になってきているようで、若い子に聞いてもナンパもしないし、合コンもあまりしなくなっているそうなんです。みなさん、あまり異性をガツガツ求めてないっていう意見もありますね。
そういう方たちが20代前半のうちはのんびりしていて、20代後半になって、まずいなと思って来始めるケースが多いようです。」

確かに出会いは減ってきていますよね。昔はお見合い好きのおじさんやおばさんがいて、若い男女をくっつけたがったのに、今はそういう人も見当たらないし…。
世話焼きおばさんの代わりに、自分で選んで参加できる婚活パーティーが生まれたってことなのかも。
1対1でしか会えず、しかも断りにくいというリスクを考えたら、お見合いよりコスパの良い出会いなんじゃ?という気もしてきます。

婚活パーティーに参加するきっかけ

それにしてもみなさん、パーティーに参加されるきっかけは何なんでしょう?

住田さん:「出会いがなくてネットで探されたという方がほとんどですね。今はWebでの募集がメインですが、5年ぐらい前は紙媒体でもよく募集していて、有名雑誌に掲載されるとたくさん予約が入りました。

参加のきっかけとしては、女性は、行ったことがあるお友達に連れられて来られるケースが一番多いです。男性でいうと、20代のパーティーはグループ参加の方もいますが、それ以外はほぼ1人参加です。

街コンや合コンパーティーなどは基本的に2人参加が条件ですが、婚活パーティーに関しては男女共に1人で参加されることをおすすめしています。お2人でいると男性も話しかけづらいですし、どちらか片方が男性とカップリングされても、お友達と一緒に帰ってしまうので、そこから発展しなかったりするんです。」

女友達と2人で行って、どちらかだけがマッチングされるって、それ気まずい…!婚活パーティーには1人で行くのが鉄則。これは覚えておいたほうがよさそうです。

男性参加者が多い時期はいつ?

ところで、婚活パーティーって一年中開催されていますが、混みやすい時期や、そうでもない時期というのはあるのでしょうか?

住田さん:「女性はゴールデンウィーク前、夏、そして何と言ってもクリスマス前にたくさんの予約が入ります。クリスマス前でいうと、10月後半から人が集まり始め、12月ぐらいになると徐々に減っていくんです。
反対に男性は、クリスマスが近づけば近づくほどいっぱいになっていきます。10月から11月中頃は女性の方の割合が多く、時が経てば経つほど男性の人数が増えるという…。
クリスマスイブの12月24日になると、だいたい男性のほうが倍いらっしゃいますね(笑)。

ゴールデンウィークや夏も同じで、少し前は女性の割合が多く、その時期に入ってしまってからは男性の割合が多くなります。何年も前からこの状況が続いているので、女性はやっぱりちゃんと考えられているんだなと思います。」

クリスマスまでに彼氏を作って一緒に過ごしたい!と思うと、女性はそこから逆算して、1ヶ月前には出会っておこうと計画を練るんですね。そして、男性は直前になって慌て始めるという…。
たくさんの男性に出会い、ちやほやされたいのなら、狙い目はクリスマスシーズン。ここ、テストに出るのでメモしてくださいね。

後編ではパーティーの流れや、婚活イベントでモテる女性の特徴をご紹介します!

☆今回取材した住田さんが所属するシャン・クレールさんのパーティーはこちらから!

(文=編集J)


 【PR】 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • cocolonitv
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 2017年上半期の占い
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集