「求められる女」になるコツを心理学的に解析!これで彼の唯一無二の存在に

Loading
「求められる女」になるコツを心理学的に解析!これで彼の唯一無二の存在に

あなたは友達から誕生日プレゼントをもらったら、喜んで受け取るでしょう。
そして相手の誕生日に、同じようにプレゼントを贈りますよね。

こちらもおすすめ>>あなたの恋愛タイプはどれ?心理学の観点から6つの傾向を徹底解説!

誕生日のプレゼント交換だけでなく、日本にはお中元やお歳暮といった贈り物の習慣があります。
これらは、必ずしも返さなければならないわけではありません。とはいえ、たいていの場合は経済的に同等以上の返礼をしなければいけない、という心理的義務感を負うものです。

贈与と返礼が生み出すもの

例えば、行きずりの相手からのプレゼントならば、もらいっぱなしになることもあるでしょう。
でも、よく顔を合わせるような人からのプレゼントだったら、もちろんお返ししますよね。

相手との関係性に応じて、何を返すか十分に吟味することでしょう。
これは物理的なプレゼントのみならず、例えば自分が疲れているときにお茶を淹れてくれたり、マッサージをしてくれたりなど、他人からの「心遣い」についても同じことがいえます。

何くれとなく気にかけてくれる相手に、何かの形でお返ししたいと思うでしょうし、その結果、相手が喜んでくれたらうれしく感じるでしょう。
お互いに心遣いを繰り返すことで、人はどんどん親しくなっていきます。

逆にあなたが誰かに贈りものや心遣いをしたのに、その人からお礼の一言もなければ、がっかりしますよね。
そういう人とは、だんだん心理的な距離が生まれてしまいます。

なぜマンネリは生まれるのか

実は恋愛についても同様のことがいえます。
例えば結婚して夫婦になったとしても、一方が気遣い、他方がそれを無視しているようでは、遅かれ早かれその関係は破綻するでしょう。

もちろん「尽くすことがとにかく好きで、相手がノーリアクションでもかまわない」という人なら話が違いますが、一般的なカップルなら、二人の間に距離が生じてしまいます。

強い信頼で結ばれた関係であればあるほど、贈与と返礼を緻密に行っているものです。
相手の琴線に触れるような気配りや、「愛している」という言葉による愛情表現…こういったことが、日常生活のあらゆるタイミングで、習慣的に行われているでしょう。

継続して贈与を行うその根底には、「相手に応えてもらいたい」という強い期待があります。
このような期待を互いに持てなくなったとき、関係は停滞し、「マンネリ」となってしまうのです。

欲求の対象ではなく欲望の対象になる

恋人になることや夫婦になることは、人間関係におけるゴールではありません。
むしろ、新しいステージの始まりといえるでしょう。

一年後の自分が今の自分と違うように、人間関係も常に変化し続けるものです。
成長に、終わりはありません。

そして二人の関係が愛情深く進化し続けるために必要なことは、手に入れたら満足してしまうような「欲求(need)の対象」ではなく、完全に満たされることがない「欲望(desire)の対象」であり続けることです。

求めたら常に応えてくれる存在は、「都合のいい存在」とは異なります。
「都合のいい存在」とは、一方が満足することのみを目的として「欲求」する相手です。
こういった「欲求」は、そもそも「贈与」とは異なります。

「贈与」は、相手が満足することを願う「まごころ」から生まれるもの。
この「まごころ」を受け留めた上で適切に応じられる人が、常に求められる特別な存在となるのです。

まとめ

常に相手に求められる女性。
そんな女性になるために必要なこと、理解いただけましたでしょうか。

相手の期待通り、あるいは期待以上の返礼をできる、そして心のこもった贈与をできる人は、相手にとっての唯一無二の存在になれます。
その人の「まごころ」を見逃さない、そんな「見る目」をお互いに持てるよう、意識してみてくださいね。

ライタープロフィール

黒木蜜
一般企業に勤めながら執筆した作品が日本文学館のオムニバス本に掲載され作家デビュー。古事記への造詣が深く、全国300ヶ所以上の神社紹介記事を執筆。現在、古事記の観点から紹介する神社コラム/恋愛コラムなども手がけている。
黒木 蜜~中今の詩~


 【PR】 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • 占いフェス2017
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 2017年上半期の占い
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集