2014.10.28

あなたの恋に“おいしい奇跡”を起こす!?オムレツのレシピをお届け~11/1公開『マダム・マロリーと魔法のスパイス』

Loading
news_939

食欲の秋まっただ中の11月1日(土)、大切な人と観たくなる、とびっきりおいしい映画『マダム・マロリーと魔法のスパイス』が公開されます!

こちらは、ポルトガル生まれの米人作家リチャード・C.モレイスのベストセラー小説をもとに、『ギルバート・グレイプ』『ショコラ』のラッセ・ハルストレム監督がメガホンを取ったヒューマンドラマ。
原作に惚れ込んだプロデューサー、ジュリエット・ブレイクのプレゼンを受け、共同プロデュースに名乗りを上げたのは、なんとあの名監督スティーブン・スピルバーグです。

おいしすぎる映像にうっとり

舞台は南フランスの小さな田舎町。マダム・マロリーがオーナーを務める老舗のフレンチ・レストランと、その真向いにできたインド料理店の間で、ありえない“料理バトル”が勃発します。この戦いはやがて、料理と人生にストイックな彼女と、2つのレストランに関わる人々に“おいしい奇跡”を巻き起こし――。

作品を彩るのは、今すぐ食べたくなるような目にもおいしい料理の数々。気品あふれる一流フレンチや、スパイスたっぷりのインド料理の魅惑に、思わずお腹が鳴ってしまうかも!?
約2時間の映画の後には、これからフレンチを食べるかインド料理を食べるかで頭を悩ませてしまいそう。

インド人一家の次男で料理人のハッサンと、フレンチの副料理長マルグリットの恋の模様も見逃せません。若い2人はお互いの才能への敬意を恋へと発展させていくのですが、仕事上ではライバル同士。しかも、ハッサンの父親とマルグリットのボス、マダム・マロリーが敵対しているため、思うようにコマを進められないのです。

初々しい料理人コンビの恋の行方は?
そして、衝突を繰り返していたマダムとパパは和解できるのか……?

おいしい料理が人の心を解きほぐし、そのスパイスで、まるで魔法にかかったようにみんなが幸せになる。
そんな当たり前の――でも、なかなか気づけないことを教えてくれる、美しく彩り豊かな極上のエンタテイメント。ぜひ映画館でご賞味ください♪

オムレット・オ・フィーヌ・ゼルブ(ハーブ入りオムレツ)


映画では若きシェフ、ハッサンが作ったオムレツがきっかけで、マダムとインド人一家の関係に変化が生まれるという、物語上でのキーポイントとなっています。

≪材料≫

(2人前)
・卵・・・6個(Mサイズ)
・サラダオイル・・・大さじ1
・バター(無塩)・・・5g
・チャービル(セルフィーユ)・・・3枝
・チャイブ(シブレット)・・・3本
・タラゴン(エストラゴン)・・・3枝
・パセリ・・・3枝
・ミニトマト・・・(小さめ)・・・3個

※24cmのテフロンフライパンを使用

食べるときに
・澄ましバター/サラダ油・・・適量
・塩コショウ

≪作り方≫

[1] チャービル、チャイブ、パセリ、タラゴンをよく洗い水気をきる。葉と軸に分け、葉先のみ使う。ハーブ類を細かくきざむ。ミニトマトは洗ってヘタをとり、水気をきり、縦半分に切っておく。

[2] 調理する直前に卵をボウルに割入れ、塩コショウして[1]のハーブをよく混ぜる。

[3] オムレツ用のフライパンをよく熱し、サラダ油を入れて少し火を弱め、バター5gを加えてムース状になったところへ、素早く[2]の卵液を入れる。
フォークで優しくかき回し、固まり始めたら、トマトをちりばめ、かき交ぜるのを止め、火からおろし、フライパンを軽くゆすり、フライパンから卵が離れるのを確認したらフライパンの柄を持ち上げて、フォークで卵を支えながらオムレツを半分に折りたたみ仕上げる。

[4] 温めておいたお皿にスライドさせ、皿の上に盛りつける。キッチンペーパーでオムレツをおおい、型を整え、澄ましバターを刷毛で表面に塗り、艶を出す。残りのミニトマト、チャービル、タラゴンを使って彩を添えても良い。

ル・コルドン・ブルー オリジナルレシピ
※監修:ル・コルドン・ブルー日本校

☆こちらは、ハッサンのレシピそのものではなく、劇中のオムレツからイメージして作られたレシピです。


頑固なマダム・マロリーが心を開き、ハッサンの才能を認めるに至ったオムレツの味。
みなさんも、ハートをつかみたい相手のためにオムレツを作ってみてはいかがでしょうか?

ハッサンと同じように、小さな、でも忘れられない“おいしい奇跡”を起こせるかもしれませんよ!

【STORY】

南フランスでミシュラン1つ星フレンチ・レストランを経営する、マダム・マロリー。彼女は夫を亡くして以来、レストランでの最高のサービスと美食の追及に人生のすべてを捧げていた。ある日、そんなマロリーの店の真向かいに、新天地を求めてこの地にたどり着いたインド人一家がインド料理店を開業する。
格式高い名門フレンチとにぎやかな庶民派インド・レストラン――何もかも対照的な2つの店は、食材やお客をめぐって衝突を繰り返す。その解決の鍵を握るのは、インド人一家の次男で“絶対味覚”と亡き母から受け継いだ“魔法のスパイス”を自在に操る、天才料理人のハッサンだった……。

11月1日(土)全国ロードショー

監督:ラッセル・ハルストレム
原作:リチャード・C.モレイス(集英社文庫)
出演: ヘレン・ミレン、オム・プリ、マニッシュ・ダヤル、シャルロット・ルボン、ミシェル・ブラン

配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
『マダム・マロリーと魔法のスパイス』

(c)2014 DreamWorks II Distribution Co., LLC. All Rights Reserved


 【PR】 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • 石井ゆかり 2017年下半期の占い
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集