2014.10.14

モテないことを徹底的に自覚せよ!婚活のアドバイスはその後だ【恋占ニュース】

Loading
news_915

【オレ様リーマンの非ジョーシキ恋愛入門8】

約半年間、爆速でフッたりフラれたりを繰り返した必死すぎる婚活経験を生かして、なぜか上から目線で本音の恋愛論を語ります。ちなみに普段は、どこにでもいそうなただのアラサーリーマン。


たまに、婚活について相談されることがある。

「どうやって出会いを作ればいいか?」
「(男性から)モテるにはどうすればいいか?」

そのたびに、「ネットの出会い系からやってみれば?」「街コンなら行きやすいんじゃない?」といったアドバイスをする。
だが、ほとんどの女性はやらない。

「それで上手くいくんですかねぇ…」
「友達と一緒に街コン行こうと思うんですけど、予定が合わなくて…」
「一回お見合いパーティーに行ったら、若い子にばっかり男が群がってたんでイヤになって…」

などと言って。

その反応には、正直、ため息しか出ない。

男性の9割は見た目と年齢で足切りする

婚活はもう超大変である。
生半可な覚悟では続かない。

婚活中、オレが女性をどのように選んでいたかを話そう。

例えば、お見合いパーティーに行ったとする。

パーティーでは最初に3~5分ぐらい全員と話すのだが、外見と年齢でまずは「足切り」する。
具体的には、パッと見で「かわいくないな…」と思ったり、年が35歳以上だったりしたら、もう「ない」という判断をする。
性格とか趣味とか、この時点では一切関係ない。

ひどいと思われるかもしれないが、これが婚活のリアルだ。

何だかんだいっても、見た目は大事だし、若い子のほうが良いのである。
オレなんてまだマシなほうで、モテる男だと20代以外の女性は相手にしないこともある。

結婚となると細かいところまで観察される

それから、出会ってデートすることになった場合。

婚活で知り合っているので、当然結婚相手としてふさわしい女性かどうかを判断する。

「自分の親と上手くやっていけそうか?」
「浪費家ではないか?」
「情緒不安定なところはないか?」

ブランド好きだと言われれば金銭感覚に不安を覚える。
また、ちょっとしたことでヒステリーになるような女性では、親に会わせたくないし、結婚して二人でずっと一緒にいられるとは思えない。

付き合うだけならそんな細かいところまで意識しないが、結婚となると話は別だ。
婚活すれば、そういった男性からの厳しい視線にさらされる。

生半可な覚悟ではそうそう結婚できないことは、おわかりいただけただろうか?

モテないことを徹底的に自覚せよ!

婚活しようと思っている女性に言いたいのは、「まずはモテないことを自覚しろ!」だ。

みんな心のどこかで、

「婚活なんかせずに、もっと自然な形で出会いたい」
「本気を出せば何とかなる」
「まだ焦らなくても大丈夫」

などと思っているから、ごちゃごちゃ理屈をこねて何もしない。
そして、ようやく重い腰を上げたと思ったら、ちょっと上手くいかないだけでやめてしまう。

はっきり言って、婚活しようと思っている時点でモテないのである。

普通以上にモテていれば、どこかで自然に出会ってその流れで結婚する。
それができない時点で、あなたはモテない。
オレだってそうだ。

なので、「モテないのだから、何が何でもやるしかない!」と覚悟してほしい。

それがないと、オレが何を言ってもどうせ聞かない。
勝手に自分の中でやらなくていい理由を作ってやらない。

繰り返すが、とにかく覚悟を決めよう!

婚活なんか二度とやりたくない、オレからは以上だ。

ライタープロフィール

オレ様リーマン
「32歳で結婚する人に出会う」と占い師に言われたことをきっかけに、婚活と名の付くものは片っ端からやってみて、約半年で運命の女性と出会うことができたアラサーリーマン。膨大な婚活経験を生かして、本音の恋愛論を語ります。
ブログ「オレ様の世界」


 【PR】 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • cocolonitv
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 2017年上半期の占い
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集