10/24新月から『閏(うるう)9月』の始まり!2014年が13カ月になるのはなぜ?【恋占ニュース】

Loading
tashinami_10
星とお茶のコンシェルジュ・景山えりかが、月の満ち欠けをもとにした「旧暦」の取り入れ方をご紹介します。あなたも月の満ち欠けとともに一緒に暦をたしなんでみませんか?

今年はなんと13カ月! おまけの月がもうすぐスタート

10月24日は、新月です。旧暦では、毎月の第1日目は必ず新月の日と決まっているので、この日から新しい月が始まります。前回の新月の日は旧暦9月(長月)1日でしたから、次は当然10月だと思いますよね。ところが! 今年は9月がもう一回繰り返されるのです。正確には「閏(うるう)9月」がスタートします。

月の満ち欠けのサイクルは、約29.5日です。これが12回(12カ月)繰り返されて、旧暦の1年(平年)は約354日となります。けれど、太陽のサイクルは1年=約365日ですから、約11日短いことになり、年を追うごとに日付と季節がどんどんズレてしまいます。そのズレは、3年で約1カ月分(11日×3年=33日)。そこで旧暦では19年に7回(だいたい3年に1回)、まるまる1カ月を挿入し、その年は13カ月としてズレを調整するのです。このプラスされる月のことを「閏月(うるうづき)」といいます。

閏月の月名(呼び名)は、その前月の月名の上に「閏」をつけると決まっています。今年の場合、旧暦9月と旧暦10月の間に閏月が入るので、前月の9月に閏をつけて「閏9月」となります。ちなみに前回は2012年で、旧暦3月と旧暦4月の間に閏月が挿入されて「閏3月」でした。

どの年の、何月と何月の間に閏月が入るのかは、暦をつくるルール(暦法)によって決まるのですが、ちょっとややこしいので別の機会にお伝えすることにしましょう。

とにかく今年は9月が2回もあって、1年が13カ月になるお得な年! そう、平年に比べて時間がたっぷりあるのです。ならば、おまけの1カ月は、月のリズムで過ごしてみませんか?

 

月のリズムで毎日を自分らしくイキイキと

月のリズムは大きく4つのステージに分けられ、それぞれに違った意味合いがあります。日付と照らし合わせながら、各ステージのテーマを確認して、ひと月の予定を立てる参考にしてみてくださいね。

●新月/閏9月1日(10月24日)
テーマは「始まり」。今まで気になっていたことや、やりたかったことへの一歩を踏み出すのに最適。直感に従って、新しいことにチャレンジを!

●満ちていく月/閏9月2日~14日(10月25日~11月6日)
テーマは「活力」。刻々と輝きを増していく月のように、体も心も上向きに。自分に自信を持って、積極的に行動すると吉。

●満月/閏9月15日(11月7日)
テーマは「癒し」。満ちていく月の行動が実を結ぶ一方で、ポジティブさが強欲や衝動に変化する可能性も。自分と向き合い、冷静に考えるべきタイミング。

●欠けていく月/閏9月16日~29日(11月8日~11月21日)
テーマは「沈静」。派手に行動するよりも、生活環境や心身のメンテナンスを心がけるとき。新しいサイクルに向けて、準備する期間。

まずは1カ月間試してみて、心地よいと感じたことは翌月以降も続けてみましょう。すると、「満月の日は、こう過ごすと気持ちがいいみたい」というように、自分と月との関係が見えてきます。生活環境を変えたわけではないのに、何かが変わった感じ。月が教えてくれる暮らしのヒントをライフスタイルに取り入れると、何気ない日常がハッピーなひとときへと変わっていくはずです。

景山えりか(かげやまえりか)
暦文化研究家、星のティーセラピー(R)レッスン倶楽部主宰
旧暦や月の文化に造詣が深く、星や月と親しむ生活を自ら実践。その経験から、自然のリズムに合わせてお茶を楽しむことで、養生やストレスマネジメントにつなげる「星のティーセラピー(R)」を考案。執筆活動やワークショップを通じて、星空とお茶を楽しむ暮らしを提案している。
著書:『自然とつながる暮らしかた 空の向こうは私のうちがわ』(講談社)。

ウェブサイト:http://www.cosmic-life.net
Facebook:自然とつながる暮らしかた


 【PR】 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • cocolonitv
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 2017年上半期の占い
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集