「この子、くさっ!」と彼がドン引き?頭皮、足…気になる冬のニオイ対策

Loading
news_2327

イルミネーションがきれいな季節が到来!大好きな彼とぴったりくっついて、キラキラ輝くクリスマスツリーを見に行くこともあるかも…?

こちらもおすすめ>>乾燥知らずでうるつや!冬ならではの「モテ髪」ケアで彼の視線を独り占め

でもちょっと待って!デートの前のニオイ対策、ちゃんとしていますか?実は、寒いこの時期だからこそ気をつけてほしいことがあるんです。

夏場よりもニオイが発生しやくなる

ニオイケアといえば、やっぱり暑い夏…というイメージですが、実際のところ、秋や冬など寒い時期のほうが気になる場合があります。

もちろん、高温多湿の夏場は汗もたくさんかくし、ニオイの原因を作りやすいのですが、そのぶん薄着で、いつでもシャワーを浴びたり制汗剤をつけたりしやすいともいえます。

一方、秋や冬は気温が低いから、寒さをしのぐために肌着を重ねたり厚いコートやマフラーを着たりするでしょう。それなのに、室内は暖房でポカポカなので、衣類の下は思いのほか汗びっしょり。高温多湿の状態になっていることも…。

また、入浴やシャンプーの回数が減ったり、服だって夏場ほど頻繁に洗濯しなかったりしませんか?
これはニオイの元である雑菌にとっては、かっこうの条件がそろっているということなんです。

ニオイ(体臭)が発生するしくみ

体臭は、身体から排出された汗や皮脂が汚れ・雑菌と混じり、ニオイの元となる物質を作り出すことで発生します。
ケアの基本は身体をできるだけ清潔に保ち、雑菌や汚れがつかないようにしたり、汚れたらすぐに清潔にしたりすること。

なお、ニオイは体全体が発生源ですが、部位によって原因やニオイも違います。寒い時期は、頭皮・わき・デリケートゾーン・足などが要注意かも…?

ちなみにニオイは汗や皮脂の分泌量だけでなく、食事やストレス、体調が原因で強くなったり変質したりすることもあるので、ただ清潔にすることだけを気をつけていても、十分とはいえません。

特にこの時期は、忘年会やクリスマスなどイベントが多く、食生活やライフスタイルが乱れがちなので注意しましょう。

冬だからこそ気をつけたいニオイケア

【パーツごとの簡単ケア&注意点】

◎頭皮

シャンプーはできるだけ毎日行い、ドライヤーでしっかり乾かすようにしましょう。半乾きのままではニオイの元です。どうしてもシャンプーができない時は、ブラッシングするだけでも多少の汚れは落とすことができます。

◎わき

夏場と同じように、制汗剤などを使用します。ムダ毛の処理も忘れずに!

◎デリケートゾーン

寒さ対策や生理中で下着を重ねばきをする場合は、あまり締め付けすぎないものを選んで。綿やシルクなど通気性が良い素材がいいでしょう。

◎足

特にブーツは高温多湿になり、ムレやすいので、できれば2~3足を交互に履くのがおすすめ。雑菌は2日以上経つとかなり繁殖してしまいます。1日履いたら2日ほど乾かすことで、ある程度防ぐことができるでしょう。

履く前に、足専用の消臭スプレーや制汗スプレーをシュッとふりかけるのも効果的です。また、かかとなどに角質がたまりゴワゴワになっていると、細菌のエサになるので角質ケアも忘れずに!

最後に

冬場は、どうしてもニオイケアがおろそかになりがちですよね。せっかく彼とイチャイチャしようと思ったのに、プ~ンといやなニオイが…なんてことになったら一大事です。

いざという時に慌てずに済むよう、寒い時期もしっかりとニオイ対策をしましょう。
みなさんが素敵なクリスマスを過ごせますように!

ライタープロフィール

バニラ
美容業界に30年近く関わり、エステテティシャン、カウンセラー、サロンオーナーなど常に第一線でお客様と接する。現在は美容系、メンタル系の資格や経験を活かし、講師やコンサルティング業の他に、美容スペシャリスト&ライターバニラとして活動中!
ブログ:バニラの部屋
Twitter:バニラ@vanilla0717


 【PR】 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

  • 柴田淳の恋愛コラム
  • ハンコ王子ロマくんの姓名判断レッスン
  • 石井ゆかりの星の相談室
  • 鈴木蘭々の開運旅行術
  • 雨宮まみの相談コーナー
  • 北條メリサ 男子向け恋愛相談
  • 加藤まや 新月満月の占い
  • ムンロ王子のタロットコラム

ランキング

人気のキーワード

  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • アイビー茜の恋する12星座占い
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集
  • 本格館