2014.10.08

男は婚約指輪と結婚指輪の違いを知らない!そして金の話は縁の切れ目【恋占ニュース】

Loading
news_905-

【オレ様リーマンの非ジョーシキ恋愛入門7】

約半年間、爆速でフッたりフラれたりを繰り返した必死すぎる婚活経験を生かして、なぜか上から目線で本音の恋愛論を語ります。ちなみに普段は、どこにでもいそうなただのアラサーリーマン。


先日、婚約した。
ちゃんと婚約指輪も買ったぞ。

オレの周りを見渡すと、彼女に婚約指輪をあげた友だちは全体の半分ぐらい。
生まれてこのかた、ずーっと景気は悪化し続け、たまに景気が良くなっていると言われても全く実感の湧かない時代に、きちんと手続きを踏むなんて我ながらたいしたものだ。

偉そうなだけではなく実際偉い男なのだ、オレは。

給料3ヶ月分って、いつの時代の話だ?

ところで、婚約指輪というとある出来事を思い出す。

2~3年前、元カノと付き合っていたときのこと。
交際を始めて3ヶ月ほど経ったある日、彼女にこう言われた。

「婚約指輪は、最低でも給料3ヶ月分以上のものが欲しいな」

まだ結婚の話など一度もしていない。
それに付き合って日の浅い女性に、なぜ給料3ヶ月分以上の婚約指輪を買ってあげなければならないのか?

もしかしてオレは、バブルの時代にでもタイムスリップしたのだろうか?

婚約指輪とは?指輪は二種類もいるのか?

驚愕のおねだり?をされて動揺するも少しは落ち着いた翌日、婚約指輪について調べてみた。

給料3ヶ月分はやはり過去の話で、現在の相場は20~40万円らしい。
また、婚約指輪とは別に結婚指輪があって、それまた10万円ぐらいするとも書かれている。

「何をそんな当たり前のことを…」と思われそうだが、そういうことではない。
当然、オレだって婚約指輪と結婚指輪、二種類の指輪がある、ぐらいの話は聞いたことがある。

だが不思議なもので、人は自分に都合の悪いことは忘れてしまうらしい。
本当に忘れていたのだ。

なので言われて「あぁ、そんな話を聞いたことがあるな…」と思い出した。

そして、指輪以外にもまだ金がかかるものがあるのでは?と不安にかられ、さらに調べると結婚式の平均費用なんてものも出てきた。

たしか430万円。
平均年収ぐらいの金額をたった一日のために使うらしい。

これまた不思議なことに、誰かから聞いた「披露宴はご祝儀を引けばトントン」とか、「親が子どもの結婚のために貯金している」なんて話だけ覚えているものである。

だから、結婚式も披露宴も無料だと思っていた。
我ながら信じがたいことに。

ちなみに、オレは20代半ばから「結婚したい」と言い続けていた男である。
そういう男でもなぜか結婚にまつわる経済的な話に関しては、それぐらい無頓着なのだ。

結婚を迫るのは慎重に、特に金が絡む話は

とまぁそんなことを調べているうちに、元カノに対して不安を覚えてきた。

付き合って3ヶ月で「給料3ヶ月分以上」と軽く言い放った、あの女性の常識や経済観念はどうなっているのだろうか?
そもそも結婚の話をしたこともないのに…。

うっかり結婚しようものなら、いつの間にか貯金は使い込まれ、挙句、「あなたの稼ぎが悪い!」などと責められるのではないだろうか?

不安は徐々にふくらみ、それから1ヶ月後にオレからフッた。

ともあれ、「給料3ヶ月分」とまで言わなくても、高額な指輪や豪華な結婚式を予感させる発言には気を付けたほうがいい。
でないと、男性に人としての常識や結婚後のお金の使い方を疑われ、別れを切り出されることになりかねない。

具体的にどうしろというのは、2人の関係や男性の経済力によるので断言できない。
指輪の話などは男性の年収や貯金、お金の使い方をよくよく観察し、慎重に慎重を重ねて、してほしいところだ。

「金の切れ目」ならぬ、「金の話」が縁の切れ目になりかねない。
いや、ホントに。

ライタープロフィール

オレ様リーマン
「32歳で結婚する人に出会う」と占い師に言われたことをきっかけに、婚活と名の付くものは片っ端からやってみて、約半年で運命の女性と出会うことができたアラサーリーマン。膨大な婚活経験を生かして、本音の恋愛論を語ります。
ブログ「オレ様の世界」


 【PR】 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 2017年上半期の占い
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集