2012.10.07

彼だけの幸運の女神になるために、私にできること【恋占ニュース】

Loading
彼だけの幸運の女神になるために、チェックしておきたいこと

男性にとって、恋人が「あげまん」だったら、こんなラッキーなことはありません!
付き合い始めてからというもの、急に仕事がうまくいくようになり、関わったプロジェクトが次々と成功。上司からほめられることも多くなった。昇給した、昇進した、年収が倍になった。懸賞に当たった、犬に好かれるようになった、などなどいいこと続き。まるで映画やマンガの世界のようですが、現実に「ウチのかみさんはあげまん」と自慢する男性も結構いるようで、ちょっと憧れてしまいます。
懸賞や犬はともかくとして、彼にとっての自分は「あげまん」でありたいと思いませんか?

しかし、なろうと思ってなれるものなのでしょうか、「あげまん」って。生まれつき福の神をおんぶしている人でなきゃダメ?それとも血のにじむような努力を重ねなければなれない?

そこで、「俺の彼女はあげまん!」と豪語する男子たちに、彼女はどんな女性なのか一言でまとめてもらいましょう。

・明るい、よく笑う 「疲れていても、明るい気持ちになれる」
・人をよく褒める。 「彼女に“すごいね”と言われているうちに、自信がついてくる」
・男を立てることが上手 「手料理を振舞うとすごく喜んで、大絶賛してくれる。本当は彼女の方が絶対上手なのに」
・とことん癒し系。 「いつもニコニコしていて、辛い時でも顔を見ているだけでほっとする」
・自分も努力している 「仕事や勉強など、本当によくがんばっているのを見ていると、俺もがんばろうと思える。そんな彼女に “あなたを見ていると、私もがんばれる”と言われたとき、感動して泣きそうになった」

こんな彼女が側にいると、コイツのために明日もがんばろう! と思えるそう。結果として、仕事がんばる→仕事楽しい→仕事成功→出世する→彼女幸せ、俺も幸せ、という男性の考えるハッピーループが生まれるのでしょう。
持って生まれた性格的な要素ももちろんありますが、努力次第で私たちも普通の女から「あげまん」になれる可能性も十分にありそうです。

ところが、そんな努力が空回りしてしまうことがあります。自分の力だけではどうにもならないこと…生まれついての相性や運がそれ。どうにも抗いようのない力が働いているような気がしてならない、そんなことだってあります。

「今まで付き合った人はみんな出世していったので、“もしかして私、あげまんかも”なんて思っていたのですが、今の彼だけは違うみたいで。私と付き合い始めて1か月もしないうちに、自転車にはねられて大怪我。その後もお財布を落としたり、実家の犬に噛まれたりと、驚くほど不運続き。彼は私のせいじゃないと言ってくれますが、いたたまれません」

「彼は私とエッチした翌日にパチンコに行くと、必ず負けるそうです。それさえなければいいのに、と言われます」

今あげまんになれない理由が、生まれついた相性にあるのだとしたら、努力の方向性も見えてくると思いませんか?
それが分かれば、世の女性たちはみんな男たちの幸運の女神になって、世の中もっとハッピーになると思うんですけど、ね。

(文=石村佐和子)

ふたりのあげさげ相性(スマートフォン向け占いサイト:1分開運★琉球秘術へ)

 【PR】 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • 石井ゆかり 2017年下半期の占い
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集