10月2日は重陽の節句。菊の“霊力”で体と心を浄化して~恋する乙女の暦のたしなみ【恋占ニュース】

Loading
tashinami_07
星とお茶のコンシェルジュ・景山えりかが、月の満ち欠けをもとにした「旧暦」の取り入れ方をご紹介します。あなたも月の満ち欠けとともに一緒に暦をたしなんでみませんか?

今日は重陽の節句。霊力の高い菊のパワーで、体と心を浄化して

10月2日は旧暦9月9日にあたり、五節句のひとつ「重陽の節句」です。

五節句とは、1年のうちで大事な節目として江戸幕府が定めた式日のことで、次の5つをいいます。

■1月7日・人日(じんじつ)
■3月3日・上巳(じょうし)
■5月5日・端午(たんご)
■7月7日・七夕(しちせき)
■9月9日・重陽(ちょうよう)

この中で、1月は七草粥を食べて無病息災を願い、3月は雛祭り、5月は端午の節句、7月は七夕祭りとして今も行われています。けれど9月の重陽は、時代が下るとともに自然と廃れてしまい、どのような行事をするのか知らない人が多いかもしれませんね。

重陽は、中国から伝わった菊の花が主役の節句です。中国では奇数(陽数)は縁起がいいとされ、中でも一番大きい「9」が重なる旧暦9月9日を「重陽」や「重九(ちょうく)」と呼んで、特におめでたい節句としていました。日本では平安初期に宮中行事として観菊の宴が催され、秋の花である菊を盃に浮かべた菊酒を飲んで邪気を払い、無病息災と長寿を願ったといいます。

また、中国の重陽にはない日本独自の風習として、節句の前夜に菊の花に綿を着せ、菊の露と香りを移し、翌朝にその綿で体を拭って身を清めると、老衰を防いで長生きできるという「菊の被綿(きせわた)」の行事も行われていました。自然の力を活用した、なんとも優雅な習わしですね。今でいうアンチエイジングケアに通じているようで、ちょっと真似してみたくなります。

それでは、今の暮らしに重陽のエッセンスを取り入れるアイデアをいくつかご紹介しましょう。

(1)「食用菊」を使い、サラダやおひたしをつくって食べる。
(2)中国茶の一種である「菊花茶」を飲む。
(3)キク科の植物である「カモミール」を原料とする化粧水で肌をケアする。
(4)菊の花を湯船に浮かべて「菊湯」を楽しむ。
(5)部屋に菊の花を飾る。

(5)は、花の部分がピンポン玉のように球形をしたピンポンマム(ピンポン菊)が可愛らしくてオススメ。キク科に範囲を広げれば、マーガレットやガーベラ、ダリア、コスモスなど、豊かな色彩と華やかさも楽しめます。

菊は薬効にすぐれ、昔から高い霊力があるとされた花。明日は菊のパワーを活用して、身も心も空間も、しっかりと浄化しましょう。

 

10月8日は皆既月食! 神秘的な月の姿にうっとり

菊で清められた心身は、来週の水曜(10月8日)に特別な満月の光をチャージするチャンスが巡ってきます。なんと「皆既月食」が起こるのです! 月食とは、月が地球の影に入り込んで、満月なのに暗くなったり、欠けているように見えたりする現象のこと。当日の時間帯は次の通りです。

月の欠け始め:18時15分
月の欠け終わり:21時35分

このうち皆既になる時間帯は、19時25分から20時25分まで。皆既といっても、月の姿が完全に見えなくなるわけではなく、月が赤銅色に見えます。

雲や建物に隠されたり、雨が降ったりしなければ、日本のほとんどの地域で皆既月食の一部始終を見られるので、10月8日は夜空に注目です!

皆既月食は、いわば満月のスペシャルバージョン。地球の影に隠れて光を失った月が、再び輝きを取り戻す姿は特別なパワーをたたえています。

次週は、その満月パワーを取り入れる方法をご紹介します。どうぞお楽しみに。

景山えりか(かげやまえりか)
暦文化研究家、星のティーセラピー(R)レッスン倶楽部主宰
旧暦や月の文化に造詣が深く、星や月と親しむ生活を自ら実践。その経験から、自然のリズムに合わせてお茶を楽しむことで、養生やストレスマネジメントにつなげる「星のティーセラピー(R)」を考案。執筆活動やワークショップを通じて、星空とお茶を楽しむ暮らしを提案している。
著書:『自然とつながる暮らしかた 空の向こうは私のうちがわ』(講談社)。

ウェブサイト:http://www.cosmic-life.net
Facebook:自然とつながる暮らしかた


 【PR】 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • cocolonitv
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 2017年上半期の占い
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集