2014.09.24

フラれたのはあなたのせいじゃない!2人の相性が悪かっただけだ【恋占ニュース】

Loading
news_880

【オレ様リーマンの非ジョーシキ恋愛入門5】

約半年間、爆速でフッたりフラれたりを繰り返した必死すぎる婚活経験を生かして、なぜか上から目線で本音の恋愛論を語ります。ちなみに普段は、どこにでもいそうなただのアラサーリーマン。


先日、女性たちが嫁不足の田舎を訪れる、某集団お見合いの番組を見た。
自分の婚活経験を思い出しながら見ていたが、良くも悪くも実にリアリティのある内容だった。

性格が明るいから、フラれることもある!?

番組では、1人のイケメンを巡って2人の女性がデッドヒートを繰り広げていた。しかし、結局イケメンが告白したのは、最後の最後に5分程度話しただけの美女。
よく「人間顔じゃない」なんて言うが、あの男、どう見ても女性を顔以外の要素で判断したとは思えない。

また、ある男性は、女性の好みについて「見た目は派手だけど、性格は暗い人がいい」という、男のオレでもちょっと理解しかねることを語っていた。
つまり、性格が明るかったらダメってことらしい。
実際、明るい女性は候補から外していた。
う~ん、全然わからない…。

かく言うオレも、かわいくて性格も良い子を「笑い声が生理的に受け付けない」というだけの理由でフったことがある。

人の好みなんて本当にいろいろあって、考えてどうにかなるものではない。
どんなに性格が悪くても見た目が好みというだけで上手くいくこともあれば、一般的にはモテそうに見える性格が原因でフラれることもあるわけだから。

フラれたのは単に相性が悪かったからである

話変わって、オレが婚活していたときのこと。

当時は、フラれることもそれこそ大量にあった。最初はそのたびに「あそこであぁ言ったから引かれたのか?」「着ていた服がまずかったのか?」など、自問自答していた。
同じように恋愛がうまくいかず、「自分の何がいけなかったのか?」と悩む人は多いだろう。

だが、フったりフラれたりを何度も繰り返した結果、思うのは、フラれたからといってほとんどの場合、別に自分が悪かったわけではないってこと。

例えば、「(デートのときに)連れて行った店がまずかったのか…」と何度か悩んだ。が、同じ店に連れて行っても「私をこんな安っぽい店に連れて来て…」という顔をする女性がいた一方、「すっごいオシャレな店に連れて来てくれてありがとうございます!」と言ってくれる女性もいた。

もしくは店とかいう以前の問題で、オレの外見がタイプではなかった、なんてこともあった。
…なので、たまたま会いはしたものの、顔を見た瞬間に、既に「ない」と思われていた、と。
あぁ、思い出してもムカつくわ。

そういうのって、つまりは相性の問題である。
どんな性格がいいか、何系のファッションが好きか、デートで行った店をどう思うかなどなど、同じことをしてもどう受け取るかは人による。

外見がタイプじゃないのも、言うなれば相性だ。
世の中には美女が好きじゃないなんて男もいるからね。

だから、フラれたのは自分の何かが悪かったのではなく、単に相手との相性が悪かっただけだと思えばいい。

フラれたからといって悩んだりせず、さっさと忘れて次に行こう。

ただし常識がないのはダメだ

だが、全部が全部、相性というわけでもない。
結論から言ってしまえば、常識がないのは相性以前の問題だ。

具体例を書いたほうがわかりやすいので、婚活で会った女性とのデートでのエピソードを3つ書く。

◆例1:スペック重視の女性

オレの年収でも気になるのか、仕事の内容はまだしも、会社の場所やら規模やら事細かに聞いてくる。
さらには、学歴までそれとなく聞き出そうとしてくる。
これって、男がいきなり女性に3サイズを聞くぐらい失礼な話だ。

◆例2:おごられて当然のようにしていた女性

デート中は普通に振る舞っていたが、いざ会計となると、オレに払えと言わんばかりに店の外に…。
そういう女性なので、もちろんご馳走してもらったお礼なんて言わない。
おごるのは構わないが、せめて財布を出すフリぐらいはしとこうか。

◆例3:遅刻して逆ギレした女性

今でも忘れられない強烈な女性もいた。
デートのときに毎回遅刻してくるので軽く注意したら、ものすごい勢いで逆ギレされた。

「今までちょっと遅れたぐらいで気にする男の人なんていなかった。
 『遅れる』ってメールしてるんだから、適当に時間つぶしてればいいでしょ?
 だいたい前から言おうと思ってたけど、あなた、人として器が小さいわ!」

いやいや、器が小さいのはお前だろ…。

ということで、

・失恋の理由の大半は単に相性が悪かっただけ。
・常識がないのは相性以前の問題だ。

この2点を覚えておいてほしい。
器が小さいオレからは、以上だ。

ライタープロフィール

オレ様リーマン
「32歳で結婚する人に出会う」と占い師に言われたことをきっかけに、婚活と名の付くものは片っ端からやってみて、約半年で運命の女性と出会うことができたアラサーリーマン。膨大な婚活経験を生かして、本音の恋愛論を語ります。
ブログ「オレ様の世界」


 【PR】 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • 石井ゆかり 2017年下半期の占い
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集