2014.09.12

彼が99%OKを出す!デートの誘いを断られない便利な恋愛テク【恋占ニュース】

Loading
news_858

「恋愛の駆け引きはしないほうがいい」「男は計算高い女が嫌い」などと言いますが、恋愛という土俵では、多かれ少なかれ、誰もが何かしら駆け引きをしているのではないでしょうか。
それがあまりにもわざとらしいと嫌われてしまうこともあるけれど、すごく自然に見えれば、駆け引きしていると気づかれずに彼との距離を縮めることができるかも!?

彼のハートをギュッとつかむなら、恋愛心理学を上手に活用してみませんか?これから解説するテクニックを使えば、相手を振り向かせることができるはず。
ということで、今回は、気になる彼とのデートのチャンスを引き寄せる方法をご紹介します。

断られない誘い方がある?

好きな人を食事や映画に誘う際、「断られたらどうしよう?」と不安になる場合も多いでしょう。そんなとき、「断られない誘い方」があったらいいと思いませんか?

恋愛心理学には“ダブルバインド”(二重縛り、二重拘束)というテクニックがあります。これは相手に選択の余地は与えるけれど、決して「NO」とは答えられないように誘導する方法です。

考え方としては「あなたは海が好き?」と聞くのではなく、「あなたは海が好き?それとも山が好き?」という質問をするのと同じこと。
「海は好き?」とだけ聞いたら、相手はたいてい「好き」か「嫌い」と答えますが、「海と山」の二者択一にすれば、どちらか一つは好き、と答えるケースが多いのではないでしょうか。

ダブルバインドの効果的な活用法

上記のテクニックを応用してみましょう。

例えば、男性に「今週の金曜、飲みに行かない?」と言ったら、相手は「都合が悪くて」と即座に断るかもしれません。
でも、「今週の金曜と来週の金曜、どっちなら飲みに行ける?」と聞けば、選択肢があるので「今週なら」「来週のほうが都合がいい」という返事になるでしょう。

他には、「この後、ご飯食べに行こうよ!時間がないならお茶でもいいよ?」とか「もし映画を観に行くなら、アクションと恋愛ものどっちがいい?」とか。
相手がどちらを選んでも自分にとって有利な方向に持っていくことができれば、デートのお誘いの成功率はグッとUPします。

※ただし、あなたと2人で飲みたくない場合は「どちらも都合が悪い」と答える可能性大。そのときは脈ナシの可能性大なので、新しい恋を探したほうがいいかも。
多忙で時間を作れないようなら、「来月飲もう」など、別の日程を提案してくるはずです。

間の取り方を大切にしましょう

コミュニケーションを取る上で大切なのは、間の取り方です。相手に深く考えさせる隙を与えてしまうと、せっかくのダブルバインドの効果も半減してしまいかねません。
バラエティ番組で芸人さんが話すのを参考にするなどして、テンポの良い会話を意識すれば、より成功率が上がるでしょう。

交際中の彼氏にも使ってみて

ダブルバインドは、片思い中の相手にはもちろん、交際中の男性に対しても有効な心理学と言えます。
彼と旅行したいなら「北海道と沖縄、どっちに行きたい?」「ハワイとタイだったらどっちに行きたい?」などと質問してみましょう。
彼の好みや関心事もわかるので、一石二鳥ですよ。

お目当ての彼にアプローチしたのにうまくいかなったのは、もしかしたら質問の仕方がベストではなかったからかもしれません。もう一度誘ってみよう、と思ったら、ぜひダブルバインドを活用してみてくださいね!

(文=saki-R)

心して聞いてください!あなたがあの人の恋人になれる可能性【無料占い】


 【PR】 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • 石井ゆかり 2017年下半期の占い
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集