9/9は今年最後のスーパームーン!空を見上げて満月に願い事を【恋占ニュース】

Loading
news_846

月が好き。特に満月には理由もなく惹かれてしまう。なんて人は少なくないでしょう。
美しく穏やかな微笑を湛え、女神のように悠然と地球を見守っている月。それでいてどこか寂しげで謎めいていて…。
世界中にいくつもの伝説が残されていることからも、いかに多くの人が月を愛し、慈しんできたかということがわかります。

≪スーパームーンと中秋の名月を楽しんで≫

ところで、2014年は“スーパームーン”の当たり年。8月は今年最大のスーパームーンが見られる!と、かなり話題になりましたね。
スーパームーンとは、地球と月が最も近づいたタイミングで満月になること(またはその月の姿)で、普段の満月よりも明るく大きく見えるそう。

前回は8/11(月)の早朝、その前は7/12(土)の夜に発生しましたが、今回は9/9(火)の10:38に観測できる予定です。

午前中なので、最接近する時間帯には恐らく見えないのが残念なところ…ですが、前日9/8(月)は日本人が愛してやまない“中秋の名月”(旧暦8月15日の月)。
8日の夜、例年より明るく大きな中秋の名月とプレ・スーパームーンを一緒に楽しんではいかがでしょうか。

≪満月に恋の願いを!≫

満月の時期、恋愛成就やお金にまつわる願い事をすると叶いやすいそうです。一番パワーが強いのは満月の直後から8時間と言われていますが、前後24時間以内ならば有効だとか。
満月の夜、グラスにロゼワインを注ぎ、月を映して「恋が叶いますように」と唱え、飲み干すと叶うなんて説も。

なお、月明かりの下で瞑想すると、心にたまっていたものが浄化されると伝えられています。世界三大美女の一人、クレオパトラは入浴後、全身に香油を塗り、そのままの姿で月光浴をして美容効果を高めたそう。
恋愛力を高めたい、もっと素敵な女性になりたい、と思ったら月光浴をして月の力を取り入れてみましょう。

≪来年以降のスーパームーン≫

スーパームーンが1年に3回も見られるのはとても珍しく、来年以降の予定は

2015年 9/28
2016年 11/14
2018年 1/1
2019年 2/19
2020年 4/7

と、年に1回あるかないか。
今回を逃したら来年まで見られないので、前回見逃した方はもちろん、見た方も、天気が良ければぜひ空を眺めてみてくださいね。

≪これから見られる2014年の天体ショー≫

最後に、今年の下半期に観測できる天体ショーをご紹介します。

◆10/8(水)“皆既月食”
皆既月食は今年2度目。ただし、1度目(4月)は日本ではほとんど見られませんでした。
今回の月食は日本全国で観測可能。東京では、夕方5時過ぎから月が薄い影に入り始めます。6時過ぎには濃い影に入り始め、欠ける様子がわかります。月が地球の影に入った時の月の色に注目しましょう。

◆10/22(水)“オリオン座流星群極大”
冬の星座としておなじみのオリオン座。10月下旬には夜更けの空に昇ります。24日が新月なので、好条件で観測できるでしょう。

◆11/18(火)“獅子座流星群極大”
夜明け前に新月前の細い月が昇ってきます。月明かりの影響はあまりなさそうです。

◆12/14(日)“双子座流星群極大”
活発な出現を見せてくれるはず。下弦の月明かりがあるため、夜半後はあまり条件がよくありません。月を目に入れないようにして観測しましょう。

◆12/20(土)“夜明け前の東の空に月と土星が並ぶ”
2014年は毎月のように、月と土星の接近を見られますが、この日も新月前の細い月と土星が接近します。

9/8(月)“中秋の名月”、9/9(火)“スーパームーン”の後も、様々な宇宙の神秘を満喫できそうです。どんな夜空を観測できるか、今から楽しみですね!

(文=編集J)

心を動かす月のリズム 今日の月が与える影響【無料占い】


最新記事をチェック!

 【PR】 

この記事の関連キーワード

HOT TOPICS

こちらもおすすめ

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード