2014.09.08

9月9日魚座の満月が教えてくれる「愛することを恐れないで」~新月満月からのメッセージ 【恋占ニュース】

Loading
mangetsu_0908
夜空が明るくなり、天体観察が難しくなりつつある今現在、新月&満月は、私たちが肉眼で直接観察できる星回りです。新月&満月というタイミングをきっかけに外なる光(宇宙)と内なる光(自己)の共鳴を感じていただきたいなと思います。この占いコラムが外なる光(宇宙)と内なる光(自己)の共鳴を感じるのに役立ちますように。

新月満月からのメッセージ 9月9日 魚座の満月

9月9日は魚座の満月です。前回、乙女座新月(8月25日)については「夏の終わりと秋の始まりを感じるタイミングとなりそうです。」と書きましたが、その半月後に起こる今回の満月は、次の大きな星回りへと向かう「調整期」といった感じの節目となるでしょう。満月図を見たとき、細やかな調整的展開と共に秋めいていく‥‥そんな気配を感じました。折しも、魚座満月の前日9月8日は中秋の名月でした。あなたの身近で、さまざまな「秋」を目にする機会がこれからますます増えるでしょう。ちなみに先で述べた「次の大きな星回り」とは、10月8日の皆既月食(牡羊座満月)、10月24日の部分日食(蠍座新月)を指しています。これは後日お知らせすることにしますね。

今回の魚座満月図を詳しく見てみます。主な星回りは3つです。ひとつは、魚座満月(乙女座太陽と魚座月)に対し、蠍座土星が調停的に関与しています。これは今回の満月が言葉にならないものや目には見えないもの、無意識に感じ取ったこと、限りない思いを形にできるタイミングとなり得ることを示しています。もうひとつは、乙女座金星と魚座海王星が相対している配置です。この配置は「良いもの」「善いもの」「美しいもの」「愛らしいもの」へと心が動き、それらを賛美したり、細やかに愛しむエネルギーを示しています。3つめは、天秤座水星と山羊座冥王星による相克関係の配置です。また、この天秤座水星は獅子座木星とは協力的配置を作っています。あるアナウンスが告げられ、それを押し通そうとする動きを示唆しています。

これら3つの星回りを見た上で、今、私がお伝えしたいのは「誰か(何か)を愛しく思うプロセスにコミットして下さい」ということです。この時期、「愛しい人(もの)を愛する」プロセスへとコミットする場合、もしかしたらそれ相当の意思や覚悟が必要なのかもしれません。しかし同時に意味深い学びも得られるでしょう。愛することを恐れないで下さい。愛されることも恐れないで下さい。頭の中で計算して愛するのではなく、ハートから生じる愛に従って下さい。「愛しい」と感じた自分自身を信頼して下さい。今回の魚座満月は「愛するということに真摯に取り組んで下さい」と示唆してくれているように思います。エーリッヒ・フロムの「愛するということ」を読み返してみたくなる、そんな星回りです。

今回の魚座満月の影響を強く受けるのは、双子座、乙女座、射手座、魚座です。今、あなたの目の前でどのような出来事が繰り広げられているにせよ、それもまた愛の現れなのです。そこに愛を見て取る賢さ、あなた自身の愛の力が試されています。牡羊座、蟹座、天秤座、山羊座は、誰か(何か)を愛するというプロセスを通じて、とても大切なことを学ぶのかもしれません。誰か(何か)を愛するという経験が、あなたという人を成熟させるでしょう。牡牛座、獅子座、蠍座、水瓶座は、ハートから生じる愛、内側からわき上がる喜びが、この時期のあなたの指針となるでしょう。あなたのハートから生まれる愛ときちんと向き合い、それに従って下さい。

加藤まや
2003年に占星術研究を開始。2004年より雑誌やWEBでの占い連載、占星術コンサルティングなどを行う。趣味は神社参拝と天然石アクセサリーの製作。
ウェブサイト:まやブログ

 【PR】 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • 石井ゆかり 2017年下半期の占い
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集