注目の「塩ヨーグルト」で美肌に!夏バテにも効くトルコ料理の魅力【恋占ニュース】

Loading
注目の「塩ヨーグルト」で美肌に!夏バテにも効くトルコ料理の魅力【恋占ニュース】

毎年夏は体調を崩しがち…それは冷房病のせいかもしれません。
実は筆者も以前、この季節になると手足が冷えたり肌荒れしたり。いつも不調を抱えていました。体もだるくて本当につらかった。でも、ある年を境い目に不思議とその症状が出なくなったのです。

何でかな?と考えてみたところ、それはトルコ料理のおかげらしいことが判明。その年の春にたまたま行った職場近くのお店を気に入り、週に一度は通っていたのです。

トルコ料理というと、日本では串刺しの肉を焼いた「シシカバブ」やお餅のように伸びるアイスクリームが有名ですね。
でも、筆者が行っていたお店のご主人いわく「本場のトルコ料理は肉ではなく野菜が中心」とのこと。しかも、夏を元気に乗り切るのに有効な料理が多いそうなのです。
トルコ料理はなぜ夏バテに効くのか…その秘密をご紹介しましょう。

■野菜たっぷり!「ゼイティンヤール」

夏のトルコは、地方によっては40℃を超えることも珍しくないそう。そんな猛暑の日々、トルコの人々はオリーブオイルを使った「ゼイティンヤール」という冷菜をよく食べます。

日本では暑いと「そうめん」や「そば」を食べがちですが、麺類だけだと炭水化物ばかりでその他の栄養素が不足しがち。その点、「ゼイティンヤール」はナスやピーマン、インゲンなどの野菜がメインなので、ビタミン・ミネラル・食物繊維を摂ることができます。
また、オリーブオイルに含まれているビタミンEは、エアコンの効きすぎで冷えた手足の血行を改善するのに効果的!

ちなみに、野菜のオリーブオイル煮は全て「ゼイティンヤール」というため、お店によっていろいろな野菜のゼイティンヤールを食べられます。前菜の定番なので、トルコ料理屋さんに行ったらぜひ注文してみましょう。
レシピを調べ、自宅でお気に入りの野菜を使って作るのもいいかもしれませんね。

■塩ヨーグルトで美肌に!

塩麹に続き、人気を集めている発酵系調味料「塩ヨーグルト」。
実はトルコには古くから「アイラン」という、ヨーグルトに塩を加えた飲み物があります。ヨーグルトに含まれている乳酸菌は腸内環境を整えるほか、肌荒れを改善する効果も。
塩を入れることで乳酸菌の働きが活発になるので、しょっちゅう食べていれば、つやつやお肌に導いてくれそうです。

「アイラン」は、見た目は飲むヨーグルトそのもの。
甘いヨーグルトに慣れている私たちにとっては、ちょっと衝撃的な味ですが、ヨーグルト風味の冷たいスープだと思えばおいしく飲めるでしょう。

なお、トルコ料理にはヨーグルトを調味料として使うものが多いため、食事をするだけで乳酸菌をたくさん摂れるんですよ。乾燥肌に悩んでいる人は積極的に食べるといいですね。

■ミントで気分爽快!

暑い時期は彼氏がイライラしがちで、ちょっとしたことでもすぐ喧嘩になる!と悩んでいる方もいるのでは?
夏場は、男性ホルモンの一種である「テストステロン」の分泌が増えるそう。この「テストステロン」はモテホルモンとして有名ですが、多くなりすぎると攻撃性が高まって怒りっぽくなると言います。

そんなご機嫌斜めの彼にもトルコ料理はオススメです。なぜならトルコ料理はたくさんのミントを使うから。ミントには緊張を和らげ、リラックスする効果があることはよく知られていますよね。
「テストステロン」は日中に多く分泌されるので、ランチにトルコ料理を食べると彼のイライラが収まり、穏やかな気持ちでデートを楽しめるかも。

トルコでは風邪をひくと、日本でいう生姜湯のようにミント茶(乾燥ミントを煮出し、ハチミツとレモンを加えたもの)を飲むそうです。体を温める効果もあるので、クーラーで体が冷えてしまったときにもぴったり。

日本ではあまり知名度が高くないものの、世界的に見ると中華料理・フランス料理と共に世界三大料理に挙げられるトルコ料理。スパイスを多用するイメージがあるかもしれませんが、素材本来の味を活かしたシンプルな料理が多く、日本人にも食べやすいんですよ。
肌荒れや体調不良に悩んでいる方、最近彼氏が怒りっぽいという方はぜひトライしてみてくださいね!

(文=AYAME)

あの人とのデートに最適な日はいつ?【無料占い】


 【PR】 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • cocolonitv
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 2017年上半期の占い
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集