美白=清楚、美黒=小顔!これからは「戦略的な日焼け」でモテる!?【恋占ニュース】

Loading
news_812

特に美人ではなくスタイルが良いわけでもないのに、なぜかモテる人っていますよね。筆者の友人・玲子さん(29歳)もそんな女性の一人。「これ!」と決めたメンズは必ず落とす……という肉食系ラブハンターです。

「そういう人って、派手で女豹みたいな感じなんだろうなぁ」と思うでしょ?それが大違い!実際の玲子さんは、初対面の男性が必ず「清楚な女性」だと信じてしまうタイプなんです。
薄化粧のときはともかく、ちょっと派手目のメイクをしていても、「楚々としている」「ピュア」と思われることが多いとか。そして、肉食系だとバレることはまずないそうです。

彼女がこのように、良い意味で「誤解」されるのには理由があります。玲子さんは日本人とは思えないほど色白。透き通っていて、血管が見えそうなぐらいの美白肌の持ち主なんです。
男性から見ると、色白の女性ってそれだけで清楚な感じがするみたいで。深窓のお嬢様とか、年中日傘をさしているようなイメージ?

そんな彼女に魅かれ、花に群がる蝶のように近づいてくる男性たちの中から、気に入った人をゲット!というのが玲子さん流のラブハンティング。うーん、うらやましい!

玲子さんいわく「色白は私の武器」「これは戦略的な美白なの」。
キレイでいたいからではなく、男を引き寄せるために美白を保つ人がいるって、彼女と出会って初めて知りました。見た目は清楚なのに「戦略的な美白」だなんて小気味良すぎ!
でも、それで本当にモテているんだから、彼女は正しいんだと思います。

ここでふと疑問が。「戦略的な美白」があるってことは「戦略的な日焼け」もあるんでしょうか?
都内で働く女性たちにリサーチしたところ、2人の方からエピソードを伺うことができました。

<小麦色クリームで、小顔&ほそ見え!>

外資系企業で広報を担当している佳乃さん(28歳)は仕事柄、雑誌やWEBに顔写真が掲載されることが多いそう。でも、もとが色白なため、背景が白いと輪郭がぼやけて顔が大きく見えると悩んでいました。
そこで彼女は、美白ならぬ“美黒”を目指すことに。活用したのは手軽に日焼け肌を作れる、通称「小麦色クリーム」です。

海外の有名化粧品メーカーの小麦色クリームを使用したところ、数日でみごとにキレイな小麦肌に変身!おかげで写真うつりも格段によくなり、引き締まって見えるせいか「痩せた?」と言われるようになりました。
しかも外国人の男性社員に「キレイになったね」とほめられ、食事に誘われる機会も増えたとか。

<ウェディングドレスには小麦肌>

「ウェディングドレスって、色白よりもキレイに日焼けしている人のほうが似合う」
ウェディングプランナーの朋美さん(30歳)は何人もの花嫁を見て、そう感じていたそうです。そして、「自分が結婚するときはドレスが似合う肌になろう」と思い続け、昨年5月の結婚式の前には日焼けサロンに通いました。

焼き過ぎを防ぐためにSPF30の日焼け止めを塗り、時間をかけてゆっくり焼く……という方法で、計画的にほどよい小麦色を目指した彼女。2ヶ月間の努力で、理想の小麦肌を手に入れることができました!
結婚式当日、みごとにドレスを着こなした朋美さんは友人たちに「すごいキレイ」「似合ってる」と絶賛され、大満足だったそうです。

日本では「色の白いは七難隠す」と言われていますが、美黒肌にも結構メリットがあるんですね。
紫外線を浴び過ぎると、肌に負担がかかったり、シミができたりしそうで心配ですが、期間限定で小麦色を塗るぐらいならいいかも!?

色白で清楚さを演出するか、小麦肌で健康的な美しさをアピールするか。みなさんはどちらを目指したいと思いますか?

(文=三浦由子)

マドモアゼル愛が教える あなたの恋の武器


 【PR】 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • cocolonitv
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 2017年上半期の占い
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集