劣化防止の決め手は夏の美容液にあり!この季節に最適な選び方&使い方【恋占ニュース】

Loading
news_2157

美容液というと、なんとなく高級そうなイメージがありませんか?
それに「効果はありそうだけど、どんなタイミングで使用すればいいの?」って、悩んでいる方もいるようです。

こちらもおすすめ>>小鼻、頬の毛穴がツルン!美容のプロが教えるタイプ別・毛穴対策

そこで今回は、夏場にもおすすめの美容液の選び方など、まめ知識をあれこれご紹介します。

美容液の効果&必要性について

そもそも美容液には、どんな効果・役割があるのでしょうか?

美容液は美肌になるための有効成分を豊富に含んでいて、化粧水やクリームとはテクスチャー(使用感)が全くちがうものです。一般的には、半透明のジェル状でスポイト式などの小さめの容器に入っていて、やや高額なイメージがあります。

しかし、最近は化粧水に近いサラサラタイプやクリームに近いしっとりタイプなど、さまざまな形状や使い心地のものがあり、値段もピンキリなので、美容液としてのはっきりとした定義はなくなってきています。

とはいえ、美容液の最大の特長は、その名のとおり美容効果が高いこと。

どんな人でも必要というわけではありませんが、速効性があるものも多いので、肌タイプ・肌トラブル・予算などに合わせて、日常のケアに加えて1本は用意しておくと安心ですね。

特に夏場はダメージを受けやすいので、毎日使用してもいいと思います。

美容液は目的と使用感重視で選ぶこと

美容液を選ぶ際は、まずどんな目的で使用するのかを考えましょう。保湿を重視したいのか?もしくは美白を重視したいのか?など、それぞれ違うでしょうし、肌質や年齢などでも変わってきます。

もちろん、いろんなトラブルに対応するために、数本を使い分けしたり、重ねて使ったりすることも可能です。

なお、美容液を選ぶ際は内容成分も重要ですが、使用感もとても大切なポイント。どんなに良い美容成分が配合されていても、ベタベタしすぎていたり、伸びが悪かったりするものは、あまりおすすめできません。

美容液には、トロッとした感触がありますが、このとろみをつけている増粘剤(高分子化合物)が多く配合されているものほどベタつきがあり、固い使用感になるため、肌への刺激が強くなります。

美容液は、サラッと軽い感触のほうが肌にやさしく、使い勝手もよくなるので、選ぶ際はできればサンプルなどで確かめるようにしましょう。

夏場にぴったりの美容液

夏場に美容液をつけるのって、なんだかベタベタしそう…と敬遠される方も多いのですが、夏の肌にこそ美容液を使っていただきたいものです。

夏の肌は、紫外線の影響で思いのほか乾燥していますが、汗や皮脂も多いので乾燥に気がついていないことがよくあります。

そして、化粧水だけなどのさっぱりしたお手入れのみ行っていると、秋や冬に向けて乾燥が進むし、もちろん肌も老化してしまいます。

というわけで、夏場は保湿力重視で美容液を選んでみてくださいね。ただし、しっとり感が強すぎると高温多湿の夏には合わないので、化粧水に近いタイプのものや、ジェル状クリームタイプの美容液がおすすめです。

美容成分はセラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、ヘパリン類似物質など、水分を抱え込んで離さない性質があるものが適切。美白効果があるタイプとダブルで使用するのも、夏場にはいいですね。

もしも2種類の美容液を使用する場合は、最初に保湿タイプをよくなじませ、それから肌トラブルに応じてチョイスしたものを重ねるといいですよ。

夏場にこそ、サラッとタイプの美容液を、毎日たっぷりと使用して隠れ乾燥肌を予防&改善しましょう。

ライタープロフィール

バニラ
美容業界に30年近く関わり、エステテティシャン、カウンセラー、サロンオーナーなど常に第一線でお客様と接する。現在は美容系、メンタル系の資格や経験を活かし、講師やコンサルティング業の他に、美容スペシャリスト&ライターバニラとして活動中!
ブログ:バニラの部屋
Twitter:バニラ@vanilla0717


 【PR】 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • cocolonitv
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 2017年上半期の占い
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集